▽【最新】ポケットWiFiの在庫状況▽

WiMAXとクラウドWiFiどっちがいいの?ミスマッチを防ぐために知るべき3つの違い

契約するポケットWiFiを探していると、「WiMAX」と「クラウドWiFi」の2種類あるけど何が違って、どっちを選べばいいのか分からないという人が非常に多いです。

このページでは、WiMAXとクラウドWiFiの違いを細かく知っていただき、WiMAXとクラウドWiFiのどちらがアナタに合うのかまで解説します。

ポケットWiFiは3種類ある

WiMAXクラウドWiFiキャリアLTE系
GMOとくとくBB
BroadWiMAX
UQ WiMAX
BIGLOBE WiMAX
So-netモバイルWiMAX2+
カシモWiMAX
JP WiMAX
等々
MugenWiFi
どこよりもWiFi
どんなときもWiFi
Ex Wi-Fi CLOUD
THE WiFi
ZEUS WiFi
限界突破WiFi
等々
FUJI WiFi
縛りなしWiFi
NEXTmobile
au
SoftBank
docomoWiFi
等々

ちなみに、どのポケットWiFiがおすすめなの?という質問がでてきそうですが、「アナタ次第で優れているポケットWiFiが違う」とプロなら誰もが答えます。

というのも、この3つのポケットWiFiの違いは3つあり、A-WiFiは、Eさんは満足に使えるけど、Jさんは全く使い物にならない。ということが確実に起きるからです。

3つのポケットWiFiの違い
  • エリアの広さ(回線)
  • データ通信量(プラン)
  • スマホ割引の有無

それでは違いを詳しく説明します。

エリアの広さの違い

エリアの広さが違う理由は「利用する回線が違う」からです。

ポケットWiFi利用回線
WiMAXWiMAX2+回線
au4GLTE回線
クラウドWiFiau/docomo/SoftBankの4GLTE回線
(全て使える)
キャリアLTE系au/docomo/SoftBankの4GLTE回線
(いずれか一つのみ)

WiMAXの利用回線の特徴

WiMAX2+回線のエリア(関東)
WiMAX2+回線のエリア

メインで利用する回線は「WiMAX2+回線」で、”一度に大容量データの送受信が得意だが、窓から20m以上離れたビルやマンション内、地下やトンネル内、山奥などに回り込むのが苦手”という特性をもった回線です。

ちなみにau4GLTEも利用できますが、毎月7GBまでしか利用できず、超過した場合はWiMAX2+回線も制限にかかってしまいます。(※端末で設定変更可能。デフォルトはWiMAX2+回線のみ)

デメリット
  • ビルやマンションで、壁から20mほど離れると電波が弱くなりがち
  • 山奥・トンネル内・地下だと圏外になりがち
メリット
  • 通信速度はポケットWiFiで最速
  • 伝送遅延がものすごく少ない

クラウドWiFiの利用回線の特徴

3キャリアのLTE回線のエリア

クラウドWiFiは、「au/docomo/softbankのLTE回線」が利用でき、”スマホのように、どんなとこでも繋がるのは得意だが、スマホ利用者の通信速度を害さないようになってるので、利用者が増える時間帯は遅くなる”という特性をもった回線です。

デメリット
  • 朝8:30頃/昼12:30頃/夜18~22:00頃は、通信速度が遅くなりがち
  • いきなり速度制限にかかったように遅くなる事がある
  • 伝送遅延が起きることがよくある
メリット
  • 3キャリアのLTEでエリアが一番広い
  • 地下でもバリバリ繋がる

キャリアLTE系の利用回線の特徴

3キャリアのLTE回線のエリア

キャリアLTE系は、最も多いのが「SoftBankLTE回線」で、”SodftBankスマホのように、どんなとこでも繋がるのは得意だが、スマホ利用者の通信速度を害さないようになってるので、利用者が増える時間帯は遅くなる”という特性をもった回線です。

デメリット
  • 朝8:30頃/昼12:30頃/夜18~22:00頃は、通信速度が遅くなりがち
  • いきなり速度制限にかかったように遅くなる事がある
  • 伝送遅延が起きることがよくある
メリット
  • スマホのようにエリアが広い
  • 地下でもバリバリ繋がる

3つのポケットWiFiのエリアの違いをまとめると…

WiMAXクラウドWiFiキャリアLTE系
通信速度
(通常時)
通信速度
(混雑時)
エリア
(地下)
エリア
(ビルの奥)
エリア
(山奥)
◯
エリア
(トンネル)
エリア
(都市部)
エリア
(田舎)
エリア
(ベッドタウン)
エリア
(海岸部)
総合評価速いけど…
使うエリアは選ぶ

要エリア調査
どこでも使える
でも遅くなりがち

※エリア調査不要
どこでも使える
でも遅くなりがち

※エリア調査不要

WiMAXは、通信速度がめっちゃ速いし安定するけど、利用する場所によっては電波が弱いことがあります。

クラウドWiFiとキャリアLTE系は、エリアはめちゃくちゃ広いけど、通信速度が遅くなりがちです。

データ通信量の違い

WiMAXクラウドWiFiキャリアLTE系
データ容量無制限20~200GB7~200GB
3日制限10GBなしなし
1日制限なし特定の会社である
1日4~7GB
hi-ho Let’s WiFi(4GB/7GB)
THE WiFi(4GB)
限界突破WiFi(5GB)
特定の会社である
1日3GB
docomo
softbank
制限後の通信速度約1Mbps
(youtube観れる)
384Kbps
(サイトはギリ開ける)
192Kbps
(サイトすら開けない)
速度制限時に
難しいこと
高画質動画の閲覧SNSの閲覧・更新
動画の閲覧
画像の多いWEBサイトの閲覧
SNSの閲覧・更新
動画の閲覧
WEBサイトの閲覧
速度制限超過した翌日18時
~
翌々日の早朝2時まで
1ヶ月制限

超過後即〜月末まで
1日制限

超過後即〜23:59分まで
(24時には解除されます)
1ヶ月制限

超過後即〜月末まで
1日制限

超過後即〜23:59分まで
(24時には解除されます)

WiMAXは1ヶ月のデータ容量制限はありませんが、代わりに3日10GBという制限が設けられています。ただ、速度制限はギリ使える速度かつ制限時間帯も1日24時間中の8時間までなので、3時〜17時までは使い放題です。

クラウドWiFiは、1ヶ月で使える容量が決まっているプランと、1日で使える容量が決まっているプランで使い勝手が大きく変わってきます。ただどちらも速度制限にかかると、かなり制限された利用しかできなくなります。

キャリアLTE系は、速度制限にかかるともう殆どの通信が難しくなります。なぜこのWiFiを契約してしまったのか!?みたいに思うかもしれません。

1日◯GBのプランは注意が必要

1日4GBや1日7GBのプランは、1ヶ月合計120GBや210GB使えるので、すごくデータ容量が多いと感じがちですが、1週間のうち利用する日が偏る人は速度制限のオンパレードになってしまいます。

大量のデータ容量が必要なら「WiMAX」を選ぶのが基本

前は無制限のポケットWiFiがありましたが、現在はデータ容量無制限のポケットWiFiはありません。全ての会社で何かしらの制限があります。

先程も少しだけ説明しましたが、WiMAXだけは無制限に近いです。

3日10GB制限だけど、実は200GB以上使える

WiMAXの3日10GB制限には抜け道があり、月200〜300GBでも利用することが可能です。

その理由は”直近3日間の総データ量が10GB”という意味だからです。詳しくは下記資料を御覧ください。

この資料では3日目に10GBを超え、6日目で直近8GBになり、7日目に速度制限は解除されました。
ここでちょっとした裏技があり、例えば3日目に100GB使っていたとしても、7日目には速度制限が解除されるわけです。

もっというと、ある意味4日ごとに使いまくれる日があるということになります。

更に、速度制限も非常に緩く、通信速度は「youtubeが閲覧できる程度の1Mbps(他社の10倍)」、速度制限に掛かる時間帯は「18:00~翌2:00までの8時間のみ」となっています。

もし、3日制限にかかった状態でも、朝3時〜夕方17時までは高速通信が使い放題なので、夜は家のWiFiを使うという人なら、ほとんど使い放題です。

完全無制限ではないにせよ、WiMAXはポケットWiFi全体の中で、最もデータ容量を使えるというわけです。

※ただし、あまりに使いすぎると、WiMAX回線契約者全体の公平利用の妨げとみなされ、ペナルティー的な速度制限に掛かる可能性があります。(まだ聞いたことはないので、どこまで使えるかは不明です。)

こういった理由で、無制限に使い放題のポケットWiFiがほしい人は、WiMAXを選ぶのがおすすめです。

そもそもデータ容量はどのぐらい必要?

利用するデータ容量は、人によって1日10GBぐらい使う人もいれば、1GBも使わない人がいるぐらい千差万別で、平均で選ぶことができません。

利用するデータ容量の目安

スマホで利用するか、PCで利用するか、TVでも利用するかによって、利用するデータ容量が大幅に変わります。

どのくらい1時間あたりのデータ容量が変わるのか参考にしてください。

スマホ・PCTV
NETFLIX
(画質オート設定時)
約0.7~3GB/1h
40GB:13~57時間
100GB:33~142時間
約3~7GB/1h
40GB:5~13時間
100GB:14~33時間
dTV
(画質オート設定時)
約0.5GB/1h
40GB:80時間
100GB:200時間
約1.5~2GB/1h
40GB:20〜26時間
100GB:50〜66時間
Hulu
(画質オート設定時)
約1.2GB/1h
40GB:33時間
100GB:83時間
約1.8GB/1h
40GB:22時間
100GB:55時間
Tver
(画質オート設定時)
約0.8GB/1h
40GB:50時間
100GB:125時間
約1.5~2GB/1h
40GB:20〜26時間
100GB:50〜66時間
Amazon
プライムビデオ
(画質オート設定時)
約0.6GB/1h
40GB:66時間
100GB:166時間
約1.8~5.8GB/1h
40GB:7〜22時間
100GB:17〜55時間
TikTok
(画質オート設定時)
約0.6GB/1h
40GB:66時間
100GB:166時間
TV視聴想定外

参考時間ですが、スマホやPC、タブレットで閲覧するのと、TVで閲覧するのでは利用するデータ容量に差があります。というのも、画面が大きくなればなるほど、キレイな画質にするために大量のデータ通信が必要になるからです。

動画配信サービスでも、スマホならSD画質で問題なくても、TVなら荒れてみえるので高画質でみる方がほとんどです。

実際のとこ、そんな長時間利用できないので、TVで動画配信サービスを観る方は、ほぼ確実に光回線にしないと速度制限に月の早い段階でかかります。

※WiMAXでも異常なほど(500GB~1000GB以上)利用する人は、強制解約などのペナルティーを受けます。

自分が使っているデータ容量の確認方法

WiFiに繋ぎたい端末によって計測方法は異なります。

iPhone・iPad

「設定」→「スクリーンタイム」→「すべてのアクティビティを確認する」

スクリーンタイムで分かるアプリの利用時間から計算することができますが、正確な通信量がわかるわけではありません。

Android

「設定」→「データ使用量」→「Wi-Fi」

WiFi経由で利用したデータ通信量がわかります。ただOSバージョンや機種によって計測期間が違ったりします。

Windows PC

「すべての設定」→「ネットワークとインターネット」→「データ使用状況」

これで30日間のデータ通信量の確認が可能です。ただし正確な数字でない場合があります。

Mac PC

「Launchpad」→「その他」→「アクティビティモニタ」

PCを立ち上げてからのデータ通信量(受信・送信別)が見れます。

ただ1週間や1ヶ月等の総量は見れず、1日の使用量の確認となります。

他の計測方法

スマホやタブレットは、アプリで計測することが可能です。

「アプリ検索」→「データ通信量」

PCは、「NetWorx」というソフトを利用すれば計測できます。
ただ、無料で利用できるのは15日間のトライアル期間のみなので、その時にある程度計測してしまいましょう。

TVで利用しているデータ通信量の計測方法

TVに計測機能はなく、回線やプロバイダ等の会員ページ等から確認できる事が多いです。

ただ、auひかりだとプロバイダの管理画面しかなく、回線提供元のKDDIの管理画面はないので、計測できません。

データ通信量からマッチするポケットWiFiを選ぼう

簡単に、いくつかのパターンに分けて、マッチしやすいポケットWiFiが分かるようにしました。

WiMAXクラウドWiFiキャリアLTE系
週末だけ集中的に動画をみる
(週末集中型)
××
動画は夜しかみない
(夜型)
×××
動画は昼しかみない
(端末:TVメイン)
××
毎日時間問わず動画をよく観る
(常に全力)
×××
動画は1日1時間未満
(控えめ)
基本仕事で使う
(ビジネス)

参考にしてみてください。

スマホ割引の有無

WiMAXクラウドWiFiキャリア系WiFi
auauスマートバリューmine
最大1,000円割引/1台
なしなし
docomoなしなしなし
softbankなしなしなし
格安スマホUQモバイルギガMAX月割
最大500円割引 /1台
なしなし

ポケットWiFiには、グループ会社のスマホが割引になるキャンペーンがあり、今はWiMAXだけ「auスマホ」か「UQモバイルスマホ」の割引を受けることができます。

ちなみに、キャリアLTE系ポケットWiFiのsoftbankとdocomoも過去にはありましたが、今はスマホプランの充実により無くなったようです。

さて、スマホ割引キャンペーンをうまく活用できれば、通信費全体が他のポケットWiFiより安くなります。

そうなると、auスマホ利用者とUQモバイルスマホ利用者は、WiMAXをメインにおいて、エリア状況等も参考にどれにするのか決めると安く利用できる可能性が高いというわけです。

まとめ

WiMAXとクラウドWiFiをメインに、3つの違いをご説明しました。

  • エリアの広さ(回線)
    WiMAXは速いけど、地下や室内の奥側で弱い。クラウドWiFiはエリアが超広いけど、速度が遅くなることが多い。
  • データ通信量(プラン)
    利用スタイルによってWiMAXかクラウドWiFiに分かれます。実質無制限なのはWiMAXですが、夜だけ通信量が多い人は向いていないこと、また1日◯GB制限は利用スタイルによって注意が必要なこと。
  • スマホ割引の有無
    スマホ割引はWiMAXしかなく、auスマホとUQモバイルが対象である。だからこの2社のスマホ利用者はWiMAXメインで考えると通信費が下げられる可能性が高いこと。

ポケットWiFiの選ぶ際に重要なのは、「住んでいるエリアがサービス提供範囲か」がまず第一。そして第二に「利用スタイルに見合ったデータ通信量が確保できているか」の2点が重要です。

また、WiMAXもクラウドWiFiも色んな会社があり、どの会社を選ぶかで安さが変わります。ぜひしっかりと比較をして、アナタにとってコスパが高いポケットWiFiを選んでくださいね!

seto

seto

私は、合計10年以上ブロードバンド回線に携わってきたプロとして、最新のWiFiやネット回線の知識、キャンペーン情報、最適な選び方、おすすめのポケットWiFiやWiMAXの情報をお伝えし、アナタにマッチしたお得でコスパの高いWiFi・回線をご紹介します。

■私のブロードバンド経歴

・7年間、大手家電量販店(ビックカメラ・エディオン・Joshin等)で光回線やポケットWiFi・WiMAX等の販売員

・5年間、auひかり・フレッツ光・YahooBB等の営業

カテゴリー:
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA