スーツのしわを取る6つの方法!簡単自宅ケアやおすすめ便利グッズをご紹介

「スーツがしわだらけ!明日着たいのにどうしよう・・・」こんな風にお悩みではないでしょうか。

第一印象が決まると言っていいほど、スーツはビジネスマンにとって大切なものですよね。

そのため、スーツにしわがあると「だらしない」「みすぼらしい」などのマイナスな印象を与えてしまい、仕事にも影響しかねないのです。

そんな重要な役割を果たすスーツですが、しわを簡単・綺麗にとることができる方法をご存知でしょうか。

この記事では、仕事における戦闘服と言っていいほど重要な、スーツのしわをとるための方法についてご紹介します。

自宅でできる簡単なケア方法から、あると便利なしわとりグッズまでご紹介するので是非参考にしてくださいね。

目次

スーツのしわをとる方法は6つ

スーツのしわをとる方法は「クリーニング」「アイロン」「しわとりスプレー」「霧吹き」「ドライヤー」「浴室に吊るす」の6つです。

それぞれメリットや特徴があり、

  • 最も綺麗にしわがとれる:クリーニング
  • 自宅で綺麗にしわがとれる:アイロン
  • 簡単にしわがとれる:しわとりスプレー
  • お金をかけずにしわがとれる:霧吹き
  • ピンポイントでしわがとれる:ドライヤー
  • 楽にしわがとれる:浴室に吊るす

上記のようになります。

どの方法もしわをとることができるので、あなたのライフスタイルやしわの状態に合わせて選んでください。
それでは、詳しく見ていきましょう。

スーツのしわが最も綺麗にとれるのは【クリーニング】

cleaning


スーツのしわを最も綺麗にとる方法はクリーニングに出すことです。

なぜなら、クリーニングに出すことで洗い・乾燥・アイロンがけまでその道のプロが行うからです。

さらにクリーニングに出すことで、しわだけでなく着用による型崩れやしみなどのケアもしてもらえるので、美しい状態のスーツに戻すことができます。

そのため、スーツは毎日の自宅ケアだけでなく定期的なクリーニングに出す必要があるのです。

クリーニングに出す頻度は【夏:2週間に1回】【冬:1シーズンに1回】がベスト

スーツをクリーニングに出す頻度は、夏は2週間に1回、冬は1シーズンに1回がベストです。

なぜ夏の方がクリーニングに出す頻度が多いかというと、夏は冬に比べて汗をかきやすいからです。
スーツについた汗は水洗いをすることで取れますが、自宅でスーツを洗濯すると型崩れや縮みの原因になってしまいます。

そのため、型崩れや縮みなどに十分配慮した方法でケアしてくれるクリーニング店に出す必要があるのです。

クリーニングには「汗抜き加工」や「ウェット加工」をつけましょう

スーツをクリーニングに出すときは「汗抜き加工」や「ウェット加工」をつけるようにしましょう。

なぜなら、一般的なクリーニング店の「ドライクリーニング」では、皮脂汚れなどの油汚れは落とせますが、汗などの水溶性の汚れは落とせないからです。

そのため、スーツをクリーニングに出す場合は「汗抜き加工」や「ウェット加工(ドライと水洗いの2度洗い)」などのオプションをつけるようにしましょう。

忙しいビジネスマンには宅配クリーニングがおすすめ

忙しいビジネスマンがスーツをクリーニングに出す場合、一般的なクリーニング店よりも宅配クリーニングがおすすめです。

なぜなら、宅配クリーニングは自宅にいながら「スーツをクリーニングに出す」「クリーニング後のスーツを引き取る」ことができるからです。

さらに、24時間インターネットから申し込みができ、深夜まで衣類の預けや引き取りに対応しているクリーニング店もあります。

そのため、平日朝から晩まで忙しく働くビジネスマンでも、わざわざ週末に時間をさいてクリーニング店までスーツを持っていく必要がないのです。

大切な休日を自分の好きなことに使うためにも、忙しいビジネスマンは宅配クリーニングを利用しましょう。

宅配クリーニングおすすめ3社

スーツを出すのにおすすめの宅配クリーニング業者は3社あります。

コスパの良いクリーニング店や利便性の高いクリーニング店など、様々な特徴がありますので、あなたにぴったりなところを選んでください。

東京23区なら【リネット】

cleaning-lenet


東京23区に住んでいる人は「リネット」がおすすめです。

なぜなら、リネットは東京23区に住んでいる人は早朝6時〜10時、夜間21時〜24時に集荷・配達してくれるサービスがあるからです。

忙しくて宅急便業者の集荷や配達の時間に自宅にいない人でも、クリーニングに出したいスーツを仕事前に預け、仕事後に受け取ることができます。

時間帯も1時間ごとに指定できるので、特に忙しいビジネスマンにおすすめですよ。

料金:1,610円〜/スーツ上下
ウェット加工:1,000円〜/1着

サービス内容重視なら【リナビス】

cleaning-bag-rinabis


サービス重視でクリーニング店を選ぶなら「リナビス」がおすすめです。

なぜなら、リナビスは「おせっかい」をキャッチコピーにしているほど、サービス内容にこだわっているからです。

例えば「シミ抜き」「ボタン修理」「毛玉取り」「再仕上げ」「保管サービス」など、クリーニング以外のサービスを無料で行なっています。

さらに、料金もスーツ3セットで4,770円と格安です。

サービス内容が良く料金も安い、コスパのいい宅配クリーニング店といえます。

料金:4,770円/スーツ3点(スーツ上:3着・スーツ下:3着)
汗抜き加工:無料

月1回以上利用するなら【ネクシー】

cleaning-nexcy


スーツを月に1回以上クリーニングに出すなら「ネクシー」がおすすめです。

なぜならネクシーには、ビジネスシーンで着用するスーツやシャツが割引になるビジネス料金プランがあるからです。

ビジネス料金プランは月額162円(税込)で利用できますが、例えばスーツのジャケットを月に1度出すだけでもモトが取れます。

そのため、月に1回以上クリーニングに出す人はネクシーのビジネス料金プランを利用するのがおすすめです。

料金:1,620円/スーツ上下(通常料金)1,370円/スーツ上下(ビジネス料金プラン)
ウォッシャブル加工:1,000円/1着

スーツのしわを自宅で綺麗にとるなら【アイロン】


自宅でスーツのしわをとるならアイロンが最も綺麗に仕上がります。

なぜなら、生地についたしわは熱を加えることで元に戻るという性質を持っているからです。

さらにアイロンを使うことで物理的に力が加わり、スーツのしわをまっすぐ伸ばすことができます。

くせっ毛をヘアアイロンで伸ばすとまっすぐになりますよね。あれは、熱を加えながらアイロンで挟んで圧力をかけることで、まっすぐにしているのです。(髪の毛なので原理は違いますが、イメージは同じ感じ!)

時間はかかりますが、自宅でできる最も綺麗にスーツのしわをとる方法なので是非試してみてくださいね。

それでは、アイロンがけの方法やおすすめのアイロンをご紹介いたします。

ドライアイロンよりもスチームアイロンがおすすめ

スーツのしわをとるためにはドライアイロン(スチーム機能のないもの)よりもスチームアイロンがおすすめです。

なぜなら、水分を与えることでスーツの繊維がやわらかくなり、アイロンで熱を与えた際にしわが伸びやすくなるからです。

乾いたものに水を与えるとふやけてやわらかくなりますよね。繊維も同じなのです。

もし自宅にスチームアイロンがない場合は、霧吹きなどを併用すれば同じようにきれいにしわを取ることができますよ。

スチームアイロンでスーツのしわを取る方法

アイロン台にスーツを置いてアイロンがけする場合

  1. スチームをスーツに当てる
  2. アイロンを軽くすべらせるようにする
  3. スラックスなど折り目をつけたいところを押さえる

ハンガーにかけたままスーツにアイロンをかける場合

  1. スーツ用ハンガーにスーツをかける
  2. スチームアイロンのスチームをしわの部分にたっぷり吹きかける
  3. しわの部分をひっぱり伸ばす
  4. そのままハンガーにかけておく

どちらの方法でもスーツのしわは取れますが、パンツなどの折り目をつけたい場合はアイロン台を使い、平日簡単にしわを伸ばしたい場合はハンガーにかけたまま行いましょう。

スチームアイロンのおすすめは【Panasonic 衣類スチーマー】

スチームアイロンはさまざまなメーカーから販売されていますが、その中でもおすすめなのは「Panasonic 衣類スチーマー」です。

なぜならPanasonicの衣類スチーマーは、他のスチームアイロンにはない下記のようなメリットがあるからです。

  • 立ち上がり時間が約24秒なのですぐに使える
  • 重心が低く使っていても腕が疲れにくい
  • タバコ臭・飲食臭・汗臭・防虫剤臭・加齢臭・生乾き臭・ペット臭への脱臭効果がある

忙しい朝にもささっと使うことができ、においをとる効果もあるので、1台持っていると便利なアイテムです。

スーツのしわを簡単にとるなら【しわとりスプレー】

spray


スーツのしわを簡単にとりたい人にはしわとりスプレーをおすすめします。

なぜなら、しわが気になる部分にシュッとふきかけ時間をおくだけでしわがとれるからです。

さらに手で伸ばしたり、叩いたりすることでより綺麗にしわを取ることができます。

時間もかからず簡単なので、忙しいビジネスマンに支持されているアイテムです。

しわとりスプレーでスーツのしわを取る方法

  1. スーツをハンガーにかける
  2. しわが気になるところにスプレーする
  3. 手で伸ばしたり、叩いたりする

まずはスーツの目立たないところにスプレーし、色落ちしないかなどを確認してから使うようにしてください。

しわとりスプレーのおすすめは【スタイルガード しわもニオイもすっきりスプレー】

しわとりスプレーもさまざまなメーカーから販売されていますが、その中でもおすすめなのは「スタイルガード しわもニオイもすっきりスプレー」です。

日中の仕事でついてしまった背中やひじのしわに、しっとり濡れる程度にスプレーし、約10分置いておくだけでしわをとることができます。

さらに、消臭・除菌・防臭などトータルケアができるので、毎日のケアに欠かせないアイテムです。

携帯用サイズや詰め替え用も販売されていますよ。

スーツのしわをお金をかけずにとるなら【霧吹き】

mist


スーツのしわをお金をかけずにとるなら霧吹きを使うのがおすすめです。

霧吹きは100均やスーパーなどで安く購入することができ、繰り返し使えるのでコスパがいいからです。

スーツは毎日着るものなので、メンテナンスには意外とお金がかかってしまうもの。霧吹きはそういったコストの面では最も優れたしわとりグッズです。

霧吹きでスーツのしわを取る方法

  1. スーツをスーツ用ハンガーにかける
  2. しわが気になるところを伸ばすように霧吹きで水を吹きかける
  3. 風通しのいいところで陰干しする

乾くまでの時間が短くなるため、可能なら水よりもぬるま湯を使う方がおすすめです。

霧吹きは自宅にあるものや100均のものでOK

霧吹きはスーツを湿らせるために使用するので、自宅にあるものや100均に売っているような安いもので大丈夫です。

高い霧吹きだと、ミストが繊細だったりスタイリッシュというメリットもありますが、コスパを考えると安いもので十分だといえます。

スーツのしわをピンポイントで取るなら【ドライヤー】

dryer


自宅でも出張先でもできるスーツのしわとり方法はドライヤーを使うことです。

ドライヤーを使うと「ここだけ気になる!」というような細かいしわもピンポイントで伸ばすことができます。

時間がかからないので今すぐしわをとりたいという時にも使える方法ですよ。

ドライヤーでスーツのしわを取る方法

  1. しわが気になる部分を水で湿らす
  2. しわをひっぱりながらドライヤーの温風をあてる
  3. ドライヤーの冷風をあてる

最後に冷風をあてることでしわが戻りにくくなりますよ。

ドライヤーは家にあるものでOK

ドライヤーは自宅にあるものやホテルに置いてあるもので大丈夫です。

温風と冷風が使えればベスト。

スーツに近づけすぎないよう注意してしわを伸ばしてくださいね。

スーツのしわを楽に取るなら【浴室に吊るす】

bath


とにかくスーツのしわを楽にとりたいという人は、スーツを浴室に吊るしましょう。

お風呂に入ったあとの浴室にスーツを吊るすことで、蒸気が働きしわがとれるのです。

浴室に吊るすだけなので、最も楽にスーツのしわをとる方法といえるでしょう。

スーツのしわを浴室に吊るして取る方法

  1. お風呂に入る
  2. スーツを浴室に30分ほど吊るす
  3. 風通しのいいところで一晩干す

温かい蒸気をあてることでしわが取れやすくなるため、入浴後できるだけ早くスーツを吊るすようにしましょう。

スーツを吊るす場所がないなら【つっぱり棒】を使いましょう

浴室にスーツを吊るす場所がないなら、突っ張り棒を使用しましょう。

突っ張り棒は、Amazonなどで購入することができ、設置も簡単です。

安すぎるとスーツの重みで突っ張り棒が落ちてしまうこともあるので、ある程度強力な突っ張り棒を選ぶようにしましょう。

おすすめは【クリーニング】と【しわとりスプレー】

スーツのしわをとる方法をお伝えしましたが、おすすめなのは「クリーニング」と「しわとりスプレー」です。

どちらも併用してメンテナンスすることで、綺麗な状態のスーツを長く着ることができるからです。

毎日のお手入れは簡単に、定期的なメンテナンスは信頼できるクリーニング店にお願いして、毎日綺麗なスーツを着るようにしましょう。

スーツを長く綺麗に着るなら定期的な【クリーニング】

スーツをのしわを綺麗にとり長く着続けたいなら、クリーニングは定期的に出すようにしましょう。

なぜならクリーニングでは、自宅で落とせないスーツのしみや汚れを落とすことができるからです。

さらにプロの手でアイロンするので、自宅でアイロンするよりもスーツのしわを綺麗にとることができます。

スーツは2週間に一度クリーニングに出すのが理想ですが、忙しくて出しに行けないという人も多いでしょう。

そんな人は宅配クリーニングを利用することで、手間をかけずにスーツのメンテナンスができますよ。

自宅で毎日ケアするなら【しわとりスプレー】

スーツのしわを毎日自宅でケアするなら、しわとりスプレーを使いましょう。

なぜなら、しわとりスプレーはにおい対策や除菌など、しわとり以外にも効果のある優れたメンテナンスグッズだからです。

毎日仕事終わりにクタクタでも、シュッとひと吹きするだけでスーツのケアができるので、毎日労力をかけずにスーツのしわをとることができます。

定期的なクリーニングと合わせてしわとりスプレーを使うことで、毎日しわひとつない綺麗な状態のスーツを着ることができますよ。

【保管方法】スーツのしわを防ぐ3つのポイント

スーツのしわができてしまった時の対策方法をお伝えしてきましたが、最後にしわを防ぐ方法を3つご紹介します。

  • スーツ用ハンガーを使う
  • ブラッシングする
  • 1日着たら2日休ませる

この3つのポイントを押さえて、スーツにしわができないように気をつけましょう。

スーツ用ハンガーを使う

スーツは一般的な薄いハンガーではなく、スーツ用のハンガーに吊るす必要があります。

なぜなら、スーツのジャケットは薄いハンガーに吊るすと襟元にしわが寄ってしまい型崩れしてしまうからです。

また、パンツにもパンツ専用のハンガーがあります。

パンツ専用ハンガーには、ずり落ちてしわができないようラバーが付いているなど、パンツにしわができないような工夫がされています。

スーツのジャケットやパンツはしわがつきやすいため、必ずしわができにくいスーツ専用ハンガーで保管するようにしてください。

ブラッシングする

スーツを着ると、見えないホコリや汚れが付着するため、ブラッシングで落とす必要があります。

なぜなら、付着した汚れは放っておくと虫食いの原因になってしまうからです。

また、ブラッシングすることで繊維の流れを整えることができ、しわを伸ばしやすくすることもできます。

そのため毎日のブラッシングはスーツのしわを防ぐためにも必須です。

オススメは下記ブラシを利用することです。

1日着たら2日休ませる

スーツは1日着たら、できれば2日休ませるようにしましょう。

なぜなら、連続で同じスーツを着るとできてしまったしわが戻ることなく定着してしまい、結果としてスーツのしわが増えてしまうからです。

理想は毎日違うスーツを着ることですが、難しい場合は1日着たら2日休ませるサイクルを守りましょう。

まとめ

いかがでしたか?

スーツのしわをとるには「クリーニング」「アイロン」「しわとりスプレー」「霧吹き」「ドライヤー」「浴室に吊るす」の6つの方法があります。

その中でも、毎日のお手入れに「しわとりスプレー」を使い、定期的に「クリーニング」に出すのがおすすめのケア方法です。

そうすることで、毎日しわのない美しい状態のスーツをきることができます。
さらに、クリーニングに出すことでスーツを長く着続けることもできるので、結果としてコスパもよくなるのです。

仕事には欠かせないスーツ、適切な方法でケアすることで、あなたの魅力を底上げする最強ツールに変身させることができますよ。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です