パーティドレスの宅配クリーニングはどこに出すべき?最適なお店の選び方とおすすめ3選

<![CDATA[「奮発して買ったパーティドレス、クリーニングに出したら飾りがとれちゃいそう」
「大切なパーティドレスだから長く着たいけど、どうやってメンテナンスしたらいいのかな」
こんなふうにお悩みではないでしょうか?
普段着る洋服は家の近くのクリーニングに出せても、特殊なデザインやブランド物の高価なパーティドレスを出すのは少し勇気がいりますよね。
そこで今回は、大切なパーティドレスを安心して任せられるクリーニング店の選び方をご紹介します。
安心して出せるクリーニング店もいくつかピックアップしているので、是非参考にしてくださいね。

パーティドレスのクリーニングは「信頼」できるお店に出すべき

パーティドレスのクリーニング店を選ぶ際、最も大切なのが「信頼」できるお店かどうかです。
ここで言う信頼とは「パーティドレスを元の状態に戻してくれるかどうか」のこと。
なぜならパーティドレスは一般的な衣類と違い、高級な素材やスパンコール、レースやビーズなどが使用されていることで、クリーニングに手間がかかりトラブルが発生しやすいからです。
例えば、一般的なクリーニング店だと薄利多売のビジネスモデルから、ドラム型の洗濯機や乾燥機で他の人の衣類と一緒にパーティドレスがクリーニングされてしまいます。
そのため、美しいデザインが崩れてしまったり、装飾品が取れてしまうのです。
だからこそパーティドレスをクリーニングに出すときは、どのような洗い方をして、どのような乾燥方法なのかもしっかりと把握した上で、元の美しい状態のパーティドレスに戻してくれるクリーニング店を選ぶ必要があるのです。

パーティドレスを安心して出せるクリーニング店の特徴

dress
パーティドレスを安心して出せるクリーニング店の特徴は、下記3つのポイントを全て満たしているクリーニング店です。

  • 特殊な素材・デザインに慣れている
  • 水洗いをしている
  • 静止乾燥機を使用している

それぞれ詳しく説明していきます。

【特徴1】特殊な素材・デザインに慣れている

大切なパーティドレスは、特殊な素材やデザインの取り扱いに慣れているクリーニング店に出すべきです。
なぜなら、パーティドレスに使われるサテンやオーガンジーなどの素材はデリケートなため、普通の衣類と同じような洗い方をしてしまうと縮み型崩れを起こしてしまうからです。
さらに、スパンコールやレースなどのデザインがあるパーティドレスは、細心の注意を払わないと取れてしまう可能性があります。
1万円くらいのパーティドレスであれば、それほど気にしなくても良いかもしれませんが、ブランド品や高価なドレスの場合は装飾品がひとつ取れただけでも価値がなくなってしまうこともあります。
そのため、特殊な素材やデザインのパーティドレスに慣れている、実績のあるクリーニング店を選ぶ必要があるのです。

【特徴2】水洗いをしている

パーティドレスは水洗いをしているクリーニング店を選びましょう。
なぜなら、水洗いでしか落とせない汚れがあるからです。
衣類の汚れには、ドライクリーニングで落とせる皮脂などの油性汚れと、水洗いで落とせる汗などの水性汚れの2種類があります。
一般的なクリーニング店のドライクリーニングでは皮脂汚れを落としますが、汗汚れを落とすことができず、黄ばみやごわつきの原因になってしまうのです。
特にパーティドレスは一度着るとなかなか着る機会がないので、知らないあいだに黄ばんでいるということが起こってしまいます。
ただし、水洗いと行っても、自宅でシャツを洗うような手洗いや、洗濯機を使った水洗いでもいいというわけではありません。
パーティドレスのデリケートな素材や、汚れなどの状態をよく確認した上で、洗い方や洗剤を変えるなどの手間をかけ、衣類に負担のかからない洗い方でしっかりと汚れを落としてくれるクリーニング店に依頼する必要があるのです。
長い期間保管するパーティドレスだからこそ、次に着る機会のためにも水洗いをしてくれるクリーニング店を選びましょう。

衣類に負担のかからない洗い方
洗濯機の回転による力で洗うのではなく、細かい気泡が含まれた水を使用することや、水流によって洗うことで、デリケートな衣類を痛めず洗える水洗いのこと

【特徴3】静止乾燥機を使用しているところ

パーティドレスは一般的なクリーニング店で使われるタンブル乾燥機(ドラム式の乾燥機)ではなく、静止乾燥機を使用しているクリーニング店を選びましょう。
なぜなら、タンブル乾燥機は風や熱、回転によって生地を痛めてしまうからです。
一度にたくさんの衣類を乾燥させることができるので、コスパがよく多くのクリーニング店で使われていますが、大切なパーティドレスの乾燥には向いていません。
さらに、パーティドレスにはスパンコールやレースなどが使用されているので、そういった装飾が取れてしまう原因にもなるのです。
町のクリーニング店ではあまり見かけませんが、静止乾燥機を使用しているクリーニング店を選ぶようにしてください。

パーティドレスのおすすめクリーニング店3選

パーティドレスを出しても大丈夫なクリーニング店の選び方をお伝えしましたが、それら全てのポイントを満たすクリーニング店を3つご紹介します。

  • キレイナ
  • クレアン
  • ハッピーケアメンテ

の3社です。それぞれのクリーニング店の特徴や、おすすめの人をご紹介するので参考にしてください。

キレイナ

kileina
特殊な素材や装飾が多くついたパーティドレスキレイナがおすすめです。
なぜならキレイナは、もともとウエディングドレスや舞台衣装など、装飾が多く特殊な素材・デザインの衣類をメンテナンスしてきた実績があるクリーニング店だからです。
ひとつひとつの衣類に対し、どういう仕上がりにしてほしいかお客様の要望を反映させる、オーダークリーニングを実現しているのもポイントのひとつ。
さらに、シミや黄ばみなどの洋服トラブルにも対応できる復元力も強みです。
取扱表示のない衣類やインポートものの衣類も出すことができるのは自信があるからこそ。
だからこそ、大切なパーティドレスを安心して任せる事ができるのです。
料金:8,000円〜

ハッピーケアメンテ

happy
クリーニングに出しても綺麗にならなかった、という経験をお持ちの人にはハッピーケアメンテがおすすめです。
なぜなら、ハッピーケアメンテは「クリーニングの駆け込み寺」と呼ばれており、他のお店では落とせなかったシミや黄ばみなども除去できる技術力があるからです。
さらに、TOMORROW LANDやBEAMSなどの有名アパレルブランドとの提携や、タカシマヤに店舗を構えていることから、実績のあるクリーニング店だということもわかります。
そのため、今までどのクリーニング店に出しても取れなかったシミや黄ばみのあるパーティドレスは、ハッピーケアメンテがおすすめだといえます。
料金:9,000円〜

クレアン

claine
パーティドレスのクリーニングだけでなく、修理やリフォームも依頼したい人はクレアンがおすすめです。
「クリーニングのコンシェルジュ」をコンセプトにしており、町のお直し屋さんではできない修理も依頼することができるからです。
さらに、専属デザイナーによるリフォームもお願いすることができます。
もちろん、衣類にダメージを与えない水洗い方法を採用しており、クリーニングも安心して任せることができますよ。
パーティドレスの汚れをしっかり落としたい、ほつれや破れなどもメンテナンスしたい、という人にはクレアンがぴったりです。
料金:10,000円

パーティドレスをクリーニングに出すときの注意点

dress
大切なパーティドレスは、綺麗に長く使いたいですよね。
でも、クリーニングに出すだけでいいというわけではないのです。
そこで、パーティドレスを綺麗に長く着るために押さえておくべき注意点をご紹介します。
どれも特別なことではないので、すぐにでも実践するようにしましょう。

クリーニングに出す頻度は着たら毎回

パーティドレスを着たら毎回クリーニングに出すようにしましょう
なぜなら、パーティドレスには目に見えなくても汗や汚れが付着しているからです。
汚れたままのパーティドレスをしばらく放置していたり、クリーニングが面倒だからと出さないでいると、残った汚れが定着してしまい黄ばみなどの原因となってしまいます。
あまり着る機会がないからといってクリーニング代をケチってしまうと、高価なパーティドレスが台無しになってしまい元も子もありません。
大切なパーティドレスだからこそ、汚れていないと思っても毎回必ずクリーニングに出すようにしましょう。

クリーニングに出す前に気になる部分を相談すること

大切なパーティドレスは、気になる部分をクリーニング店のスタッフに事前に相談するようにしましょう。
なぜなら、クリーニング店のスタッフに要望を伝えることで、気になる点を共有することができ、ベストなクリーニング方法を考えることができるからです。
例えば、自分だけが気になる他の人にはわからないような部分のシミも、事前に伝えることでしっかりと対応してもらえます。
一般的なクリーニング店では一着一着に対し時間をとって相談することはできませんが、大切なパーティドレスだからこそじっくりと時間をかけて相談する必要があるのです。

クリーニング後のドレスはビニールを取ること

パーティドレスのクリーニング後は、かぶせてあるビニールを取りましょう
なぜなら、ビニールの中に湿気がこもってしまい、パーティドレスにカビが発生したり黄ばみの原因になるからです。
ただし、片面が不織布の場合は通気性があるのでカバーをかけたままでも大丈夫です。
ビニールの場合だけ外すようにしましょう。

まとめ

いかがでしたか?
パーティドレスは高価ですがなかなか着る機会がありませんよね。
そのため、一回着るごとにきちんとしたメンテナンスをしておかないと、次に着るときにシミや黄ばみなどのトラブルが発生してしまうのです。
大切なパーティドレスだからこそ、あなたの希望を満たすクリーニング店を選んで、最適なメンテナンスをするようにしてください。]]>

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です