GMOとくとくBBから乗り換えるなら!お得なプロバイダ・スムーズに乗り換える方法

GMOとくとくBB WiMAXから、他のプロバイダに乗り換えを検討している全ての方に、最もお得な乗り換え先や乗り換え手順を詳しくご紹介します。

\ すぐお得な乗り換え先を見る/

GMOとくとくBBは最低契約期間後もそのまま使うべきか?

GMOとくとくBBは「最低利用期間を過ぎたら、他のプロバイダに乗り換えるほうが良い」です。

理由はいくつかありますが、確実なのは月額料金とキャンペーンで損をするからです。

  • キャッシュバックキャンペーンで申し込んだ方の損をする額

    → 2年間で30,000円ほど損をする
    (初回キャッシュバック分まるまる損をして、月額割引なし状態が継続)
  • 月額割引キャンペーンで申し込んだ方の損をする額
    → 2年間で25,000円ほど損をする
    (機種変更後・最低契約期間更新後からの月額料金が4263円固定になる)

GMOとくとくBB WiMAXの最大のウリは、初回契約時のお得なキャンペーンにあり、サービス自体は他プロバイダと変わりません。

だからこそ、無料で機種変更できるからといって乗り換えると、毎月の料金の割引がなくなり、またキャッシュバックもない状態で、単純に高額なWiMAX料金を支払い続けることになるだけです。

そして、最低契約期間3年が再度付与されてしまうので、解約しようとしても高額な解約金がかかります。

【GMOとくとくBBの解約金】
19,500円:12ヶ月未満
14,000円:13~24ヶ月未満
9,000円 :25~36ヶ月未満
0円 :37ヶ月目(更新月)
※以降3年毎にくる更新月以外は9,000円かかる。

GMOとくとくBBからの乗り換え先は、WiMAXか他のポケットWiFiのどれがいいの?

特に問題なく利用できていたのであれば、そのまま別のWiMAXに乗り換えるのをおすすめします

WiMAXは、ポケットWiFi全体の中でも、使えるデータ容量が多く、ほぼ無制限で利用できる唯一のモバイルルーターです。

他のデータ無制限でうっているポケットWiFiは、厳密には無制限っぽいだけで、厳密には無制限ではないので、100~200GBほど利用したら1Mbps以下の速度になる速度制限にかかってしまう人もいます。

また、WiMAXはポケットWiFiの中でも通信速度が早く、エリアをうりにしているLTE系のポケットWiFiよりも、一日中通して安定した速度がでます。

LTE系ポケットWiFiは、スマホと同じLTEを使うため、朝・昼・夜のネット利用者野多い時間帯はどうしても遅くなってしまう特徴があります。

WiMAXと他社ポケットWiFiの速度比較

下記3種類のポケットWiFiの実際に計測した速度を比較してみました。

  • SoftBankLTE系ポケットWiFi
  • WiMAX(GMOとくとくBB)
  • WiMAX(BIGLOBE)

SoftBankLTE系ポケットWiFi(それがだいじWiFi)の速度

それがだいじWiFi 東京の速度
1回目11.7Mbps
2回目12.5Mbps

WiMAX(GMOとくとくBB:W05)の速度

GMOとくとくBBWiMAXの実際の速度
遅くなる時間帯36Mbps

WiMAX(BIGLOBE:W06)の速度

w06-speed1
1回目23.8Mbps
2回目21.7Mbps

3つのポケットWiFiで最も遅いのがSoftBankLTE系ポケットWiFiだった

サービス平均速度
SoftBankLTE系
(それがだいじWiFi)
約12Mbps
WiMAX
(GMOとくとくBB)
36Mbps
WiMAX
(BroadWiMAX)
 約22.5Mbps

