カナダグースをクリーニングするならリナビス!洗濯のポイントは?

< カナダのトロントでうまれた機能性とファッション性に優れている高級有名ブランドの「カナダグース」ですが、最近日本での愛用者も増えてきているようです。
中でも特に有名なアイテムはダウンジャケットなどの冬物アイテムですが、値段も高価なアイテムなのでクリーニングに依頼する際は慎重に対応しなければいけません。
今回はせっかく買った高価な商品を無駄にしてしまわないように、カナダグースのような高級ダウンジャケットをクリーニングする際に大事なポイントと、おすすめのクリーニングサービスについて紹介していきたいと思います。

カナダグースのような高級衣類を長持ちさせるために大切なポイントは?

「カナダグース」のような高級ブランドの衣類をできるだけ長持ちさせるためには、クリーニングする際に大事なポイントがいくつかあります。その大事なポイントはこちらの3つです。

  1. ほこり・汗・油脂などの汚れをしっかりと落とす
  2. 撥水加工を施して汚れの付着を最小限に抑える
  3. 自然乾燥で乾かす

さっそくそれぞれ順に見ていきましょう!

1.ほこり・汗・油脂などの汚れをしっかりと落とす

ほこりや汗、そして油脂などの汚れは、大切な衣類の見た目を悪くするだけではなく、衣類の劣化にもつながります。
クリーニングに出した際は、しっかりとした洗い方でこれらの汚れを取り除いておかないと、せっかく高額のお金で購入したカナダグースの商品も寿命が短くなってしまいます。
ちなみにクリーニングには水洗いとドライクリーニングの2つの方法がありますが、ドライクリーニングでは汗などの汚れは落とすことができません。
あくまでドライクリーニングは衣類のダメージを少なくするという部分で優れている洗い方になり、汚れを綺麗にするためには水洗いとドライクリーニングのいいところを組み合わせた水洗い加工汗抜き加工とも言われたりします)で対応する必要があります。
水洗い加工でクリーニングをすれば、匂いや油性の汚れもしっかり落としてなおかつ型崩れも最小限に防ぐことができます。ちなみに丁寧で上手なお店に依頼すると、今回のようなダウンジャケットの場合、中にはいっている羽毛もふっくらと仕上がります。

2.撥水加工を施して汚れの付着を最小限に抑える

カナダグースのような高級ダウンをクリーニングする際は、撥水加工も大切です。
ちなみに撥水加工は何かというと、衣類に汚れやシミをつきにくくするための技術です。
先ほど上でも説明した内容と重なりますが、汚れやシミは衣類の早期劣化につながる元なので、汚れを未然にそして最小限に防げるように汚れや水分を生地の表面で弾いてくれる撥水加工を施しておくようにしましょう。

3.自然乾燥で乾かす

クリーニング店は商品をクリーニングしたあとの乾かす作業は乾燥機を使っている場合がほとんどだと思います。
もちろん毎日たくさんの注文を受けてクリーニングを行なっているためそうでなければお店はまわりませんし、今や乾燥機をつかっていないお店の方が珍しいと思います。
ただ一方で乾燥機を使う方法には当然デメリットもあり、どんなに洗いを丁寧におこなっても機械をつかった乾燥方法になるので自然乾燥に比べると服に対しての影響も強くなってしまいます。
高級ブランド品などの衣類は繊細な生地を利用している場合が多いので、生地へのダメージを最小限に抑えるためには自然乾燥で乾かすほうがいいのです。
最後にもう一度、カナダグースのような高級ダウンジャケットをクリーニングする際に大切なポイントをもう一度まとめましょう。

  1. ほこり・汗・油脂などの汚れをしっかりと落とす
  2. 撥水加工を施して汚れの付着を最小限に抑える
  3. 自然乾燥で乾かす

つまり、依頼するお店を選ぶ際はこれら3つのポイントをふまえて丁寧に対応してくれるお店を選ぶ必要があるわけですが、特にオススメのサービスは「リナビス」というサービスです。
店舗型ではなく宅配型のクリーニングサービスになりますが、カナダグースをはじめとした高級ブランドの依頼品も多く、利用者からの評価も高いサービスになります。

リナビスの大きな特徴は「自然乾燥」と「品質へのこだわり」

リナビス の特徴

1.ほこり・汗・油脂などの汚れをしっかりと落とす

ほこり・汗・油脂などの汚れをしっかり落とすためには水洗い加工が必要になると上で説明しましたが、リナビスでは「汗抜き加工」という名前でサービスを提供しています。
1点500円(税抜き)の有料オプションになりますが、こちらを追加で忘れずにつけるようにしましょう。

2.撥水加工を施して汚れの付着を最小限に抑える

リナビスでは「撥水加工」もオプションになりますが、1点980円(税抜き)で追加することができます。汚れやシミは衣類の早期劣化につながる元です。汚れを未然にそして最小限に防げるようにこちらも忘れずにつけましょう。

3.自然乾燥で乾かす

リナビス_自然乾燥
最後の自然乾燥ですが、これがリナビスの一番の特徴です。

乾燥機を使えば、わずか15分で衣類は乾きますが、繊細な生地(カシミアやアンゴラなど)の痛みや縮みや、ボタン、装飾品の破損の原因になることが
多いのも事実です。素材により異なりますが、基本的には自然乾燥を行い2日間かけて乾燥をさせます。
手間と時間は当然かかります。でも生地への負担の少ない方法でお客様の大切な品物を、おせっかいでもいいから大切に乾燥することが大事だと考えています。田舎の大きい広々とした工場だからこそ出来る乾燥方法でもあります。
引用元:リナビス

ちなみにこういった自然乾燥によるサービスが可能な理由は、リナビスが兵庫県の田舎に位置しているからです。自然乾燥に適した綺麗な空気と広い敷地は、他のサービスではなかなか確保できません。
こういった自然環境や何十年も続くお客様との信頼関係を大切にするスタンスが、サービスの品質追求にもつながっていると思われます。
そしてこれら3つの特徴にプラスして、リナビスは高級ダウンのクリーニング依頼数も多く、カナダグース以外にもモンクレール、タトラス、へレノなどたくさんの高級品をこれまで実際にクリーニングしてきています。(ちなみに高級ダウンの中だとカナダグースは2番目に依頼数が多いブランドなんだそうです。)
実際にこれまで何着も対応してきた実績がしっかりとあるため、リナビスなら安心して任せることができます。

クリーニングから戻ってきてからの保管方法について

これは、直接リナビスのサービスに関連したものではありせんが、カナダグースのようなダウンは、クリーニングで綺麗になって戻ってきてからのお手入れ方法や保管方法も大切です。
具体的には、ほこりや汚れ、そして直射日光から洋服を守るために、通気性のある衣類カバーをかけて湿気の少ない暗所で保管するのがよく、幅広のハンガーにゆったりとかけておくのが最適と言われています。これを機会に覚えておくようにしましょう。
製品のお手入れ方法について / カナダグース

リナビスの料金体型について

カナダグースのような高級ダウンをクリーニングするのにとてもオススメなサービスとして、リナビスの特徴を説明してきましたが、特徴と合わせてリナビスの料金システムについても説明していきます。
ここまでリナビスが提供するサービスは高品質であることを説明してきましたので、きっと料金も高いのでは?と思ってしまう人が多いかと思いますが、実はそんなことはなく、リナビスはとてもお得な価格設定になっています。
リナビス のクリーニングプラン
リナビスの料金体系は上の画像のような「お試しの場合に最適な3点4,920円」「5点7,750円」「10点10,700円」「20点18,600円」の3パターンのコースから選ぶかたちになっています。ちなみに一番値段の低い3点コースの場合、1点あたりのクリーニング料金は1,640円(税抜き)です。
ただしカナダグースのような衣類の場合は、この基本コースにプラスして先ほど上で説明した、ほこり・汗・油脂などの汚れをしっかりと落とすための「汗抜き加工」と、汚れの付着を最小限に抑える「撥水加工」のオプションをつけたほうがいいため、合計の料金は3点コースを選んだ場合、
4,920円(税抜き)+980円(税抜き)+500円(税抜き) = 6,400円となります。
しかし、これだけだとリナビスの料金が他と比較して高いのか安いのかは、まだ判断ができないかと思います。
ちなみに他社の宅配クリーニングサービスのダウンジャケットの相場は約2,000円前後になり、これに追加でオプションをつけると+1500円前後かかるため、1点あたり3,500円以上の料金になります。
対してリナビスの場合、5点コースの場合の1点あたりのクリーニング料金は1,550円(税抜き)で、これに、980円(税抜き)+500円(税抜き)の値段を足しても3,030となり、相場の1点あたり3500円前後と比較しても500円程はお得になります。

カナダグースのクリーニングはリナビスへ

今回取り上げたような高級衣類は、繊細な素材を生地に利用していたりすることが多く、一つひとつ丁寧に扱うことが特に重要になってきます。
値段がお得ということももちろんですが、自然環境と職人の技術をウリにした、リナビスのような高品質のサービスを利用するのをオススメします。
リナビスの公式サイトをみてみる]]>

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です