水洗い加工とドライクリーニングの違い!スーツをもっと綺麗に♪

< みなさんは「水洗い」と「ドライクリーニング」の違いについてしっかりと説明することができますか?
実はクリーニング店に衣類を持っていったときに「水洗いとドライのどちらにしますか?」と聞かれて、その違いが分からずに困ってしまった経験がある方も多いのではないでしょうか?
そして上の2つだけではなく、2つのいい所を組み合わせた「水洗い加工」という技術があることをご存知でしょうか?
 
今回は「水洗い」と「ドライクリーニング」のそれぞれの長所と短所、「水洗い加工」という洗濯の技術について説明していきます。
 

そもそも「水洗い」ってどんな洗い方?

クリーニングで衣類の汚れを落とす方法は大きく、先ほど説明したように

  • 水洗い
  • ドライクリーニング

この2つに分けらます。
 
ざっくりとそれぞれの洗い方の特徴を説明すると、水洗いはその名前の通り「水」をたくさん使って洗う方法、ドライクリーニングは水を使わずに「有機溶剤」という油を溶かすことに向いているものを使って洗う方法になります。
 

水洗いの特徴

水洗いは水と洗剤をつかって洗濯する一般的な洗い方で、クリーニング店に限らず普段自宅でも行っている洗い方です。
水をつかって洗うことで、ドライクリーニングでは落としにくい水溶性の汚れ(汗による汚れや衣類についた軽いシミなど)を落とす洗濯方法になります。
ただ当然短所もあり、水洗いの場合は型崩れやシワ、そして色落ちの原因になるのが難点だったりします。
自宅で洗濯した際に予想以上に色落ちしてしまって、それ以降その洋服を着れなくなってしまったという方もいるのではないでしょうか。
 

水洗いに向いている洗濯物

  • Yシャツ
  • Tシャツ
  • 布団など

水洗いに向いています。
そのほかにも、洗濯絵表示に水洗い可となっているものであれば水洗いは大丈夫です。

ドライクリーニングの特徴

ドライクリーニングは型崩れや縮みが起こりにくいのが長所です。
その理由は先ほど紹介した「有機溶剤」にあり、このおかげで衣類をいためることなくシミや油性の汚れを取り除くことができます。
ちなみにドライクリーニングは、汗などの汚れや匂いを落とすことができなく、洗った後にドライクリーニング特有の匂いがしたりするのが短所です。
あくまでドライクリーニングは衣類のダメージを抑えるという部分で優れている洗い方で、「汚れを綺麗にする」という点では水洗いのほうが優れています。
 

ドライクリーニングに向いている洗濯物:

スーツやズボン、そして冬物のセーターやジャケットなどがドライクリーニングに向いています。
ドライクリーニングのマーク
新しい選択表示 (記号一覧)より / 消費者庁
ちなみに衣類の洗濯絵表示についているドライマークは、上の赤枠で囲んだマークになります。
 

「水洗い加工」は水洗いとドライクリーニングのいい所を組み合わせた技術!

2つの洗い方の長所と短所を説明しましたが、汗だけではなく口紅など化粧品の油性の汚れもついてしまったなど、どちらか一つの方法で解決できる状況は少なかったりしますよね。
 
そんな時、水洗いとドライクリーニングどちらの方法でも洗うことができる衣類ならその両方で対応できますが、通常洗濯絵表示で水洗い不可になっているスーツなどの衣類も、実はやり方を工夫すればドライクリーニングと水洗いの両方を行うことができるんです。
つまり、汚れや匂いを落としながら油性の汚れもしっかり落とし、なおかつ型崩れも最小限に防ぐようにする洗い方があって、それが「水洗い加工」 という技術になるんです。
 
ちなみにお店によって呼び方が若干変わり、 「ウェット加工」や「汗抜き加工」そして「ウェットクリーニング」とも呼ばれたりします。
ドライクリーニングと水洗いの両方のいいところをミックスした形になり、型崩れを防ぎつつ汗の汚れや匂いも取れる人気のサービスです。
 

宅配型クリーニングの「リネット」や「リナビス」もオススメ

店舗型ではない宅配型のクリーニング店の「リネット」や「リナビス」も、宅配サービスですが丁寧に対応してくれます。
そして今回紹介した「水洗い加工」については、リネットでは「ウェット加工」、リナビスは「汗抜き加工」という名称のオプションで対応しています。
最初にドライクリーニングをして、落ち切らなかった汗などの水溶性の汚れや匂いを水と洗剤で優しく洗い流してくれます。
 
ウェット加工
 
 
汗抜き加工
 
このような宅配型のクリーニングサービスは店舗型のサービスに比べると多少時間ははかかってしまいますが、自宅にいながら自分の好きなタイミングで依頼をして受け取りができるので、仕事などで忙しい人にとってはうれしいサービスです。
 
⇒ 
⇒ 

水洗い加工についてのまとめ

水洗いとドライクリーニング、そしてその2つのいいところを組み合わせた「水洗い加工」について紹介しました。
クリーニング屋さんに依頼する際、しっかりと内容を理解してお話できたほうがいいので覚えておきたいですよね。そしてもちろん、分からないことがあればしっかりと質問して、もやもやを残したまま依頼しないようにしましょう。
 
あとそもそもの話になってしまいますが、もちろん汚れというものは意図せずについてしまうものですが、大切な洋服はできるだけ天気が不安定な日などには着ないようにすることも大切です。
今回紹介したような知識を持っておいて普段から気をつけるようにするだけでも、事前に防げることはたくさんあります。ぜひこれを機会に覚えておきましょう!
 ]]>

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です