ポケットWiFiでは、15Mbpsほど出ていれば、不便することがないため、速度面での違いを感じることはないかもしれません。

ただ、WiMAXのほうが速度が出ているのは事実なので、WiMAXのほうが優れていると考えて良いと思います。

料金・プラン面でもWiMAXのほうがお得

まずポケットWiFi各社の、実質月額やキャンペーンをまとめた表を御覧ください。

サービス実質月額特典容量契約年数
UQ WiMAX
(WiMAX)
4,380円0~3,000円
(商品券)
無制限
(3日10GB)
2年
GMOとくとくBB
(WiMAX)
3,379円30,500円
(現金キャッシュバック)
無制限
(3日10GB)
3年
GMOとくとくBB
(WiMAX)
3,323円月額大幅割引
更に3000円キャッシュバック
無制限
(3日10GB)
3年
BroadWiMAX
(WiMAX)
3,295円10,000円+月額割引
(現金キャッシュバック) 
無制限
(3日10GB)
3年
BIGLOBE
(WiMAX)
4,330円15,000円
(現金キャッシュバック)
無制限
(3日10GB)
1年
So-net
(WiMAX)
4,046円月額大幅割引無制限
(3日10GB)
3年
カシモWiMAX
(WiMAX)
3,685円月額大幅割引無制限
(3日10GB)
3年
ASAHIネット
(WiMAX)
3,932円月額割引無制限
(3日10GB)
3年
DTi
(WiMAX)
3,518円月額割引無制限
(3日10GB)
3年
hi-ho
(WiMAX)
4,026円月額割引無制限
(3日10GB)
3年
それがだいじWiFi
(SoftBankLTE)
3,250円なし150GB2年
NEXTmobile
(SoftBankLTE)
2,700円なし30GB2年
縛りなしWiFi
(WiMAX)
3,600円なし無制限
(3日10GB)
3年
よくばりWiFi
(クラウドWiFi)
3,450円なし無制限2年
Mugen WiFi
(クラウドWiFi)
3,280円なし無制限2年
どんなときもWiFi
(クラウドWiFi)
3,480円なし無制限2年
めっちゃWiFi
(クラウドWiFi)
3,480円なし無制限2年
限界突破WiFi
(クラウドWiFi)
3,500円なし無制限2年
SoftBank
(SoftBankLTE)
7,480円なし50GB2年
au
(WiMAX)
4,292円なし無制限
(3日10GB)
2年
docomo
(docomoLTE)
8,400円なし20GB2年

※「よくばりWiFi」「MugenWiFi」「どんなときもWiFi」の3社は新規受付を停止しております。

正直この表を見るだけでもお分かり頂けるかと思いますが、使い放題の中でWiMAXは非常にお得になっています。

他のLTE系のポケットWiFiはデータ容量の制限があったり、平均的に3,500円以上だったりするものもあります。

GMOとくとくBBから乗り換える時のコツ

GMOとくとくBBから乗り換える際、色々悩む事があると思いますが、それぞれの悩みに対して、最適な対策があります。

  1. 【料金を抑えたいなら】初月が安いor無料のWiMAXプロバイダを選ぶ
  2. 【使えない日があると困るなら】BroadWiMAXの即日受取を活用する
  3. 【違約金が発生するなら】BroadWiMAXの違約金負担キャンペーンを使う
  4. 【端末に愛着があるなら】BIGLOBEのSIMのみ契約もあり

この4つのコツを知っておけば、ストレス無くGMOとくとくBBから乗り換える事ができるかと思います。

【初期を抑えたいなら】初月が安いor無料のWiMAXプロバイダを選ぶ

WiMAXの初月にかかってくる費用は、「事務手数料3,000円+初月料金」の2つが合算できます。

このうち、事務手数料3,000円は全てのプロバイダでかかりますが、初月料金に関しては、「日割り」「無料」の2パターンあります。

プロバイダ初月料金端末発送まで契約開始日
UQ WiMAX日割り
(3,880円)
基本4営業日程端末受取日
GMOとくとくBB日割り
(3,609円 or 2,590円)
最短当日
(基本4営業日程)
端末発送日
Broad WiMAX日割り
(2,380円)
最短当日~3日ほど
(店頭受取も可能)
端末発送日
So-net無料基本4営業日後端末受取日
BIGLOBE無料翌日~4日ほど端末受取日
カシモWiMAX全額
(1,380円)
当日~2日ほど端末発送日
DTi WiMAX無料翌日~4日ほど 端末受取日

この場合の考え方は、「いつからそのプロバイダとの契約が始まり、いつから使え、いくら発生するのか?」を見極めることです。

ちなみにGMOとくとくBB WiMAXと同じ月に契約開始となると、「GMOとくとくBBの料金(4,263円)+次のプロバイダの事務手数料(3,000円)+初月費用(日割りor無料)」の3つが同時に発生します。

初期費用を抑える申込タイミングの考え方

最もシンプルな初期費用の抑え方は、GMOとくとくBBと請求を被らせずに、初月無料のプロバイダを選び、翌月に事務手数料3,000円しか請求されないようにすることです。

【補足】
申込をした翌日〜翌々日から契約スタートになるので、月末に申込をすると月初1~2日から契約開始となります。初月日割りならこのタイミングで料金が発生し、初月無料ならこの月は無料となります。

BIGLOBE WiMAXの場合

申込を31日夕方に行い、翌日1日発送となり、2日に届くなら、GMOとくとくBB WiMAXを利用できなくなって1日〜2日間はWiMAXがない状態になってしまいますが、その月は無料です。

余裕をみて29日に申込を行い、1日に届けば利用できない日数もなく、1ヶ月間は無料で利用できることになります。

ただし、BIGLOBEは端末代がかかるので、他プロバイダより月額料金は高いです。

乗り換え先の契約開始月発生料金
解約と同じ月7,263円
(4,263円+3,000円+無料)
解約の翌月1日3,000円
(3,000円+無料)
BroadWiMAXの場合

申込を31日に行い、翌日1日発送となり、2日に届くなら、GMOとくとくBB WiMAXを利用できなくなって1日〜2日間はWiMAXがない状態になってしまい、更に利用日数分の月額料金(2,380円の日割り分)がかかります。

余裕をみて29日に申込を行い、1日に届けば利用できない日数は発生しませんが、1ヶ月分(2,380円)がまるまる掛かることになります。

乗り換え先の契約開始月発生料金
解約と同じ月約7,350円
(4,263円+3,000円+約77円/日)
解約の翌月1日約3,100円
(3,000円+約77円/日)
カシモWiMAXの場合

申込を31日に行い、翌日1日発送となり、2日に届くなら、GMOとくとくBB WiMAXを利用できなくなって1日〜2日間はWiMAXがない状態になってしまい、初月料金(1,380円)が満額かかります。

余裕をみて29日に申込を行い、1日に届けば利用できない日数は発生しませんが、1ヶ月分(1,380円)がまるまる掛かることになりますが、1,380円だけで済むとも言えます。

乗り換え先の契約開始月発生料金
解約と同じ月8,643円
(4,263円+3,000円+1,380円)
解約の翌月1日4,380円
(3,000円+1,380円)

初期費用を抑えるならプロバイダの選択肢は3つ

  • BroadWiMAX
    → 契約期間中のコスパが一番良い!ただし初月に2,380円がまるまる掛かる。
  • DTI
    → 初月が一番安く収まる!コスパは中程度
  • カシモWiMAX
    → コスパは中程度!ただし初月1,380円の月額は必ずかかるが、契約後に面倒な手続きはない。

【使えない日があると困るなら】BroadWiMAXの即日受取を活用する

WiMAXを常に持っていると、WiMAXを使えない日があると不便に感じませんか?

こういった方の対策は、「解約終了日に新しいWiMAXが利用できる状態にする」か「解約した翌日に新しいWiMAXを手に入れる」の2つです。

ただし、解約期間をかぶせると請求がかぶってくるので、できれば解約終了後すぐ手に入る状態にするのが好ましいです。

だからこそ、「解約した翌日に新しいWiMAXを手に入れる」という方法を取るのが望ましいです。

しかし、基本的に申込をしたその日から利用できるWiMAXは3種類しかありません。

  • BroadWiMAXを契約し、即日受取りを活用する
  • 家電量販店で契約する(プロバイダは家電量販店独自)
  • auショップで契約する(プロバイダはau(KDDI))

いっけん、家電量販店やauショップは安心できるように感じますが、20,000〜30,000円は損をするので、おすすめしません。

3つの契約方法による料金の違い

実質月額特典契約期間端末代
BroadWiMAX3,295円現金10,000円
キャッシュバック
3年0円
大手家電量販店4,157円商品券5,000~15,000円
(人気端末は5000円が多い)
3年15,000円
auショップ4,292円基本なし2年不明

結論からいうと、BroadWiMAXの即日受取が一番コスパが高いです。

大手家電量販店系WiMAXを契約しても、毎月の月額料金が500円ほど高く、キャンペーンもあまりお得とはいえません。その上端末代もかかるので、合計で35,000円ほど損をすることになります。

またauショップで契約できるWiMAXも、毎月1,000円ほど差があるので、どのみち35,000円ほど損をします。

限定キャッシュバックは、上記ページからの申込ではもらえないのでお気をつけください。
→ 限定キャッシュバックのキャンペーンページへ

【違約金が発生するなら】違約金負担キャンペーンがある

何らかの理由により、GMOとくとくBB WiMAXを使い続けるのが嫌だ!という人もいるでしょう。

ただ契約期間によって19,500円〜9,000円の解約金が発生します。

この違約金を払ってもいいや!と思うのであれば、お得なプロバイダに申し込みをするのが良いと思います。

ただ違約金を払うのはちょっとなぁ・・・と思う方は、BroadWiMAXの違約金負担キャンペーン(最大19,000円)を利用するのもおすすめです。

→ BroadWiMAXの違約金負担キャンペーンを見る

【端末に愛着があるなら】SIMのみ契約もあり

GMOとくとくBBから乗り換えたいけど、GMOとくとくBBで使ってた端末はまだまだ使える!という方もいます。

そんな向けに、BIGLOBE WiMAXは「SIMカードのみ」の契約ができるようになっており、契約期間も1年間と短く毎月3,980円で利用できます。

端末が古くなってきてバッテリーなどが弱くなったことを理由に1年未満で解約する場合も、解約金が1,000円しかかからないのも魅力です。

端末を有効活用して、縛りを気にせず楽にWiMAXを利用できます。

→ BIGLOBE WiMAXの公式サイトを見てみる

GMOとくとくBBからの乗り換え先プロバイダ比較

ここでは、GMOとくとくBBから乗り換えることを前提として、WiMAXプロバイダの料金やキャンペーンを徹底的に比較しました。

※サービス名をタップ(クリック)でキャンペーンサイトにアクセスできます。

サービス実質月額特典容量契約年数
UQ WiMAX
(WiMAX)
4,380円0~3,000円
(商品券)
無制限
(3日10GB)
2年
GMOとくとくBB
(WiMAX)
3,379円30,000円
(現金キャッシュバック)
無制限
(3日10GB)
3年
GMOとくとくBB
(WiMAX)
3,323円月額大幅割引
更に3000円キャッシュバック
無制限
(3日10GB)
3年
BroadWiMAX
(WiMAX)
3,295円10,000円+月額割引
(現金キャッシュバック) 
無制限
(3日10GB)
3年
BIGLOBE
(WiMAX)
4,330円15,000円
(現金キャッシュバック)
無制限
(3日10GB)
1年
So-net
(WiMAX)
4,046円月額大幅割引無制限
(3日10GB)
3年
カシモWiMAX
(WiMAX)
3,685円月額大幅割引無制限
(3日10GB)
3年
ASAHIネット
(WiMAX)
3,932円月額割引無制限
(3日10GB)
3年
DTi
(WiMAX)
3,518円月額割引無制限
(3日10GB)
3年
hi-ho
(WiMAX)
4,026円月額割引無制限
(3日10GB)
3年
縛りなしWiFi
(WiMAX)
3,600円なし無制限
(3日10GB)
3年
au
(WiMAX)
4,292円なし無制限
(3日10GB)
2年
プロバイダ実質月額初月費用端末代特典契約開始端末到着日
(最短)
契約期間
BroadWiMAX
(限定キャッシュバック)

コスパ最高
3,295円日割り
(2,380円)
0円現金10,000円
キャッシュバック
端末発送日当日3年
BroadWiMAX
(通常キャンペーン)

違約金負担でお得
3,572円日割り
(2,380円)
0円月額大幅割引端末発送日当日3年
カシモWiMAX
OPなしで安心
3,685円日割り
(1,380円)
0円月額大幅割引端末発送日1日後3年
BIGLOBE
SIMのみOK
4,330円無料19,200円現金15,000円
キャッシュバック
端末受取日2日後1年
So-net
特徴なし
4,046円無料0円月額大幅割引端末受取日4日後3年
DTI
初期安め
3,518円無料0円2ヶ月無料
月額大幅割引
端末受取日2日後3年
UQ WiMAX
特徴なし
4,380円無料15,000円商品券
(端末によりナシ)
端末受取日2日後2年
au
高い!
4,880円日割り
(4,263円)
不明なし端末受取日当日2年
ワイヤレスゲート
(ヨドバシカメラ)
高い!
3,880円日割り
(3,880円)
15,000円商品券
5,000~15,000円分
端末次第
端末受取日当日3年

比較表を見てもイマイチ分からないという方がほとんどかと思います。

そこで下記3社のプロバイダで決めるのをおすすめします。

BroadWiMAXは「総合コスパ」「当日受取り」でおすすめ

BroadWiMAXは、WEB申込後に当日受取りができ、実質月額も常に最安値級となっている唯一のプロバイダです。

更に、当サイト経由でのみ「現金キャッシュバック」を行っており、他にはないお得さがあり、年間数千人の方に選ばれています。

お得なプロバイダに乗り換えたい方は、当サイト経由でキャンペーンサイトへ行き、現金キャッシュバックを受けてください。

キャンペーンは予告なく終了する場合があります。

違約金負担キャンペーンと現金キャッシュバックの併用はできないので、違約金負担を希望される方は、下記公式ページよりお申し込みください。

→ BroadWiMAXの公式キャンペーンサイトへ

カシモWiMAXは「オプション不要」「そこそこ安い」からおすすめ

カシモWiMAXのメインビジュアル

カシモWiMAXは、まだ登場して新しいWiMAXですが、無駄がないプラン設計で最安値ではないもの一定の層の方に人気があるプロバイダです。

サポートの対応自体も非常に好印象ですし、オプションをつける必要がないので、「楽にそこそこ安く使えればいい!」という方に強くおすすめします。

【注意】auスマホユーザーはカシモWiMAXはNG

auスマホユーザーがWiMAXを利用すると、「auスマートバリューmine」という、auスマホの利用料から毎月最大1,000円割引を受けられるサービスがあります。

ただ、カシモWiMAXは、auスマートバリューmineに加入することができません。

サービス提供時の契約内容によるものかもしれないので理由はわかりませんが、とりあえずauユーザーが利用するのは損だということです。

BIGLOBE WiMAXは「契約期間が短い」「SIMのみ」でおすすめ

BIGLOBEWiMAXのキャンペーンサイト

BIGLOBE WiMAXは、品質の高いサービスを提供している老舗プロバイダです。

ただ老舗だから人気というわけではなく、WiMAXの中で唯一の1年契約が可能なこと、SIMのみの契約もあること、更に口座振替が利用できることが理由となっています。

GMOとくとくBBを利用されていた方とまた違った層の方に人気がありますが、今のBIGLOBE WiMAXは解約しやすく、そこまで高くないので、安心できる!の一言に尽きます。

結果的に長く使うかもしれないけど、契約上でも縛られるのが苦手な方で、そこそこ信頼できるプロバイダを利用したい方に最適です。

GMOとくとくBB WiMAXのスムーズな解約の手順

GMOとくとくBBの解約方法は2つあります。

  • コールセンターに電話をして解約する
    0570-045-109 (平日10〜19時のみ)
    月・金のお昼は混み合いますが、火・水・木の午前か16時〜18時までの間が繋がりやすいです。
  • WEBで解約する
    GMOとくとくBBの会員サイト「BBnavi」にアクセスし、該当サービスの解約を押す。
    更新月の前月21日〜更新月の20日まで「解約ボタン」が表示されます。

どちらの方法も簡単に解約手続きができますが、WEBでの解約がシッカリとできるか不安な場合、コールセンターに電話して解約するのを推奨します。

ここからは乗り換えに合わせてスムーズな解約手順を解説します。

  1. STEP

    更新月に解約手続きを行う

    GMOとくとくBBの解約方法に従って、解約手続きを行いましょう。
    気をつけなくてはいけないのが、更新月の20日までに手続きが必要だということです。
    必ず前もって解約をしましょう。

    コールセンター:0570-045-109(土日祝休み)
    WEB:BBNAVI

  2. STEP

    契約開始日に合わせて、お得なWiMAXプロバイダを申し込む

    契約開始日はプロバイダにより異なります。
    お好きなプロバイダを、ご自身にとってお得に始められるタイミングで契約開始となるよう、申込をしましょう。

    下記に参考となる情報を再度いれておきます。

    プロバイダ初月料金端末発送まで契約開始日
    UQ WiMAX日割り
    (3,880円)
    基本4営業日程端末受取日
    GMOとくとくBB日割り
    (3,609円 or 2,590円)
    最短当日
    (基本4営業日程)
    端末発送日
    Broad WiMAX日割り
    (2,380円)
    最短当日~3日ほど
    (店頭受取も可能)
    端末発送日
    So-net無料基本4営業日後端末受取日
    BIGLOBE無料翌日~4日ほど端末受取日
    カシモWiMAX全額
    (1,380円)
    当日~2日ほど端末発送日
    DTi WiMAX無料翌日~4日ほど 端末受取日
  3. STEP

    乗り換え先の端末(SIM)が届いたら完了

    GMOとくとくBB自体は解約手続きさえ済んでいれば、月末で自動的に契約終了となり、回線(SIM)が利用できなくなります。

    あとは、新しい端末でWiFi設定を行い、端末で利用できるようにしましょう。
    BIGLOBE WiMAXのSIMのみ契約の場合は、古い端末のSIMカードを取り、新しく届いたSIMカードを指し直すだけで利用できます。

基本的に解約から乗り換えまではこの3つのステップで完了します。

特に複雑な手続きもなく、スムーズにいけばストレスなく乗り換えが可能です。

GMOとくとくBBから快適に乗り換えよう

GMOとくとくBB自体はすごく良いプロバイダだと思います。

ただ、WiMAXというサービスは、最低契約期間が過ぎて継続的に利用するのは、単純に30,000円損をする事になります。

なにより、端末自体も古くなるので、定期的に乗り換えるのが望ましいサービスとも言えます。

GMOとくとくBBからの乗り換えは正しい選択ですので、次もお得なプロバイダを選んでくださいね。

seto

seto

10年以上「光回線」や「ポケットWiFi」の販売に携わってきて感じるのは「大半の人が販売側に都合よく騙されてる」ということです。


よくある勘違いの中に、「キャンペーンで安そうに見えるけど、実はあまりお得ではない回線」もあり、逆に「安く見えないけど、実はお得に使える回線」があり、最適な選び方ができていない方が多いように思います。


ネット回線は、比較で見えないところが重要なので、そのあたりも詳しくご紹介していきます。

カテゴリー:
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA