カシモWiMAXの比較でわかる評価|オススメできない理由はコスパの低さ

カシモWiMAX-logo
カシモWiMAXのメインビジュアル

業界最安値級!?月額1,380円~となっているカシモWiMAXは本当に安いのか!?キャンペーンはあるのか!?

そもそも、カシモWiMAXとは何か?ちゃんと使えるのか?など気になるあれこれを調査しました。

料金やキャッシュバックを踏まえた上で、ポケットWiFi比較のクラウェブでも人気の、常にキャッシュバック最大級のGMOとくとくBBや月額料金の安さで人気のBroadWiMAXと比較を行いました。

さて、本当に安いのでしょうか?仮に安かったとしても契約するメリットはあるのだろうか・・・。

それでは、見ていきましょう!

そもそも、カシモWiMAXって何?

カシモWiMAXは、株式会社MEモバイル(格安sim事業、WiMAX事業)という会社が運営しているWiMAXの名称で、サービスや回線はUQ-WiMAXが行っているものと全く同じです!

ちなみに株式会社MEモバイルは、東証マザーズに上場している株式会社マーケットエンタープライズというネット型リユース事業をメインに手掛けている大手会社の子会社です。

だから、経営基盤はバッチリ!というわけですね。

そんな安定基盤を持つMEモバイルがカシモWiMAXのサービス開始したのは、2017年10月5日とまだまだ新しいWiMAXサービスですが、認知度がうなぎのぼりに向上しているので、今後が非常に楽しみなWiMAXです。

ちょっとしたことですが…、カシモWiMAXの名前の由来を調べると、カシモ=賢いモバイル!ということで、賢いモバイル!WiMAXという意味が出来上がりました。賢い=安い?だとすると、嬉しいですよね!!

それでは次に料金をみてみましょう。

カシモWiMAXの料金プランは2種類(全4種類)

カシモWiMAXは、他のWiMAXと同じように、「使い放題のギガ放題プラン」と「7GB制限のある通常プラン」の2種類に分かれています。

それぞれの違いは、速度制限にかかるまでのデータ容量です。

プラン ギガ放題 ライト
速度制限
(1ヵ月)
無制限 7GB
速度制限
(3日間)
10GB 1GB
契約期間 3年 3年

月間容量制限のないプランは、ギガ放題プランで、3日間の速度制限は10GBとなっており、ライトプランは3日間の制限が1GB、1ヵ月での速度制限は7GBになっています。

7GBの目安をyoutubeでいうと、スマホで低画質設定の場合は28時間ほど、パソコンで見る高画質モードの場合は3時間ほどで7GBに到達してしまう恐れがあります。

簡単なところ、youtubeをスマホやパソコンで見る場合は、無制限にしておいたほうが良いということですね!

基本的なプラン設定は上記のように、他のWiMAXと同じですが、カシモWiMAXは料金プランが端末により「新端末プラン」「最安級プラン」の2種類に分かれます。

新端末プランの料金

カシモWiMAX新端末プラン

新端末プランは、今人気のあるモバイル型端末のW06やWX05、ホームルーターのL02やHOME01を契約できるプランとなっています。

■料金詳細

  ギガ放題プラン ライトプラン(7GB)
契約期間 3年間 3年間
月額
(1ヶ月目)
1,380円 1,380円
月額
(2~24ヶ月目)
3,580円 2,980円
月額
(25~36ヶ月目)
4,079円 3,379円
3年合計 132,668円 104,508円
実質月額 3,685円 2,903円
差額 -782円

基本的にはこのプラン一択です。

最安級プランの料金

カシモWiMAX最安級プラン

このプランは旧機種を少しだけ安く利用できるプランです。

言うなれば、在庫一掃セールプランみたいなものです。

■料金詳細

  ギガ放題プラン ライトプラン(7GB)
契約期間 3年間 3年間
月額
(1ヶ月目)
1,380円 1,380円
月額
(2~24ヶ月目)
3,480円 2,880円
月額
(25~36ヶ月目)
4,079円 3,379円
3年合計 130,368円 102,208円
実質月額 3,621円 2,839円
差額 -782円

最安級プランで契約できる端末は旧機種の新古品であり、新機種プランとの料金差は1ヶ月100円以下なので、端末の性能を落としてまで選ぶほど価値のあるプランとは言えません。

ただどちらのプランもWiMAXの全体的な印象として、カシモWiMAXは他社プロバイダよりも少し高めの料金設定になっています。

カシモWiMAXと他社プロバイダとの大きな2つの違い

  • auスマホの割引なし
  • 契約できる端末は新古品と新品の2種類

端末無料や送料無料などに関しては、他と同じになっています。

では、それぞれを詳しくお伝えします。

カシモWiMAXにはauスマホの割引がない(auスマートバリューmineなし)

auスマートバリューmine

本来WiMAXは、auスマホとWiMAX(GMOやbiglobeなど含む)をセットで利用すると、auスマホの利用料金が毎月1000円割引されます。
※パケット定額5GB以上からです。それ以下も割引はありますが多少減額します。

しかし!カシモWiMAXはauスマホの割引がない!というわけなのです。

ただ、docomo・softbankスマホや格安simを利用している方にとっては、なんのデメリットもありません。

auスマホユーザーの方はぜひこちらの、最新ポケットWiFiキャンペーンをご覧ください。

カシモWiMAXは新品と新古品を扱っている

新品は工場出荷時から一度も販売されていない端末のこと。

新古品に関しては、「一度、販売されたが未使用のままキャンセルされた端末のこと。」です。

ただ箱などを開けた形跡はあるものもあり、本体は新品と変わらないですが、全くの新品ではないので新古品という扱いとなります。

端末自体には通電していない兼ね合いから、新品と変わらないのでこだわる必要はないかもしれませんが、そもそも旧機種のため、値段差があまりない新端末プランを選ぶ方がお得です。

カシモWiMAXと他社WiMAXの違いのおさらい

さて、ここまでの説明で、auスマホユーザーは、毎月1000円の割引が受けられないので、カシモWiMAXを選ぶメリットがないということはまずご理解いただけたでしょう。

※auスマホユーザーは、最新のポケットWiFiのキャンペーン情報から最適なWiMAXをお選びください。

 

そして、最安級プランは特に最安値でもない上に端末が新古品かつ1つ前の端末であることから、これもあまり選ぶメリットは感じません。

 

結論としては、カシモWiMAXはauスマホユーザーが利用すると損してしまいますが、docomoやSoftBankスマホユーザーにとってはお得なのか?と聞かれるとこれもまた損をしてしまいます。

どのぐらい他社WiMAXと違いのか比較したので見てみましょう。

カシモWiMAXと人気他社プロバイダの料金を徹底比較

まず簡単に結論を先にお伝えすると、もっとも総負担額が安いのはGMOとくとくBBを選んだ時です。

順位 ランキング1位 ランキング2位 ランキング3位
会社名 BroadWiMAX GMOとくとくBB
(月額割引)
カシモWiMAX
ロゴ BroadWiMAX-LOGO GMOとくとくBBのロゴ カシモWiMAX-logo
想定納期 約2週間 約2週間 約2~4日
実質月額 3,295円 3,407円 3,685円
回線 WiMAX/LTE WiMAX/LTE WiMAX/LTE
端末 W06/WX06 W06/WX06 W06/WX06
契約期間 3年 3年 3年
特典 月額大幅割引
キャッシュバック
10,000円
月額大幅割引
キャッシュバック
5,000円
月額大幅割引
おすすめ度 ★★★★★ ★★★★★ ★★★★★
  詳細をみる 詳細をみる 詳細をみる

■ ランキング全13位 ■

順位 会社 実質月額※1 キャンペーン
1 GMOとくとくBBWiMAXのロゴ 3148円 キャッシュバック
38,800円
2 BroadWiMAX-LOGO 3295円 キャッシュバック
10,000円
3 GMOとくとくBBWiMAXのロゴ 3407円 月額割引
4 dti-logo 3518円 月額割引
5 カシモWiMAX-logo 3621円 月額割引
6 pniftyWiMAX 3670円 月額割引
7 カシモWiMAX-logo 3685円 月額割引
8 UQ WiMAX 3755円 月額割引
9 hi-ho-logo 3860円 月額割引
10 so-netモバイルWiMAX2+のロゴ 4046円 月額割引
11 biglobeWiMAXのロゴ 4080円 キャッシュバック
15,000円
12 YAMADA 4114円 不明
13 auロゴ 4380円 なし

※1 実質月額は下記計算方式で算出しています。
(請求月額の総額-キャッシュバック÷最低契約期間)

今月、最も安い使い放題のWiMAX、『GMOとくとくBB(キャッシュバックキャンペーン)』です。

ただ、GMOとくとくBBを選ぶ場合は、キャッシュバックを受け取り忘れないよう注意が必要です。

キャッシュバックを受け取るには、契約から11ヶ月後に、契約時に発行されるGMOとくとくBBのメールアドレスに届く、受取手続きができるメールを開き、そこから手続きをする必要があります。
※メールが届いた月の翌月末までに手続きをしないと、キャッシュバックは受け取れなくなります。

もし、キャッシュバックを受取り忘れそうだと感じる方は、キャッシュバックが2ヶ月後に振り込まれる『BroadWiMAX』か、キャッシュバックはなくてもしっかり安く使える『GMOとくとくBB(月額割引キャンペーン)』を選ぶのがオススメです。

さて、この比較表を見てわかるように、圧倒的に安いのはGMOとくとくBBWiMAXとBroadWiMAXです。

ちなみに、auスマホを使っている方にとって、GMOとくとくBBとBroadWiMAXは実質月額-1,000円(auスマートバリューmine) = auスマホユーザーの実質月額ということになります。

そして、比較結果からもわかるように、docomoやsoftbankのスマホを使っている方でも、一番お得なのはカシモWiMAXではなく、GMOとくとくBBBroadWiMAXです。

しかし、GMOとくとくBBはお得に見えるが一部の方は3年間で3万円以上も損をする可能性があります。

GMOとくとくBBのキャッシュバックキャンペーンというのは、契約してからおよそ11か月後に契約時に付与されるプロバイダ専用のメールアドレス宛に送られるメールからキャッシュバックの受け取り用の口座手続きを行い、キャッシュバックが振り込まれるようになっています。
 
キャッシュバックの受け取り手続きは期間内に行わなければならず、長期間の手続きできないので、手続き自体を忘れる人が多くいます。

 

そう考えると、GMOとくとくBBnoキャッシュバックの受け取り手続きはリスクがありますよね。

[char no=8 char=”wifiおじさん3″]BroadWiMAXは単純に毎月安く利用でき、契約の翌月末に10,000円キャッシュバックが受け取れるので、誰でもお得に利用できます。[/char]

 

【結論】カシモWiMAXはコスパが低く他社プロバイダがオススメ

カシモWiMAXの平均月額料金は3,685円となり、他社プロバイダと比較をしても少し高いWiMAXとなっています。

今のWiMAXの最安値はGMOとくとくBBですが、コスパの高さだけで言えばBroadWiMAXの方がコスパが高く、長期利用する場合でもお得にWiMAXを利用することができます。

  実質月額 3年総額 月額料金
(割引期間)
カシモWiMAX 3,685円 132,668円 1ヶ月
1,380円
2~24ヶ月
3,580円
25~36ヶ月
4,079円
BroadWiMAX 3,295円 118,626円 1~2ヶ月
2,726円
3~24ヶ月
3,411円
25~36ヶ月
4,011円

ほぼ確実にキャッシュバックが最短で受け取れ、毎月安いBroadWiMAXと比較をしてわかるように、3年間で14,042円も差があり、毎月に均してみると、390円の差があり、お弁当1日分ぐらいの差があることになります。

そこまでの大した料金差ではありませんが、どうせ安いしプロバイダとしても良いとわかっているなら、少しでも安い方にしたいですよね!

よって、DocomoやSoftbankスマホ、auスマホをお使いの方全てにとって、BroadWiMAXはキャッシュバックも含めて毎月安く使えます。

ただ、BroadWiMAXが他よりもお得なのはクラウェブ経由のお申し込みの方限定で10,000円キャッシュバックを用意しているからなんです。

気になる方は、BroadWiMAXの限定キャンペーンページをご覧ください。

クラウェブ限定 /
BroadWiMAX限定キャンペーンへ
他サイトにはない独自キャンペーンです。

seto

seto

10年以上「光回線」や「ポケットWiFi」の販売に携わってきて感じるのは「大半の人が販売側に都合よく騙されてる」ということです。


よくある勘違いの中に、「キャンペーンで安そうに見えるけど、実はあまりお得ではない回線」もあり、逆に「安く見えないけど、実はお得に使える回線」があり、最適な選び方ができていない方が多いように思います。


ネット回線は、比較で見えないところが重要なので、そのあたりも詳しくご紹介していきます。

カテゴリー:
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA