スーツを自宅で洗濯する3つの方法!見て手順がわかるスーツ洗濯マニュアル

汗や汚れが気になるスーツを自宅で水洗い洗濯したいけど、具体的な手順や必要なものが分からないし、本当に洗っても大丈夫か不安」このようにお悩みではないでしょうか。

スーツは表示や手順を守らず自宅で適当に水洗い洗濯してしまうと、型崩れや縮みなどの問題が起き、スーツがダメになってしまう恐れがあります。

そこでこの記事では、自宅で洗濯できるスーツの見分け方や、失敗しない洗濯手順などを解説していきます。
スーツを洗濯する前に、ぜひ最後まで目を通してみてくださいね。

スーツを自宅で洗濯する方法は3つ。適した方法は洗濯表示を確認!

スーツを自宅で水洗い洗濯する方法は、下記の3種類です。

  1. 洗濯機で洗う
  2. 手洗いする
  3. シャワー洗いする

どの方法で洗うかの選択は、スーツの洗濯表示や説明書の指示に従ってください。
洗濯表示の見方を解説します。

洗濯表示の見方

洗濯機で洗えるマーク


このようなマークがあれば、洗濯機の手洗いコース(おしゃれ着コース、ドライコース)で洗えます。
手洗いやシャワー洗いも可能です

手洗いで洗えるマーク

手洗い可能表示


このようなマークがあれば、手洗いやシャワー洗いが可能です。
ただし洗濯機では洗えませんので、注意してください。

シャワー洗いができるタグ

シャワー洗い

引用:コナカ公式サイト

このようなタグや説明書がスーツについていたら、シャワー洗いが可能です。
(タグはスーツのメーカーやブランドによって異なります)

該当する洗濯表示がなく、シャワー洗いは洗濯表示では確認できません。

また、シャワー洗いが可能でも、洗濯機や手洗いは出来ませんので注意してください。

家庭での洗濯禁止のマーク、もしくは洗濯表示がない

家庭での洗濯禁止


このような洗濯表示がある場合、もしくは洗濯表示がない場合はクリーニングに出しましょう。

なぜなら、自宅で洗濯すると型崩れや縮みが起きてしまう恐れがあるからです。

スーツを自宅で洗濯する際の注意事項

どの方法でも、スーツを自宅で洗濯する際は、下記3点を守ってください。

  • 必ず上下セットで洗う
  • カビや血液、泥が付いたスーツは自宅で洗わず、クリーニングに出す
  • 穴やほころびのダメージがあるスーツは自宅で洗わず、クリーニングに出す

なぜなら、スーツは上下別に洗うと色落ち具合や風合いが異なってしまいます。

また、カビや血液、泥汚れは自宅での洗濯では落ちません。

穴が開いていたり、傷みやほころびなどのダメージがあるスーツもダメージが広がってしまう恐れがあるので、クリーニングに出しましょう。

スーツを自宅の洗濯機で洗う場合の準備物や手順

スーツを自宅の洗濯機で洗う場合についての準備や手順について、解説します。

準備物

スーツを自宅で洗濯するときは、下記の洗濯道具が必要です。

  • おしゃれ着用中性洗剤
  • 洗濯ネット
  • スーツハンガーと角ハンガー

具体的な洗剤名やサイズを解説します。

おしゃれ着用中性洗剤

エマールやアクロンなどの中性洗剤を準備します。柔軟剤は不要です。

漂白剤やアルカリ性の洗剤(液体アタックNEOなど)は使わないでください。
洗浄力が強すぎて、色落ちしてしまう可能性があります

洗濯ネット

約50cm×約50cm程度の大判サイズ1枚。たたんだスーツが入るサイズを準備してください。

洗濯ネット

スーツハンガー・角ハンガー

肩の厚みがあるスーツハンガー1個と角ハンガー1個を準備してください。

ハンガー

手順

スーツを自宅の洗濯機で洗う手順は

  1. ポケット内確認
  2. スーツをたたんでネットに入れる
  3. 洗濯機のコース設定
  4. 洗濯機に水を入れ、洗剤を溶かす
  5. 洗濯開始
  6. 陰干し

となります。それぞれ具体的に解説します。

  1. STEP

    ポケット内の確認をする

    ポケット内に財布などが入っていないか確認してください。

  2. STEP

    スーツをたたむ

    スーツをたたむ工程
    引用:洋服の青山公式

    ジャケットとスラックスをたたんで重ねてください。ジャケットのボタンは外しますが、スラックスのファスナーやボタンは閉めます。

  3. STEP

    洗濯機のコースを設定する

    洗濯機2

    ドライコースで脱水は1分に設定してください。
    (洗濯機によっては、手洗いコースやおしゃれ着コースなど名称は様々です。)

  4. STEP

    洗濯機に水を入れ、洗剤を溶かす

    シッカリと洗剤を溶かしましょう。

  5. STEP

    スーツを入れて、洗濯を開始する

    水が溜まり、洗剤を溶かしたらスーツを洗濯層に沿うように入れて、洗濯を開始します。

  6. STEP

    陰干しをする

    スーツ陰干し

    脱水が終わったら取り出し、叩いてしわを伸ばしながら日陰に干します。

    スラックスはファスナーやボタンを全て外して、筒状に干して下さい。

スーツを自宅の洗濯機で洗うメリットとデメリット

とても簡単にできるのがメリットのスーツの洗濯機洗いですが、実はデメリットもあります。

スーツを自宅の洗濯機で洗うメリット

  • スイッチを入れれば簡単に洗える
  • 水溶性の汚れ(汗や尿、飲み物など)が落ちやすい

洗濯機で洗うのは簡単で、水で洗うので水溶性の汚れが落ちやすいのがメリットです。

スーツを自宅の洗濯機で洗うデメリット

結論からお伝えすると、頑固な油性の汚れが残ってしまい、生地を傷めることがあります。

洗濯機でスーツを洗っても、頑固な油性の汚れ(こびりついた皮脂や、食べこぼしなど)は残ってしまう場合があります。

なぜなら、洗濯機のドライコースなどは弱水流のため、落ちにくい油性の汚れを根本から落とすのは難しいからです。

また、こびりついた汚れが残った状態になると、ごわつきや黄ばみの原因となり生地の劣化を早めることにもなってしまいます。

汚れ落ちやダメージが不安なときは、クリーニングに出しましょう

汚れ落ちや生地へのダメージが不安な場合は、無理して自宅で洗わずにクリーニングに出しましょう。

クリーニング店では根本から汚れを優しく落とすことができ、結果的に生地へのダメージも少なく、スーツを長持ちさせることが出来ます。

スーツを自宅で手洗いする場合の準備物や手順

スーツを自宅で手洗いする場合についての準備や手順について、解説します。

準備物

スーツを自宅で洗濯するときは

  • おしゃれ着用中性洗剤
  • バスタオル
  • スーツハンガーと角ハンガー

が必要です。具体的な洗剤名やサイズを解説します。

おしゃれ着用中性洗剤

エマールやアクロンなどのおしゃれ着よう中性洗剤を用意しましょう。

ちなみに、柔軟剤は不要です。

[alert title=”注意”]漂白剤やアルカリ性の洗剤(液体アタックNEOなど)は使わないでください。
洗浄力が強すぎて、色落ちしてしまう可能性があります[/alert]

バスタオル

家にある適当なバスタオルで大丈夫です。

バスタオル

スーツハンガー・角ハンガー

肩の厚みがあるスーツハンガー1個と角ハンガー1個を準備してください。

ハンガー

手順

スーツを自宅の洗濯機で洗う手順は、下記の通りです。

  1. ポケット内確認
  2. スーツをたたむ
  3. たらいや洗面台に水をはり、洗剤を溶かす
  4. 押し洗いする
  5. すすぐ
  6. バスタオルで脱水する
  7. 陰干し

それぞれ具体的に解説します。

  1. STEP

    ポケット内確認

    ポケット内に財布などが入っていないか確認してください。

  2. STEP

    スーツをたたむ

    スーツをたたむ工程
    引用:洋服の青山公式

    ジャケットとスラックスをたたんで重ねてください。ジャケットのボタンは外しますが、スラックスのファスナーやボタンは閉めます。

  3. STEP

    たらいや洗面台に水をはり、洗剤を溶かす

    洗面台

    たらいや洗面台に水をはり、洗剤を溶かします。

    洗面台を利用する際は、事前にきれいに掃除しておいてくださいね。

  4. STEP

    押し洗いする

    全体を押し洗いします。

    「襟や袖口は掴んで洗う」掴み洗いをしてください。

  5. STEP

    すすぐ

    泡がでなくなるまで、水を替えてすすいでください。

  6. STEP

    バスタオルで脱水する

    バスタオルに挟み、水分を吸い取ってください。

    バスタオルの繊維がスーツにつかないような素材のものを利用するのがおすすめです。

  7. STEP

    陰干しする

    スーツ陰干し

    脱水が終わったら取り出し、叩いてしわを伸ばしながら日陰に干します。

    スラックスはファスナーやボタンを全て外して、筒状に干して下さい。

スーツを自宅で手洗いするメリットとデメリット

優しく洗えるのがメリットの手洗いですが、洗う前にデメリットも知っておいてください。

スーツを自宅で手洗いするメリット

  • 優しく洗えるので生地へのダメージが少ない
  • 水溶性の汚れ(汗や尿、飲み物など)が落ちやすい

手洗いは生地に優しく、水溶性の汚れを落とせるのがメリットです。

スーツを自宅で手洗いするデメリット

  • 時間と手間がかかる
  • 水道代がかかる
  • 襟や袖についた頑固な油性の汚れが残ってしまうことがある

手洗いでスーツを洗うのは、時間と手間がかかりますし、水道代も気になります。

それに、頑固な油性の汚れ(こびりついた皮脂や、食べこぼしなど)が残ってしまう場合があります。

弱い手洗いでは落ちにくい油性の汚れを根本から落とすのは難しいからです。

時間と手間、水道代が気になるならクリーニングに出しましょう

手洗いにかかる時間と手間、水道代が気になるなら、無理して自宅で洗わずにクリーニングに出しましょう。

特に、宅配クリーニングは宅急便でやり取りするので手間がかからず、パック料金にするとお手頃価格でクリーニングできるのでおすすめです。

クリーニングでは自宅の手洗いでは落とせない、頑固な油性汚れもすっきり洗い上げることが出来ますよ。

スーツをシャワー洗いする場合の準備物や手順

スーツを自宅でシャワー洗いする場合についての準備や手順について、解説します。

準備物

スーツをシャワー洗いするときは下記のものが必要です。

  • シャワー
  • スーツハンガーと角ハンガー
    (出張先などでは、角ハンガーではなくスラックスハンガーで代用可)
ハンガー

が必要です。具体的な洗剤名やサイズを解説します。

シャワー

40℃程度のお湯を使います。

できれば、水圧が強めのシャワーの利用がおすすめです。

スーツハンガー・角ハンガー

肩の厚みがあるスーツハンガー1個と角ハンガー1個を準備してください。

出張先などであれば、角ハンガーではなくスラックスハンガーでも代用可能です。

手順

スーツを自宅の洗濯機で洗う手順は、下記の通りです。

  1. ポケット内確認
  2. スーツを裏返してハンガーにかける
  3. シャワーをかける
  4. スーツを表にしてハンガーにかける
  5. シャワーをかける
  6. 放置する
  7. 陰干し

それぞれ具体的に解説します。

  1. STEP

    ポケット内確認

    ポケット内に財布などが入っていないか確認してください。

  2. STEP

    スーツを裏返してハンガーにかける

    スーツ裏返し

    スーツを裏返して、ハンガーにかけます。

  3. STEP

    シャワーをかける

    シャワーで40℃程度のお湯を2~3分、まんべんなくかけます。

  4. STEP

    スーツを表にしてハンガーにかける

    スーツ陰干し

    スーツを表にしてハンガーにかけます。

  5. STEP

    シャワーをかける

    STEP3と同様に、シャワーで40℃程度のお湯を2~3分、まんべんなくかけます。

  6. STEP

    ハンガーにかけたまましばらく放置する

    そのまま、水滴が落ちなくなるまで1~2時間放置します。

  7. STEP

    陰干しする

    スーツ陰干し

    スーツに残っているしわを叩いて伸ばしながら、日陰で干します。

スーツを自宅で手洗いするメリットとデメリット

気軽にできるシャワー洗いですが、実はデメリットもあります。

スーツをシャワー洗いするメリット

  • 生地への負担が少ない
  • 出張先や出先でも洗うことができる

特別な準備は必要ないので、思い立ったらすぐ出来るのがメリットです。

スーツを自宅でシャワー洗いするデメリット

シャワー洗いでは、油性の汚れや水溶性の汚れともにあまり落ちません。

なぜなら、お湯をかけているだけなので、繊維の中に入っている汚れは落とすことが出来ないからです。

なので、シャワー洗いは花粉落としやしわ取り、出張先での応急処置の目的として、洗濯とは別に考えておく方が良いです。

汚れたらクリーニングに出しましょう

シャワー洗い可能なスーツの汚れは、クリーニングに出しましょう。

なぜなら、シャワー洗い可能なスーツはウールや天然素材で仕立てられていることが多いので、無理に自宅での洗濯機洗いや手洗いをすると、型崩れや縮みを起こしてしまうからです。

クリーニングに出せば、シャワーでは落とし切れない汚れをすっきり落とすことができますよ。

スーツを自宅で洗濯する最適な頻度

最後に、スーツを自宅で洗濯する最適な頻度について解説します。

春・秋・冬

春・秋・冬は1シーズンに1回(つまり3か月に1回)程度が目安です。

なぜなら、汗をかくことが少ないためです。ただし、特別に汚れたり臭いやしわが気になるときは、その都度対処しましょう。

夏は、2週間~1ヶ月に1回程度が目安となります。

なぜなら、夏は汗をかくことが多く、汗をそのまま放置してしまうとシミやごわつき、黄ばみの原因となってしまうからです。

定期的にクリーニングに出しましょう

どの洗い方のスーツでも、定期的(半年に1回程度)はクリーニングに出しましょう。

なぜなら、自宅で洗うと頑固な汚れは落とすことが出来ずに生地に残ってしまい、ごわつきや黄ばみの原因となりスーツを劣化させてしまうからです。

また、ほつれや傷みが気になるときはメンテナンスもできるクリーニング店に出すと良いでしょう。

軽い汚れは自宅で、落ちにくい汚れやメンテナンスはクリーニングに依頼すると、スーツが長持ちします。

クリーニング店への持込や受取が難しい、と言う場合は、忙しいビジネスマンでも利用しやすい宅配クリーニングもおすすめです。

お気に入りのスーツを長持ちさせたい場合は、ぜひ定期的なクリーニングも利用してみてください。

スーツの洗濯が不安な方&定期的なクリーニングは『Lenet(リネット)』がオススメ

cleaning-lenet


スーツのクリーニングなら、宅配クリーニングの『Lenet(リネット)』をオススメします。

家の近所にクリーニング店はあると思いますが、『Lenet(リネット)』をオススメする理由は、以下の7点です。

  • 配達員に玄関で渡すだけだから手間要らず
  • 仕上がりが想像以上に早い(最短2日後に家まで届く)
  • シミ抜き無料(気づかなかったシミもいつの間にか綺麗になります)
  • 徹底したシステム管理で紛失リスクが非常に少ない
  • 24時間スマホでいつでも申し込みができる
  • 東京23区は早朝6時〜夜間24時まで配達時間を選べる

お金をかけずにスーツを洗濯しようとしても、思いの外手がかかるだけでなく、縮んだり・破れたり・形が崩れたりすることはあります。

更に面倒になって乾燥を失敗すると、手間をかけて洗ったことが台無しになってしまいます。

もし近所に信頼できるお店がなければ、ぜひLenet(リネット)を利用してみてください。

まとめ

スーツを自宅で洗濯するには、「洗濯機洗い」「手洗い」「シャワー洗い」の3つの方法があります。

洗い方はスーツのブランドや生地によって変わるので、まずは洗濯表示やタグを確認してから洗うようにしてください。

自宅で洗えない表示の場合は、必ずクリーニングに出しましょう。無理して洗ってしまうと、型崩れや縮みの原因となってしまうからです。

また、自宅で洗っている場合も、定期的にクリーニングに出しましょう。そうすることで、自宅では落とし切れない頑固な汚れも落とすことができます。

軽い汚れは自宅で、落ちにくい汚れやメンテナンスはクリーニングでケアしていくと、結果的にスーツは長持ちし、コスパも良くなりますよ。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です