大阪でWiMAXをお得に契約する方法!家電量販店が教えたくない情報

大阪でWiMAXを契約しようと考えていませんか?ただ、「契約する方法次第で約5万円も損をする」というはご存知でしょうか。

具体的に、どんな契約方法があり、どこでお得に契約でき、どこでWiMAXを契約すると損をするのか、詳しくご紹介します。

大阪でWiMAXを契約する方法4つ

  • 家電量販店で契約する
  • UQスポットで契約する
  • auショップで契約する
  • WEB経由で申込みして当日受取する

この4種類のWiMAXの契約方法のうち、最もお得で毎月安くWiFiが利用できるのはWEB経由で契約する方法です。

契約方法によってお得さが変わる理由は、それぞれの契約方法で契約できるWiMAXの種類(プロバイダ)や、キャンペーン・月額料金が違うからです。

何が違うのか次で具体的にお伝えします。

家電量販店で契約できるWiMAX

家電量販店(ビックカメラ)

大阪には下記のように多くの家電量販店があります。

  • ヨドバシカメラ
  • ビックカメラ
  • ヤマダ電機
  • エディオン
  • Joshin(ジョーシン)
  • コジマ
  • ケーズデンキ

ただこれら家電量販店で契約できるWiMAXはすべてプロバイダが違います。ただ、プラン内容等は基本同じであり通信品質に違いはありません。

ただ、キャンペーン内容は家電量販店ごとに違い、キャンペーン自体も魅力的なものが少なく、月額料金も高めかつ端末代も高いので、総合的におすすめとは言えません。

プロバイダ家電量販店系プロバイダのみ
(公式ではない)
月額3,880円
契約年数基本3年
(2~3年)
端末代15,000円
端末受取当日
(在庫がなければ別日)
キャンペーン各家電量販店による
(0円~10,000円分がほとんど)
申込み所要時間1~2時間

■各家電量販店の店舗情報

UQスポットで契約できるWiMAX

UQスポットはUQコミュニケーションズ株式会社が運営しているUQ専門の店舗です。

回線自体を提供しているUQコミュニケーションズなので、契約できるWiMAXプロバイダは「UQ WiMAX」のみとなっています。

ただ、UQスタッフからの説明をしっかり受けることができ、自分で情報収集をするのが苦手かつ不安な方にとっては安心して契約できる場所でもあると言えます。

ただ、安くWiMAXを利用したい人には向いていないともいえます。

プロバイダUQ WiMAX
月額3,880円
契約年数2年
端末代15,000円
端末受取当日
(在庫がなければ別日)
キャンペーンほぼなし
申込み所要時間1~2時間

■UQスポットの店舗情報
→ UQスポットの店舗一覧ページ

auショップで契約できるWiMAX

auショップでは、au(KDDI)がプロバイダのWiMAXを契約できます。

ただ、WiMAXの中でも最も高く、キャッシュバック等のキャンペーンもないため、契約するメリットはありません。

また、店舗で説明を受けられる安心感はあるかもしれませんが、auショップの多くのスタッフは、WiMAXについての知識が少ないようで、安心とはいいづらいでしょう。

なので、auショップのWiMAXはおすすめできないです。

プロバイダau(KDDI)
月額4,292円
契約年数2年
端末代22,000円
端末受取当日
(在庫がなければ別日)
キャンペーンほぼなし
申込み所要時間1~3時間

■auショップの店舗情報
→ 近くのauショップを探す

WEB経由で契約できるWiMAX

WEB経由は、キャッシュバックなどのキャンペーンが充実しており、月額料金も安いお得に契約できるWiMAXが沢山あります。

また、プロバイダの選択肢も多く、キャンペーンなどからも選べるので、自分のニーズにマッチしたWiMAXを手に入れることができます。

ちなみにプロバイダが違っても、利用できる通信サービスの品質は変わらず、プランも同じです。

また、端末は即日発送や当日店頭受取ができるプロバイダもあり、店舗契約で煩わしい待ち時間や拘束時間もほぼありません。

大阪でお得にWiMAXを申し込みたい方に、一番最適なのがWEB経由です。

プロバイダGMOとくとくBB
BroadWiMAX
UQ WiMAX
BIGLOBE WiMAX
カシモWiMAX
So-netモバイルWiMAX2+
DTI WiMAX
…等々
月額
契約年数1〜3年
端末代基本0円
(一部プロバイダは有料)
端末受取当日〜3日後
キャンペーン高額キャッシュバック
月額大幅割引
(プロバイダ次第)
申込み所要時間10分

WEB経由で申し込みできる各プロバイダのキャンペーンや月額料金が知りたい方はこちら

契約場所次第で料金負担が変わる

4種類の契約方法によるWiMAXの違いをご紹介しましたが、まとめると大きく下記5つに違いがあります。

  • プロバイダの違い
  • 月額料金の違い
  • 端末代金の違い
  • キャンペーンの違い
  • 端末受取時期の違い

これらが違うことで、いずれも最低契約期間内で支払う料金総額が違ったり、キャッシュバック等によるお得度が違います。

ただ全ての契約方法で利用できるWiMAXは、同じ回線を利用し、同じ通信データ量が使え、エリアも同じです。

一言でいうと、どこで契約しても同じWiMAXを契約できるが、料金が全然違うということです。

大阪での契約方法別WiMAXの料金比較

ここで、それぞれの契約方法でどのくらい料金差がでるのか比較してみました。

契約場所実質月額
(端末代含む)
キャンペーン契約期間端末代
家電量販店
(ワイヤレスゲート)
4,380円商品券
(0~5,000円)
2~3年
※基本3年
15,000円
UQスポット
(UQ WiMAX)
4,505円なし2年15,000円
auショップ
(au)
5,212円なし2年22,000円
WEB経由
(GMOとくとくBB)
3,379円30,500円
キャッシュバック
3年0円
WEB経由
(BroadWiMAX)
3,295円10,000円
キャッシュバック

月額大幅割引
3年0円
WEB経由
(BIGLOBE)
4,330円15,000円
キャッシュバック
1年19,200円

※実質月額料金は、最低契約期間にかかる月額料金の総額+端末代からキャッシュバックを差引いた金額を、最低契約期間で割ったものです。

例)UQスポット(UQ WiMAX)の場合
4,380円=(月額3,880円×24ヶ月+端末代15,000円-キャンペーン0円)÷24ヶ月

それぞれの契約方法での料金比較の結果、WEB経由での申込みが毎月1,000円〜2,000円も安いことがわかります。

逆に、家電量販店やUQスポットは2年間で24,000円以上、auショップに至っては2年間で48,000円以上も損をすることになるわけです。

これだけ料金が違えば、お気に入りの服を購入したり、靴を買ったり、温泉などへ旅行だっていけてしまいます。関西から東京ディズニーランドへの新幹線代の往復分は損をすることにもなります。

この結果から、家電量販店、UQスポット、auショップでWiMAXを契約するのは、おすすめできません。

WiMAXを申し込む際の注意点

WEBでWiMAXを契約すると非常にお得です。

ただ、申し込みをする前に知っておくべきことがあります。ちなみに、店頭で申し込みをする時も同じです。

キャッシュバック金額で判断しない

上記のような高額キャッシュバックがあったりします。

WEB限定プロバイダの場合は、キャッシュバックの条件がなかったり、外しても良いオプションに加入して申し込みをすることだけが条件だったりします。

しかし、家電量販店のキャッシュバックの場合は非常に厄介な条件が多く、3年契約必須かつPC購入と同時だったり、高額な独自オプションへの加入必須だっりと、かなり厳しい条件がついてきます。

長い目でみた時には損をしている!なんてことが多いので、特に家電量販店のキャッシュバックは危険です。

そのため、キャッシュバックだけで判断するのはおすすめしません。

WEB限定の高額キャッシュバックの受取方法を知っておく

GMOとくとくBBに限ったことですが、契約して11ヶ月後に受取手続きを所定の方法で行い、その後でキャッシュバックが受け取れるようになっています。

この所定の受取方法というのが、11ヶ月後にGMOとくとくBBから発行されたメールアドレスに届いたメールを開き、その中に記載されている方法で受取手続きを行うというものです。

シンプルに下記2つのことが必要というわけです。

  • 11ヶ月後に受取り手続きをするのを忘れないこと
  • GMOとくとくBBから発行されたメールアドレスに来るメールを見れるようにしておくこと

全く気にならない人もいるかもしれませんが、かなり面倒くさい!と感じる人も多いのではないでしょうか。

WEB申込みは端末が届くまで使えない

WEBで申し込みをする場合、端末を契約時に受け取れるわけではないので、発送されて届くまで待つ必要があります。

殆どのプロバイダは、即日・翌日発送をしてくれるので、申込みをした翌日〜3日以内に届きますが、在庫の兼ね合いで更に数日かかる可能性があります。

ただ、家電量販店等の店舗でも同じことで、端末在庫がなければ、在庫が入ってからしか申込みできません。

WEB申し込みの即日受取は”梅田”に行く必要がある

WEB申込み限定プロバイダで唯一、BroadWiMAXだけ契約した当日に受け取れます。

店頭受け取りで申し込み当日にネットが使える

ただ受け取れる店舗が、梅田(ほぼ中津)の1店舗しかありません。

■受取店舗情報
〒 531-0072
大阪府大阪市北区豊崎3-17-9 豊崎旭ビル2階
(スマホスピタル梅田2号店内)
BroadWiMAX受け取りセンター
■営業時間
10:00~19:00(平日・土曜受付/日祝休み)

→ GoogleMapで見る

口座振替はプロバイダが限られる

WiMAXの支払い方法は、基本クレジットカード払いですが、一部口座振替に対応しているプロバイダがあります。

■口座振替に対応したプロバイダ

いずれのプロバイダも口座振替の場合、端末代や初期費用が一括払いとなります。

UQ WiMAXとBIGLOBEに関しては、代引き配送で端末が送られてきます。

WiMAX端末は何を選べばいいのか?

W06かWX06はどっちがオススメか

WiMAX端末は、今はW06がオススメです。

その理由は、WiMAXを利用するうえで最も大切な通信速度が一番早いからです。

また他にも下記のような理由があります。

  • 通信速度1,237Mbps(通常558Mbps)で最速
  • Wシリーズの方がアンテナ感度が高い
  • 端末が薄いから持ち運びしやすい
  • W06はモード自動切替機能がある

上記ポイントを踏まえながら詳しくご説明します。

WiMAX端末を3つのポイントで比較

WiMAX端末の比較表

この比較表では、実際にWiMAXでネットに繋ぐときに重要となるスペックだけに絞っています。

特に注目すべきは赤字にしていますが、重要なところから順に説明します。

①高性能ハイモードアンテナの方が繋がりやすい

WiMAXの通信規格による違い

室内でも野外でもネット通信する際の安定性はW06の方が良好です。

ここで見るべきポイントは、通信技術に記載している下記2点です。

  • W06の高性能ハイモードアンテナ
  • WX06のWiMAXハイパワーモード

この2つの通信技術はどちらも、通信環境が悪い場所で通信品質がパワーアップする機能です。

ただ、どちらも厳密には少し違った特性を持っています。

「W06の高性能ハイモードアンテナ」と「WX06のWiMAXハイパワーモード」の違い

簡単に解説すると、下記のような違いがあります。

  • 高性能ハイモードアンテナ(W06)
    →通信時に受け取る電波のを増やす通信技術

  • WiMAXハイパワーモード(WX06)
    →通信時に受け取る電波のを増やす通信技術

WiMAXの端末の中にはアンテナが4つ搭載されており、同時に4つのアンテナで電波を受けていますが、電波の弱い場所だと1つのアンテナでしか電波を受け取れなかったりします。

1つのアンテナでも受信できていれば少し遅くはなるが通信はできるので、その一つのアンテナで通信できる量を増やして通信速度を少し上げようという技術がWiMAXハイパワーモード

複数のアンテナで受信できる方が電波環境が良くなり速度が安定するので、そもそもの受信できるアンテナの数を増やして電波環境と通信速度を改善しようという技術が、高性能ハイモードアンテナです。

それぞれの違いをわかりやすく表にすると下記のようになります。

WiMAX通信規格による違い
  • WX06は通信速度が少し向上する
  •  W06は電波が良くなり通信速度が少し向上する

どちらも似たようなもののように思いますが、通信技術を向上させるアプローチが全然違うため、より通信品質が向上するのはW06なのです。

[char no=8 char="wifiおじさん3"]WiMAX2+回線の特徴として、通信速度は早いですが、室内で利用する際や窓から離れた場所で利用すると、電波の入りが少し弱くなる特徴があります。[/char]

WiMAXハイパワーや高性能ハイモードアンテナは、こういった時に力を発揮してくれる機能なので、カフェや自宅でインターネットを利用するなら非常に心強い機能です。

よって電波の強い端末が良い方は、高性能ハイモードアンテナを搭載しているW06がオススとなります。

②バッテリー持ちの長さはWX06が一番

WiMAX端末バッテリーの長さ比較

WiMAX端末にはバッテリー設定が、『ハイパフォーマンス・スタンダード・エコ』の三段階あり、ハイパフォーマンスはバッテリー消費が多くなる代わりにアンテナ感度&処理速度を上げて通信速度を向上してくれます。

その反面、エコモードはバッテリー消費を抑える代わりに、アンテナ感度を下げて処理速度も下げるため、通信速度は30%~40程低下(※個人的な所感)します。

そのエコモードで比較した場合、2時間20分もWX06の方がバッテリーが長持ちします。

ただ、これはあくまでもスペック上の数字であり、実際に使ってみると14時間も持ちません。なんなら利用環境次第で、バッテリーが熱を持ち、もっと消費が早くなる場合もあるため、ほとんど参考程度に考えておくのが望ましいです。

[char no=8 char="wifiおじさん3"]ちなみに、超高画質(4K)の動画視聴をする場合は、エコモードだと速度が足りないことも多く、ハイパフォーマンスモードにするのがオススメです。[/char]

③通信速度はW06が圧倒的に早い

WiMAX端末の速度比較表

※W06の1,237Mbpsは、ハイスピードプラスエリアモードかつ特定のエリアでのみとなります。

通信速度は、WX06とW06を比較してみると桁違いの差があります。

表には記載していませんが、WX06とW06で全く同じ環境化で利用する場合、最高下り速度は「W06:558Mbps」「WX06:440Mbps」となり、118Mbpsも差があります。

[char no=8 char="wifiおじさん3"]W06はWX06よりも25%程速いと言うことです[/char]

通信速度は、利用するエリアや環境により速度が大きく変わります。
W06もWX06も実際は30~40Mbps程が平均となっています。
ちなみに実測値もW06の方が若干速いかなという程度です。

WiMAX端末の実測値はスペック表とは違うので注意

w05-wx04 speed
W05WX04
8.70Mbps7.124Mbps

WiMAXは、使うエリアの電波状況とタイミング、ネットを利用する端末次第で通信速度が変わるので、WiMAX端末のスペック表に記載している速度は全くあてになりません。

もちろん、速度が出るときは、20Mbps~50Mbpsほど出る場合もありますが、最大で80Mbps程度の通信速度までしか見たことがありません。

※この通信速度がこの日に出た最高速度でした。

au4GLTEを利用した際の708Mbpsといった通信速度は100%出ないので、あくまでも理論上の数値だとお考えください。

ちなみに10Mbpsもでていれば、高画質の動画配信サービスでも止まることは無いのでご安心ください。

W06とW05のau4GLTE利用時は通信速度が速くなるが注意もある

比較表のW06とW05の通信速度を見ると、au4GLTE利用時の通信速度が異様に速くなっていますが、それはau4GLTEとWiMAX2+回線の同時利用することになり、一度に処理できる通信量が増えるためです。

しかし、au4GLTE回線を利用するのは注意が必要です。

まずau4GLTEを利用するには、端末の通信モード設定を「ハイスピードプラスエリアモード」に変更するだけで、au4GLTEを利用することができるようになります。

しかし2つの注意が必要です。

  • ギガ放題プランの3年契約以外のプランだと1,005円が別途かかる
  • ハイスピードプラスエリアモードで7GB超過すると速度制限(128Kbps)にかかる

WiMAXを利用している8割以上の方が1ヶ月の通信容量制限のないギガ放題を利用していますが、3年契約のギガ放題を利用していない方がau4GLTEを利用するためにハイスピードプラスエリアモードを利用すると、利用した月だけ1,005が別途請求されます。

ただ3年契約のギガ放題プランを利用している方は、au4GLTE利用料が無料となっています。

ただ無料とは言っても、au4GLTEを利用できるハイスピードプラスエリアモードで7GB使うと速度制限がかかるようになるので注意が必要です。

ただW06は少し安心して利用できるようになっています。

W06には通信モードの自動切り替え機能がある
通信モードの自動切り替え機能

ハイスピードプラスエリアモードで月7GB利用すると速度制限が掛かるとお伝えしましたが、7GBを超える前にハイスピードモードに自動で切り替えてくれる機能がW06には備わっています。

そのため、WiMAX電波が入りづらい地下などで使うために、au4GLTEを回線を使って、設定の切り替えを忘れてたとしても、通信速度制限がかかる前に、自動でハイスピードモードに切り替えてくれるので、通信速度制限を気にすることなく利用することが可能です。

そのため、W06は通信速度が速いモードを最大限に利用できます。

クレードルやUSBケーブルは購入する必要があるか?

基本的にどちらも購入する必要はありません。

なぜなら、クレードルはあまり必要になることが無く、USBケーブルは端末の中にセットでついています。

しかし、付属のUSBケーブルにアダプターは付いていないので、アダプターをお持ちでない方は、コンセントから充電できません。

ただ、スマホのアダプターが余っているならそれを使っていただけるので、持っていない方のみ購入してください。

◇クレードルの利用価値

  • 有線LANにつなげられるようになること。
  • WXシリーズの場合はWINGアンテナ搭載していることによって、回線の安定性が強化されること。

有線LANで繋ぎたい場合を除き、回線の状況が良いところで使う必要はないので、初めは購入しなくても大丈夫です。

※W06にクレードルはありません。

WiMAXの機種(ルーター)はW06を選ぶのが間違いない

  • バッテリーの持ちが長く寿命が長いのはWX05
  • 実際に出る通信速度はW06が若干速い
  • 通信の安定性はW06の方が若干いい
  • au4GLTEを使った際の安心感はW06
  • 端末が薄めなので持ち運びしやすい

簡単にまとめると、この5つのことが言えます。

WiMAXの機種選びで迷ったら、W06を選べば間違いありません。

大阪でWiMAXを契約するなら『BroadWiMAX』が安い

大阪でWiMAXを契約する場合、当日受取ができ、月額料金が安いだけでなく、キャッシュバックの受取もかんたんにできるBroadWiMAXがおすすめです。

キャッシュバックも契約した翌々月末に振り込まれ、受取手続きに関しては契約月の翌月5日に届くメールから簡単です。

キャンペーンは予告なく終了する場合があります。

seto

seto

10年以上「光回線」や「ポケットWiFi」の販売に携わってきて感じるのは「大半の人が販売側に都合よく騙されてる」ということです。


よくある勘違いの中に、「キャンペーンで安そうに見えるけど、実はあまりお得ではない回線」もあり、逆に「安く見えないけど、実はお得に使える回線」があり、最適な選び方ができていない方が多いように思います。


ネット回線は、比較で見えないところが重要なので、そのあたりも詳しくご紹介していきます。

カテゴリー:
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA