▽【最新】ポケットWiFiの在庫状況▽

Mugen WiFiの契約はオススメ?実際に使った評価とメリットデメリット

MUGENWIFIはおすすめ?使って見た評価

※2020年9月7日安くなって復活!!

30日間全額返金保証のある、
唯一のポケットWiFi「Mugen WiFi」

10月申し込み分は在庫が全てなくなったようで、申込み順から順次11月1日発送になるみたいです。そのため申込み画面では、11月1日発送オプションしか選べなくなっています。
そのため、今直ぐほしい方は、クラウドWiFi比較から、更にアナタにマッチするポケットWiFiを探してみてください。
→ 在庫のあるクラウドWiFiを徹底比較はこちら

■関連ページ
『Mugen WiFi』と『どんなときもWiFi』を比較!1分でわかるオススメ
→ クラウドWiFi9社を徹底比較

Mugen WiFiの料金・プラン

格安プランアドバンスプラン
※現在選べない
初期
費用
事務手数料
3,000円
事務手数料
3,000円
月額3,150円3,880円
2年
総額
75,600円93,120円
発送まで
(日数)
最短即日最短即日
海外
利用
そのまま
持っていくだけ
エリアA:1,200円/日
エリアB:1,600円/日
そのまま
持っていくだけ
エリアA:1,200円/日
エリアB:1,600円/日
最短
契約
期間
2年間2年間
通信
速度
最大150Mbps最大150Mbps
データ
容量
100GB100GB
制限時
速度
384Kbps384Kbps
端末GlocalMeU2sGlocalMeG4
支払い
方法
クレジットカードクレジットカード

Mugen WiFiは、月額料金の安さと契約期間の短さが特徴的なポケットWiFiなので、いろんなポケットWiFiを調査している方なら安さに気づくはずです。

ただ、安さと使い勝手は別なので、この記事では私が実際に利用してみて感じた個人的な評価をお伝えします。

でもその前に、必ず知っておいていただきたいメリットとデメリットをお伝えします。

Mugen WiFiのデメリットは3つ

Mugen WiFiには下記3つのデメリットがあります。

  1. キャッシュバック特典は無い
  2. クレジットカード払いのみに対応
  3. WiFi同時接続台数が5台と少ない

①キャッシュバックは無い

ポケットWiFiを色々と調べていると、キャッシュバックなどのキャンペーン特典があるWiMAXが目立ちますが、Mugen WiFiにはキャッシュバックなどの特典はありません。

ただその代わり、単純に毎月の支払いが安くなるようなプラン設計になっています。

 Mugen WiFi
mugenwifi-logo
WiMAX
GMOとくとくBBWiMAXのロゴ
キャンペーンなし最大30,500円
キャッシュバック
※月・端末次第
 事務手数料3,000円3,000円
契約期間2年
(24ヶ月)
3年
(37ヶ月)
月額初月:カウントなし
1~24ヶ月:3,150円
初月:日割り
1~2ヶ月目:3,609円

3~36ヶ月目:4,263円
総支払額75,600円152,160円+日割り
月額平均3,150円4,227円+日割り分

まず、最低契約期間中に支払う月額料金を平均すると、Mugen WiFiは1,000円以上もWiMAX最安値級のGMOとくとくBBより支払う金額が少ないです。

ただ、GMOとくとくBBは実際に支払う金額ではなく、総支払額からキャッシュバックを差引して、最低契約月数で割った実質月額で比較されることが多いため、GMOとくとくBBも安くと表現することができます。

計算例

支払い総額(152,160円)-キャッシュバック(30,500円)÷最低契約月数(36ヶ月)=実質月額(3,379円)
このように、Mugen WiFiと同等程度に毎月の実質月額を安く見せかけることができます。

ただし、GMOとくとくBBは、キャッシュバックの受け取りが約1年後、かつ契約して11ヶ月目のキャッシュバックの受け取り手続きが必要で、受け取り忘れリスクを考えると現実的な金額とは言い切れません。

よって、Mugen WiFiはキャッシュバックがない代わりに、リスクなく単純に毎月安く使えるポケットWiFiなのです。

②クレジットカード払いのみに対応

多くのポケットWiFiが同じなので、大きなデメリットと言えないかもしれませんが、ポケットWiFiの中には口座振替に対応しているものもありますが、Mugen WiFiは口座振替に対応していません。

ただクレジットカードをお持ちの方は、問題なく契約することができます。

口座振替に対応したポケットWiFiを見る

③WiFi同時接続台数が5台と少ない

一部のポケットWiFiや、光回線等で利用するWiFiルーターは、同時に10台以上の機器で通信を行うことが可能ですが、Mugen WiFiは最大5台までしか同時に通信できません。

しかし、ほとんどの人は3台同時に繋げれれば充分です。

5台以上接続台数が必要な人は、パソコン・スマホ・タブレット・ゲーム機・スマートウォッチ・スマートスピーカー・テレビなどを常に同時にネット接続するぐらいの人が対象です。

WiFiの設定自体は5台以上行えます。同時に5台以上で通信をすることができないだけです。

Mugen WiFiはメリットが9つもある

サービス開始して間もないポケットWiFiですが、Mugen WiFiには数多くのメリットがあります。

  1. スマホと同じLTE回線でWiMAXより繋がるエリアが広い
  2. 契約期間が2年と短い
  3. 海外134ヵ国でそのまま使える※1
  4. 支払う月額料金が3150円で安い
  5. 端末発送が最短即日と早い
  6. 安心の全額返金保証がある
  7. 充分な通信速度がでる
  8. 途中解約時の解約金が安い
  9. 融通のきくサポート体制

※1 国ごとに料金が異なります。

実際にネットを利用することを前提とした時に、必要なメリットは十分に揃っています。

一つ一つ詳しくみていきましょう。

①スマホと同じLTE回線でWiMAXより繋がるエリアが広い

実際にMugen WiFi回線の対応マップとWiMAX回線の対応マップを用意したのでご覧ください。

Mugen WiFiはクラウドSIMになっており、使いたい場所で強い回線を自動選択して使ってくれます。

最も選ばれる数が多いのがSoftBankのLTE回線です。

関東周辺のエリア比較

■MugenWiFiのエリア

mugenwifi-area

■WiMAXのエリア

wimax-area-tokyo

色のついている箇所が基本的には使える場所となりますが、WiMAXよりもMugen WiFiのほうが、色がついているエリアが広いです。

特に、八王子より西側や千葉県、群馬県の対応状況の差が大きいです。

関西周辺のエリア比較

■MugenWiFiのエリア

mugenwifi-osaka-area

■WiMAXのエリア

wimax-area-osaka

関西圏は、山側での回線対応エリアに大きく差がでています。

特に、兵庫県、京都府、奈良県だとWiMAXが使えないエリアが非常に多く、Mugen WiFiも使えないところはありますが、非常に広い範囲で繋がる回線になっています。

②契約期間が2年と短い

ポケットWiFiを選ばれる人の中でも非常に多い、WiMAXは基本3年契約になっています。

しかし、Mugen WiFiは2年契約なので、WiMAXよりも1年早く違約金を払わずに解約することができます。

最近は、なるほどWiFiやどんなときもWiFiと比較される方が多いですが、契約期間の条件は同じです。

③海外でもそのまま使える※1

MugenWiFiの海外での利用料金プラン

Mugen WiFiは、海外に端末を持って行くだけで、特別な手続きを行う必要なくインターネットが利用できます。

料金は1日〇円といったプランになっており、国ごとに料金が異なります。

プラン名Area1Area2
利用できる国・アジア各国
・ヨーロッパ各国
・アメリカ
・オーストラリア
・中東各国
・アフリカ各国
・南米各国
利用料金1日あたり1,200円1日あたり1,600円
利用可能データ量1日あたり1GB1日あたり1GB

アジア各国、ヨーロッパ各国、アメリカ、オーストラリアでは1日あたり1,200円、中東各国、アフリカ各国、南米各国では1日あたり1,600円でWiFiを利用することができます。

ただ、料金自体は少し割高なので、海外でポケットWiFiを使いたい場合はレンタルされるのをおすすめします。

⇒ 海外で使えるレンタルのポケットWiFiをみてみる

④支払う月額料金『3150円』は最安値級

どんなときもWiFiは、端末の別に月額3,150円と月額3,880円の2種類のプランに分かれています。

MugenWiFi格安プラン

そのプランの中でも、GlocalMeU2sという端末を使える格安プランは毎月3,150円なので、全てのポケットWiFiの中でも最安値級の料金で利用できます。

ライバルのどんなときもWiFiは3480円、ZEUSWiFiは40GBで2980円、WiMAXなどなら4,000円台も普通なので、非常に安い月額料金です。

⑤端末発送が最短即日と早い

ポケットWiFiは、WEBで申し込みすると最短即日発送してくれる会社も増えてきていますが、中には申し込みから3営業日ほどかかってから発送する会社もあります。

そのため、最短即日発送をしてくれるのは、大きなメリットと言えるでしょう。

ただ、即日発送には、平日午後13時、土曜日午前11時までにお申し込みをされた方のみとなり、それ以降は翌日発送となります。

⑥安心の30日おためし全額返金保証がある

30日おためし体験全額返金保証キャンペーン

Mugen WiFiは、条件を満たした方であれば全員、30日間以内は全額返金キャンペーンを使うことができます。

その条件というのは下記を満たした方です。

安心全額返金保証の適用条件

  1. ①フォームからの申込日から30日以内に「安心全額返金保証 希望」の旨と「解約理由」「決済番号」をお 問い合わせフォームより連絡すること。
  2. ②返品の「発送日時」が30日以内であること。
    例)申し込みが8月1日 PM1:00のの場合
    ○保証対象:8月30日 PM7:00の発送
    ×保証不可:8月31日 AM7:00の発送
  3. ③Mugen WiFiのご利用が初めてであること。
  4. ④海外のご利用がある場合、デイリーの利用料金が別途発生いたします。
  5. ⑤50GBを超える容量をご利用頂く場合、9,000円の解約費用がかかります。+端末未返却の場合、翌月〜24 ヶ月分×1,600円の費用が発生いたします。
  6. ※以上①〜⑤の条件を全て満たさない場合、受付を完了できませんためご了承ください。

安心全額返金保証の注意事項

  1. ①箱の破損などや説明書の欠品がある場合、追加費用として20,000円(税抜)が発生します。
  2. ②30日以上を過ぎた場合は違約金が発生致します。
  3. ③返却処理手数料として1,000円(税抜)発生いたします。
  4. ④また送料負担については、申込者側の負担となります。
  5. ⑤海外のご利用がある場合、デイリーの利用料金が別途発生いたします。
  6. ⑥50GBを超える容量をご利用頂く場合、9,000円の解約費用+端末未返却の場合、翌月〜24ヶ月分×1,600 円の費用が発生いたします。
  7. ⑥事務手数料とご利用料金は返金されます。

引用元:Mugen WiFi公式サイト

十分にお気をつけください。

⑦充分な通信速度がでる

Mugen WiFiは、スマホ並みに繋がる回線を利用しているため、十分な通信速度が出るだけでなく、安定した通信が可能です。

mugen-8-15-1
mugen-18-22-2

これは、Mugen WiFiの1日を通した通信速度です。

インターネット利用者の多い時間帯は、少し遅くなっています。(光回線でも通信速度が遅くなる時間帯)

ただ、動画は楽々再生できる程度の通信速度なので、遅く感じることはほとんどありません。

⑧途中解約が安くできる

MugenWiFi解約金

Mugen WiFiの途中解約時の解約金は、安めの設定になっています。

他のポケットWiFiと比較してどの程度安いのか比べてみましょう。

 Mugen WiFiWiMAX
違約金1年未満:9,000円(税抜)
1~2年未満:5,000円(税抜き)
契約更新月:0円
それ以降:0円
1年未満:19,000円
1~2年未満:14,000円
契約更新月:0円
それ以降:9,500円

Mugen WiFiは、自動更新による解約金がなく、1年未満での解約も9,000円で可能となっています。

ただ、2年未満でMugen WiFiを解約する際、端末を返却する必要があります。

返却しない場合は、契約残月数(最大24ヶ月)×1,500円を請求されるのでお気をつけください。

ちなみに、どんなときもWiFiの解約金はWiMAXと同じです。

融通のきくサポート体制

MugenWiFiのスタッフの方に聞いた話ですが、かなり融通聞くと感じたことがありました。

「MugenWiFiを月半ばで申込み方からの依頼で、端末発送を月初になるように遅らせた。」

MugenWiFiは、契約月は日割り料金ではないため、月半ばで契約すると少しだけ損をします。

そのためお客様の要望通り、月初から契約開始した方がお得ということで、申し込み後にサポートセンターへ連絡されたお客様の端末発送を遅らせるようにしたということでした。

実はこういった融通の聞くポケットWiFiはなかなかありません。

Mugen WiFiの口コミ

WEB上にでている口コミをいくつかご紹介します。

Mugen WiFiの良い口コミ

通信速度は高評価か

利便性が良くなったという口コミ

Mugen WiFiの悪い口コミ

速度制限にかかっている人もいる模様

※現在は月100GBプランとなっております。
過去、無制限プランを出していましたが、モバイル回線の公平利用に問題がでるデータ容量を使うと速度制限にかかるとHP上でも規約上でもあります。

速度制限は殆どが使いすぎによるものです。WiMAXでさえ3日間10GBの制限なので月100GB程を目安としていますが、その3倍使えているということになるので、そう考えると安いともいえますね。

端末エラーで再起動しないと繋がらないこともある?

端末エラーは、不便ですが、端末販売メーカー側のファームウェアのアップデート等により、気づいたときには無くなってくるのがほとんどです。

ただあまりに端末エラーが出る場合は故障の可能性もあるので、その際は問い合わせをしましょう。

今集められる、口コミの代表的なもの集めてみました。

ただこれだけでは、本当にMugen WiFiがイイかわからないと言う方も多いと思いますので、代わりと言っては何ですが、実際に利用してみた個人的な評価をシッカリと行なっています。

Mugen WiFiを使ってみた評価

Mugen WiFiを実際に使ってみて評価をしたのは5つのポイントで、個人的な評価は下記の通りです。

通信速度の速さ
(下り通信速度)
★★★★☆
通信の安定性
(繋がりやすさ)
★★★★★
料金に対してのお得さ
(コストパフォーマンス)
★★★★★
契約のしやすさ
(申し込みやすさ)
★★★★☆
契約内容のわかりやすさ
(プランのシンプルさ)
★★★★★

Mugen WiFiを使ってみての評価は、メインで利用しているWiMAXと比較をした結果なので、一つずつご紹介します。

通信速度の速さの評価

場所を選ばず平均22.73Mbpsの通信速度が出ていて安定していました。
評価ポイント:★★★★☆

ポケットWiFiの通信速度を判断する上で大切なのが、多くの人がインターネットを使う、午前8時台・昼12時台・夜18~22時台に通信速度が出るかです。

今回は、外部モニターとしてMugen WiFiをレンタルさせていただけたため、実際に速度を計測した結果を掲載します。

Mugen WiFiの通信速度

mugen-8-15-1
mugen-18-22-2
 Mugen WiFiの速度
8時台5.6Mbps
12時台30.6Mbps
15時台32.1Mbps
18時台40.2Mbps
21時台7.2Mbps
22時台20.7Mbps

通信速度を見てみるとわかるように、出勤時間にあたる8時台と、帰宅してゆっくりしている21時台は、スマホでも通信が遅くなる時間帯と言うこともあり、比較的通信速度は遅めです。

しかし、それ以外の時間帯では20~40Mbpsほどの通信速度が出ているので、遅いと感じることはありませんでした。

WiMAXの通信速度

w06-8-15-1
w06-18-22-2
 WiMAXの速度
8時台4.8Mbps
12時台2.3Mbps
15時台40.7Mbps
18時台1.2Mbps
21時台7.0Mbps
22時台50.4Mbps

WiMAXも、インターネットを使う人が多い時間帯である、8時台・12時台・18時台に少し遅くなっているのがわかります。

ただ、これらの時間帯でも20Mbpsほど出ることもあるので、たまたま計測時に遅めの数字が出てしまっただけとも言えます。

Mugen WiFiとWiMAXの通信速度で比較

ここで一応、Mugen WiFiとWiMAXの通信速度を比較してみました。

 Mugen WiFiWiMAX
8時台5.6Mbps4.8Mbps
12時台30.6Mbps2.3Mbps
15時台32.1Mbps40.7Mbps
18時台40.2Mbps1.2Mbps
21時台7.2Mbps7.0Mbps
22時台20.7Mbps50.4Mbps
平均22.73Mbps17.73Mbps

6つの時間帯で、Mugen WiFiが4つも優っていました。

この結果から、通信速度面においてMugen WiFiの方が優れていると言えるでしょう。

※通信速度は、インターネットを使う環境(端末・回線の混雑状況)が違えば、大きく変わってくるので、あくまでもこの数値は参考程度に考えていただければ幸いです。

通信の安定性(繋がりやすさ)の評価

ポケットWiFiとして最高クラスの繋がりやすさです。
評価ポイント:★★★★★

結論から言うと、「無限WiFiはWiMAXが圏外の場所でも普通に使うことができた」ので、最高評価を与えても差し支えないと思います。

写真で掲載したかったのですが、なかなかピッタリなものを撮ることができませんでした。

月額料金のお得さの評価

ポケットWiFiとして単純に安いです。
評価ポイント:★★★★★

Mugen WiFiの月額料金は3,280円ですが、安いのか高いのかで言うと、かなり安いです。

Mugen WiFiと他のポケットWiFiを比較してみましょう。

 実質月額データ容量制限キャンペーン
mugenwifi-logo3,150円無制限※なし
BroadWiMAX3,295円無制限
(3日10GBはある)
10,000円
キャッシュバック
UQ WiMAX4,258円無制限
(3日10GBはある )
3,000円
商品券
softbankのロゴ3,696円7GBなし
docomo logo6,900円5GBなし
donnatokimowifi3,480円無制限※なし
Y!mobile4,380円無制限※なし

異常なデータ量の通信が行われた際、速度制限にかかる可能性があります。制限時は128~368Kbps(WEBサイトが開けない速度)に制限されます。

契約のしやすさの評価

口座振替があればいいけど、それ以外は他と同じ
評価ポイント:★★★★☆

どんなポケットWiFiもWEBからの契約は、申し込みフォームに入力していくだけなので同じです。

この画面は、Mugen WiFiの端末選択とオプションの加入を選択をした後のフォーム画面です。

その他、基本的にクレジットカード情報等を入力するだけなので、他のポケットWiFiと申し込み方法は変わりません。

これらの理由から、申し込みのしやすさに違いはないと言えます。

契約内容のわかりやすさの評価

WiMAXのようにオプション加入がないから安心できる。
評価ポイント:★★★★★

Mugen WiFiWiMAX
mugen-no-op

例えば、人気のあるWiMAXでキャッシュバックを得ようと思った場合、2種類のオプション加入が必須条件になっています。

ただ幸いなことに、それらオプションは無料期間内で解除することができるので、費用はかかりません。しかし、オプションの解除をし忘れると、このプロバイダの場合は800円の追加料金がかかります。

このようにオプション加入条件があると、契約した後も少し不安が残りますし、契約内容自体がわかりやすいとは言いづらいでしょう。

そういった点において、Mugen WiFiはオプション加入不要なので安心です

Mugen WiFiの評価まとめ

  • 通信速度
  • 繋がりやすさ
  • 月額料金の安さ
  • 契約のしやすさ
  • 契約内容のシンプルさ

この5つの点で個人的に徹底的に評価をしましたが、いずれも良いと感じました。

ただMugen WiFiにおける最も評価できることは、インターネットが本当の意味で使い放題であると言うことです。

なぜなら、WiMAXは使い放題を謳っていながら3日間で10GB使うと速度制限にかかりますが、Mugen WiFiには3日間の制限はありません。

使い放題と言っても、無制限ではありません。異常なほどのトラフィックや、違法ダウンロードなど、電波を占有および悪用の恐れがある場合には、速度制限がかけられます。

本当の意味では無制限ではないとはいえ、普通にMugen WiFiを使う分には、無制限でインターネットが使い放題に感じるでしょう。

Mugen WiFiと他社ポケットWiFiを徹底比較

ここまでは、個人的な評価をお伝えしてきましたが、ここからは他社ポケットWiFiと徹底的に比較してみましょう!

比較対象は、類似サービスである「どんなときもWiFi」と「WiMAXの中でもかなりお得なBroadWiMAX」の2社、Mugen WiFiも入れて合計3社で比較しています。

比較ポイント

・月額料金
・繋がるエリアの広さ
・端末性能
・使い放題プランの条件
・契約期間
等々

では比較をみていきましょう。

Mugen WiFiと月額料金を徹底比較

 
mugenwifi-logo

BroadWiMAXdonnatokimowifi
サービスMugen WiFiBroadWiMAXどんなときもWiFi
キャンペーンなし10,000円CB
月額割引
なし
実質月額料金3,150円3,295円3,480円
契約期間合計75,600円118,620円83,520円
初期費用3,000円3,000円3,000円
契約期間2年間3年間2年間
オプション不要必須必須
通信制限
(使い放題条件)
特になし
(制限時384Kbps)
3日10GBあり
(制限時約1Mbps)
特になし
(制限時128Kbps)
違約金1年未満:9,000円
1~2年未満:5,000円
契約更新月:0円
それ以降:0円
1年未満:19,000円
1~2年未満:14,000円
契約更新月:0円
それ以降:9,500円
1年未満:19,000円
1~2年未満:14,000円
契約更新月:0円
それ以降:9,500円

今、サービス提供しているポケットWiFiの中で、契約者数の多いポケットWiFi2社と比較をしても、Mugen WiFiの料金は間違いなく安いことがわかります。

ちなみに、WiMAX(BroadwWiMAX)と、ものすごく僅差のように感じますが、毎月の請求額に差は出てきます。

 mugenwifi-logoBroadWiMAX
実支払い月額初月:1ヶ月目にカウント
1~24ヶ月:3,150円
(常に同じ)
初月:日割り(0ヶ月)
1~2ヶ月:2,726円
3~24ヶ月:3,411円
25~36ヶ月:4,011円

1〜2ヶ月目はBroadWiMAXの方が安く、3ヶ月目以降から支払い月額料金が上がるため、Mugen WiFiよりも請求額が高くなってしまいます。また、2年目以降に関しては、毎月700円以上高くなります。

しかし、月額料金だけで見るとMugen WiFiは非常に安いですが、その反面、2年以内に解約した場合の違約金と初期費用が少し割高にはなっています。

とはいえ、ポケットWiFiの平均契約期間は2〜3年ほどと言われており、あまり解約される方がいない現状を考えると、契約期間中に解約する前提で契約する人は少ないと思いますので、そこまでのデメリットにならない方も多いでしょう。

ただ、もし1年ほどで解約されるのであれば、BIGLOBE WiMAX(1年契約プラン)のご利用をオススメします。
※1年契約だと端末代19,200円がかかります。

Mugen WiFiと繋がりやすさを徹底比較

Mugen WiFiとどんなときもWiFiは同じLTE回線を使っているため、使えるエリアはほとんど同じだと思っていただくと理解しやすいです。

ちなみに、どんなときもWiFiとWiMAXで決定的に違うのは、山間部の対応エリアの広さです。

次のエリア比較をご覧ください。

関東圏の繋がりやすさ比較

MugenWiFi
(クラウドWiFi)

mugenwifi-area-tokyo

WiMAX
(WiMAX2+)

wimax-area-tokyo

関東において、どんなときもWiFiとWiMAXの繋がりやすさは、千葉県・埼玉県・山梨県・茨城県・群馬県の山間部で大きく異なります。

関西圏の繋がりやすさ比較

MugenWiFi
(クラウドWiFi)

mugenwifi-osaka-area

WiMAX
(WiMAX2+)

wimax-area-osaka

関西において、どんなときもWiFiとWiMAXの繋がりやすさは、奈良県・京都府・兵庫県・大阪府・滋賀県の山間部で大きく異なります。

特に、住宅のある山間部でも繋がらない場所があるので、少しでも不安な方は、Mugen WiFiを選ぶのが理想的ではあります。

繋がるかどうか不安な方は、下記ページにあるピンポイント判定で住所を入力してみてください。

→ Mugen WiFiのエリア判定ページ
※softbankのページにリンクしていますが、同じ回線なので利用するエリアをご覧ください。

→ WiMAXのエリア判定ページ

Mugen WiFiとWiMAXの端末性能を徹底比較

ここでごは、Mugen WiFi端末U2sとG4、WiMAX端末のW06(最も人気)の3種類で比較してみます。

Mugen WiFi端末「U2s」

製品名Glocal U2s
下り最大速度150Mbps
上り最大速度50Mbps
サイズ横幅136×高さ72.2×厚み12 mm
重量188g
使える時間最大12時間
その他機能特になし
月額3,150円

基本的にはシンプルにインターネットが利用できれば良い人向けの端末です。

ディスプレイがない分、無駄な電力消費を抑えられ、12時間もの長時間ネットを連続的に利用することができます。

Mugen WiFi端末「G4」

製品名Glocal G4
下り最大速度150Mbps
上り最大速度50Mbps
サイズ横幅126.5×高さ65×厚み19 mm
重量244g
使える時間最大15時間
その他機能・翻訳機能が使える
・Tripadvisorが使える
・GoogleMAPが使える
月額3,880円

WiFi端末の中でも、最も多くの機能を兼ね揃えたハイスペック端末です。

このG4は、わざわざスマホやタブレットをWiFiに繋ぐ必要なく、翻訳機能・tripadvisor・Google MAPが、G4端末上で利用できるので、海外では非常に便利に利用できます。

しかし、日本をメインに利用するには、不必要な機能でもあり、月額料金もU2sより600円高くなってしまうので、オススメできる端末とは言えません。

WiMAX端末「W06」

wimax-w06
製品名W06
下り最大速度1,237Mbps
上り最大速度75Mbps
サイズ横幅128×高さ64×厚み11.9 mm
重量125g
使える時間最大9時間
その他機能・エコモード設定がある
(最大12時間まで伸びる)
月額3,295円(BroadWiMAX)

WiFi端末の中で、規格上の通信速度は最速な端末ですが、せいぜい20~40Mbpsの通信速度が出る程度です。

ただ、液晶ディスプレイが付いているため、バッテリーを長持ちさせるエコモードなどへの設定や、今月の利用データ容量や現在の時間を、端末で確認できるようになっています。

基本的にあまり設定を触らないかもしれませんが、何か触る際には便利です。

ちなみにWiMAXの中では、2019年10月現在の最も選ばれている端末です。

次で端末を比較してみました。

3つの端末を比較

製品U2sG4W06
下り最大速度150Mbps150Mbps1,237Mbps
上り最大速度50Mbps50Mbps75Mbps
サイズ横幅136 mm
高さ72.2 mm
厚み12 mm
横幅126.5 mm
高さ65 mm
厚み19 mm
横幅128 mm
高さ64 mm
厚み11.9 mm
重量188g244g125g
連続利用時間12時間15時間9時間
その他機能なし・翻訳機能が使える
・Tripadvisorが使える
・GoogleMAPが使える
エコモード設定がある
月額料金3,280円3,880円3,295円
(BroadWiMAX)

この端末比較表を見てお分りいただける通り、通信速度・機能・月額料金というポイントで見ると、下記のような選び方ができます。

  • コンパクトな端末が欲しい人
    →W06(WiMAX)
  • コスパが良い端末が欲しい人
    →U2s(Mugen WiFi)
  • 通信速度ができる限り欲しい人
    →どれも同じ
  • 海外で便利に使いたい人
    →G4(Mugen WiFi)

もちろん端末のデザイン面もあるかと思いますが、基本的には、この考え方で選ぶと後悔は少ないと思います。

[char no=8 char=”wifiおじさん3″]

ちなみに、端末スペックに記載している通信速度は、あくまでも理論上可能なスペックというだけで、基本的に最大速度が出ることはありません。

この3つの端末は、基本5~40Mbpsほどぐらいで安定することが多いです。

[/char]

ちなみに、WEBサービスを使う上で必要な通信速度は下記となります。

sokudo-image

このように、基本的には5~30Mbpsほど出ていれば、快適にインターネットが使えます。

Mugen WiFi公式ページへ

Mugen WiFiを契約する価値はあるか?

Mugen WiFiを契約する価値があるかは、WiMAXと比較をしてみてみるのが良いでしょう。

そして分りやすいよう、ポケットWiFi全体での事実を下記のようにまとめてみました。

基準結論
一番人気のあるWiFiWiMAX
地下や山間部でも満足に繋がるWiFiMugen WiFi
月額料金の安いWiFiMugen WiFi
端末がおしゃれなWiFiWiMAX
速度制限が緩いWiFiMugen WiFi
契約のしやすいWiFiどれも同じ
契約後の手続き不要なWiFi
(オプション不要)
Mugen WiFi
キャンペーンの多いWiFiWiMAX
実際に支払う料金の安いWiFiMugen WiFi
口座振替ができるWiFiWiMAX
バッテリーの持ちの良いWiFiMugen WiFi

どういった要望を元にポケットWiFiを選ぶのかはアナタ次第です。

ただ、「ポケットWiFiは繋がらないと意味のない端末」であるため、しっかりと繋がること安心感のあるポケットWiFiを選ぶのが最良な選択であるのは間違いありません。

そういった点において、Mugen WiFiはWiMAXよりも安定した通信ができるのは回線の特徴からほぼ確実です。

また、料金の安さにおいても最安値のWiMAXプロバイダと同等です。

こういった条件を考えていくと、Mugen WiFiは契約しても安心できるポケットWiFiと言えます。

seto

seto

私は、合計10年以上ブロードバンド回線に携わってきたプロとして、最新のWiFiやネット回線の知識、キャンペーン情報、最適な選び方、おすすめのポケットWiFiやWiMAXの情報をお伝えし、アナタにマッチしたお得でコスパの高いWiFi・回線をご紹介します。

■私のブロードバンド経歴

・7年間、大手家電量販店(ビックカメラ・エディオン・Joshin等)で光回線やポケットWiFi・WiMAX等の販売員

・5年間、auひかり・フレッツ光・YahooBB等の営業

カテゴリー:
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA