最安がわかるWiMAXプロバイダの徹底比較

GMOとくとくBB WiMAXを契約前の完全マニュアル|キャッシュバックの受け取り忘れを防ぐ3つの方法

GMOとくとくBBの契約方法やキャッシュバックの手順

GMOとくとくBB WiMAXは、「キャッシュバックキャンペーン」と「月額割引キャンペーン」の2種類のキャンペーンがありますが、どちらにもキャッシュバック特典がついています。

そんなGMOとくとくBB WiMAXを申込みする予定の方は、知っておくべき契約前の注意点が最低5つはあります。

契約前に知っておくべき注意点
  • GMOとくとくBB WiMAXのキャッシュバックの注意点
  • GMOとくとくBB WiMAXのキャッシュバック手続きを忘れないようにする方法
  • 公式ページと公式特別キャンペーンページの特典内容の違い
  • キャッシュバックが受け取れなかった場合の他社プロバイダとの料金差
  • GMOとくとくBBのキャッシュバック受取り後に解約するときの手順
    …etc

少しでも安く、お得にGMOとくとくBBのWiMAXサービスを利用するために、選んで後悔しないために、最後までお読みください。

GMOドコモ光のキャッシュバックは下記ページを御覧ください。
https://gmobb.jp/service/docomohikari/campaign/

このページの目次

GMOとくとくBB WiMAXは他社プロバイダより安い?

結論からいうと、GMOとくとくBBはWiMAXプロバイダの安さランキングで、常にTOP3以内に君臨しているプロバイダです。

〜 TOP3 〜

順位ランキング1位ランキング2位ランキング3位
会社名GMOとくとくBB
(月額割引)
BroadWiMAXGMOとくとくBB
(キャッシュバック)
ロゴGMOとくとくBBWiMAXのロゴBroadWiMAX-LOGOGMOとくとくBBWiMAXのロゴ
実質月額3,268円3,295円3,365円
キャンペーン月額大幅割引
キャッシュバック
5,000円
月額大幅割引
キャッシュバック
10,000円
キャッシュバック
31,000円
CB受取り時期
(受取りやすさ)
12ヶ月後
(★☆☆☆☆)
2~3ヶ月後
(★★★★★)
12ヶ月後
(★☆☆☆☆)
回線WiMAX2+
au4GLTE
WiMAX2+
au4GLTE
WiMAX2+
au4GLTE
端末W06/WX06
…etc
W06/WX06
…etc
W06/WX06
…etc
契約期間3年3年3年
違約金12ヶ月未満:19,000円
13~24ヶ月:14,000円
25〜36ヶ月:9,000円
37ヶ月目:0円
12ヶ月未満:19,000円
13~24ヶ月:14,000円
25〜36ヶ月:9,000円
37ヶ月目:0円
12ヶ月未満:19,000円
13~24ヶ月:14,000円
25〜36ヶ月:9,000円
37ヶ月目:0円
おすすめ度★★★★★★★★★★★★★★☆
 詳細をみる詳細をみる詳細をみる

■ ランキング詳細 ■

順位プロバイダ実質
月額料金
3年
実質合計
キャンペーン
(特典)
請求
月額料金
契約
期間
支払方法
1位GMOとくとくBB
(月額割引)
3,268円117,660円5,000円CB
月額大幅割引
1~2ヶ月:2,170円
3~36ヶ月:3,480円
3年間クレカ
2位BroadWiMAX
(限定キャッシュバック)
3,295円118,626円10,000円CB
月額大幅割引
1~23ヶ月:2,726円
3~24ヶ月:3,411円
25~36ヶ月:4,011円
3年間クレカ
3位GMOとくとくBB
(キャッシュバック)
3,365円121,160円31,000円CB1~2ヶ月:3,609円
3~36ヶ月:4,263円
3年間クレカ
4位BroadWiMAX
(通常キャンペーン)
3,573円131,160円月額大幅割引1~23ヶ月:2,726円
3~24ヶ月:3,411円
25~36ヶ月:4,011円
3年間クレカ
口座振替
5位DTI WiMAX
(月額割引)
3,590円129,260円月額大幅割引1ヶ月:0円
2~3ヶ月:2,590円
4~36ヶ月:3,760円
3年間クレカ
6位カシモWiMAX
(月額割引)
3,685円132,668円月額大幅割引1ヶ月:1,380円
2~24ヶ月:3,580円
25~36ヶ月:4,079円
3年間クレカ
7位BIGLOBE WiMAX
(キャッシュバック)
4,096円147,480円15,000円CB毎月:3,980円1年間クレカ
口座振替
8位UQ WiMAX
(定価)
4,296円154,680円特になし毎月:3,880円2年間クレカ
口座振替
6社のうちキャンペーンを分けて掲載しています。

※1 実質月額は下記計算方式で算出しています。
(請求月額の総額-キャッシュバック÷最低契約期間)

月額割引額が最も大きく、また更に5,000円キャッシュバックがついているので、実質月額にしてみると最安値にランクインしています。

結果、GMOとくとくBBは、どちらのキャンペーンを選んでも間違い無くお得なWiMAXプロバイダといえます。

GMOとくとくBBは「キャッシュバックCP」と「月額割引CP」のどっちがおすすめ?

結論からお伝えすると、「月額割引キャンペーンのほうがおすすめ」です。

月額割引キャンペーンがおすすめな理由

理由は明確で「キャッシュバックの受取り忘れリスクを考慮しても、ほぼ最安値級でWiMAXが使えるから」です。

逆にキャッシュバックキャンペーンの場合、キャッシュバックを受け取り忘れると、高額WiMAXに変わってしまいます。

どのような料金差が生まれるのかをみてみましょう。

キャッシュバックを受け取れた場合

キャッシュバック月額大幅割引
GMOとくとくBBキャッシュバックGMOとくとくBBWiMAX月額割引
キャンペーン30,000円CB5,000円CB
実際の
月額料金
(総合計)
1~2ヶ月目:3,609円
3~36ヶ月目:4,263円
(152,160円)
1~2ヶ月目:2,170円
3~36ヶ月目:3,480円
(122,660円)
3年間
実質合計
122,160円117,660円
実質
月額料金
3,393円3,268円

キャッシュバックを受け取れなかった場合

キャッシュバック月額大幅割引
GMOとくとくBBキャッシュバックGMOとくとくBBWiMAX月額割引
キャンペーン30,000円CB5,000円CB
実際の
月額料金
1~2ヶ月目:3,609円
3~36ヶ月目:4,263円
1~2ヶ月目:2,170円
3~36ヶ月目:3,480円
3年間
総合計
152,160円122,660円
29,500円安い
実質
月額料金
4,227円3,407円
820円安い

GMOとくとくBB WiMAXは、キャッシュバックを受け取れた場合でも受け取れなかった場合でも、月額割引キャンペーンのほうがどっちにしても安いです。

キャッシュバックキャンペーンだと、キャッシュバックを受け取れなかった場合は、安さランキングでも最下位クラスに転落します。

結果、キャッシュバックが遅いので、手続き忘れのことも考慮して、最初から月額割引キャンペーンに申し込むのがおすすめです。

GMOとくとくBB WiMAXのキャッシュバックの注意点

  • 申込みするサイト次第でキャッシュバック額が減る
  • 端末によってキャッシュバック額が違う
  • キャッシュバックの受け取り忘れに注意

原則、キャッシュバックを受けるのには条件があります。

申込みサイト次第でキャッシュバック額が減る

GMOとくとくBBの申込み窓口は2種類あります。

見ていただいたとおり、どちらも公式キャンペーンで条件は同じですが、キャッシュバック金額が1,000円〜4000円は違います。(※時期により差は変わる)

おうちネットプラスから行ける「GMOとくとくBB公式特別キャンペーンサイト」は、キャッシュバック最高額となるように調整されているようで、通常公式キャンペーンよりお得に契約することができます。

端末によってキャッシュバック額が違う

GMOとくとくBBが扱っている端末は4〜5機種ありますが、端末によってキャッシュバック額が異なります。

機種キャッシュバック金額
(キャッシュバックCP)
キャッシュバック金額
(月額割引CP)
W0630,000円5,000円
WX0630,000円5,000円
WX06
クレードル付き
26,000円5,000円
クレードルは3,619円で購入
HOME L0231,000円5,000円
HOME0231,000円5,000円

時期によって、端末によるキャッシュバック額の違いが無くなることもありますが、1年のうち半分以上は端末の機種ごとでキャッシュバック金額が変わります。

ただ、月額割引キャンペーンのキャッシュバック金額は変わりませんが、クレードルは有料での購入になります。

キャッシュバックの受け取り忘れに注意

GMOとくとくBB WiMAXのキャッシュバックは受け取り忘れが非常に多いです。

・キャッシュバック特典はGMOとくとくBBより端末発送月を含む11ヶ月目にお申込み時に新規で作成される基本メールアドレス宛に、キャッシュバック特典の振込みに関するご指定口座確認のご案内メールをお送りしますのでそちらをご確認の上、お振込み先の口座情報をご登録ください。

引用元:GMOとくとくBBの注意事項

GMOとくとくBBのキャッシュバックメールはいつ届くの?

キャッシュバック手続きに必要なメールが届くのは、「端末発送した月を含む11月目のいつか」です。

メールの送信日が決まっているわけでもなく、月半ば(15日頃)に届く人もいれば、末近くに届く人もいるので、時期はバラバラです。

そのため、11ヶ月目の月末に確認すればほぼ確実に入っているでしょう。

GMOとくとくBBのキャッシュバック手続きを忘れるとどうなるの?

手続きを期間内に行わない場合、「キャッシュバックの受け取り権利が失効」します。

かならず、キャッシュバックの手続きメールが届いた翌月末(端末到着月含む12ヶ月目の末日)までに、手続きをおこなってください。

救済措置もないようなので、しっかりと受け取るようにしてくださいね。

GMOとくとくBBのキャッシュバックメールが来ていない場合

稀にキャッシュバックメールが届かないことがあるようです。

その場合下記のことが考えられます。

  • キャンペーンサイトから確実に申し込みができていない
  • システムエラーにより送信できていない

こういった問題には直接お問い合わせ頂く必要があります。

GMOとくとくBBお客様窓口

■TEL
0570-045-109
■お問い合わせフォーム
https://help.gmobb.jp/app/ask/

GMOとくとくBB WiMAXのキャッシュバックを確実に受取るための対策4つ

GMOとくとくBB WiMAXのキャッシュバックは、受け取るための手続きができるのがプロバイダの中で最も遅い11ヶ月後です。

だからこそ、確実にキャッシュバックの受け取るには、受け取り手続きを忘れないように対策をしておく必要があります。

それでは対策をみていきましょう。

それぞれのキャッシュバック受取対策に役立つコピペ文章

GMOキャッシュバック手続き用のコピペ分

GMOとくとくBB WiMAXのキャッシュバック手続きをすぐしよう。

■手続きの手順

1.GMOとくとくBBメールシステムにログインする。
https://webmail.gmobb.jp
※スクショかメモを確認。

2.手続きメールを確認する。
メールタイトル:『【GMOとくとくBB】キャッシュバック特典お持ちのお客様へご案内』

3.口座情報を入力する。
キャッシュカード、通帳のどちらかを用意して、確実に入力しよう。

※注意
口座情報を間違えると受け取れなくなる。

以上。

今すぐしないと忘れちゃうよ!

【対策1】LINEの予約送信を使う(iPhone専用)

iPhone(iOS)専用アプリで、LINEの予約送信ができるツールがあります。

個人宛の送信はできませんが、自分ひとりのグループを作成して、自分だけに送信することができるので便利です。

ちなみに、別のLINEグループで飲み会やイベントごとのアナウンスを、予約送信することもできるので、色んな使い方ができるアプリでもあります。

予約送信アプリでキャッシュバックの受取り忘れを防ぐ手順

アプリをダウンロードしたあと、上記画像の1〜12までやれば簡単に予約送信できるようになります。

ちなみに予約送信に利用する文言は下記をコピペしていただくと早いです。

【対策2】スマホカレンダーのリマインド機能を使う

カレンダーの種類
  • スマホ独自のカレンダー
  • Googleカレンダー

カレンダーのリマインド機能は、好きな日数分入れることも可能なので、11ヶ月後月末〜翌月にかけて1週間ほど「GMOとくとくBBのキャッシュバック受け取り手続きをする!」みたいな予定を入れておくのがおすすめです。

そうすると1日目は忘れても、毎日スマホのトップ画面にリマインド通知がくるので、忘れ防止ができます。

Googleカレンダーを利用される場合は下記よりダウンロード可能です。

→ Androidでグーグルカレンダーを取得
→ iPhoneでグーグルカレンダーを取得

【対策3】メールの予約送信設定をする

予約メールの種類
  • Gmail(スマホ・PC)
  • ワンタイムマシンメール(スマホ・PC)
    ※ブラウザツールなので急にサービス終了となる可能性がある

Gmailの予約送信方法

最近、Gmailでも予約送信機能が使えるようになりました。

ただスマホで設定するときは、誤作動なのかうまく設定できないので下記画像の様に操作してください。

後は送信するだけです。

ワンタイムマシンメールの予約送信方法

ワンタイムマシンメールにアクセスして、上記画像の通りに設定するだけで完了です。

■ワンタイムマシンメール
https://www.onetime-mail.com/tm

【対策4】GMOメールをスマホでよく使うメールアドレスに転送する

GMOメールから自分がよく使うメールアドレスに、メールを転送することが可能です。

ただメルマガも同時に届いてしまうので、少し鬱陶しい方法になりますが、スマホでそのままメールの確認ができるので楽です。

ただ、メールサーバーの設定が必要になるので、機械が苦手な方はおすすめできない対策です。

※もしされる場合は、できる限りスマホに設定をしてください。
(パソコンでメールを見ずに受け取り忘れをした方が多数いらっしゃいます。)

→ iPhoneでのメールの設定方法
→ Androidでのメールの設定方法

GMOとくとくBB WiMAXを最安値で契約するための手順

【1】最もお得なGMOとくとくBBのキャンペーンサイトへ

GMOとくとくBBには2種類のキャンペーンがあります。

  • キャッシュバックのキャンペーン
  • 支払月額料金が最安値の月額割引のキャンペーン

GMOとくとくBB WiMAXは、家電量販店等の店舗で申し込みできません。
WEB申込み専用となっております。

▶︎キャッシュバックが欲しい方はこちら

GMOとくとくBBキャッシュバック
転載:GMOとくとくBB
公式特別キャンペーン公式キャンペーン
キャンペーン31,000円
キャッシュバック
30,000円
キャッシュバック
月額料金1~2ヶ月目:3,609円
3~36ヶ月目:4,263円
1~2ヶ月目:2,170円
3~36ヶ月目:3,480円
実質月額3,365円3,393円

ほんの少しでも、キャッシュバックがお得に申込みできる「公式特別キャンペーン」をご利用ください。

▶︎毎月の月額を安く抑えたい方はこちら

GMOとくとくBB月額割引
転載:GMOとくとくBB
公式特別キャンペーン公式キャンペーン
(取扱なし)
キャンペーン月額大幅割引

5,000円
キャッシュバック
月額料金1~2ヶ月目:2,170円
3~36ヶ月目:3,480円
実質月額3,268円

2、特別キャンペーンサイトにある「お申込み」ボタンをタッチ

キャンペーンサイトの様々な場所にある、「今すぐ簡単お申込み」や「お申し込み」ボタンを押してください。

3、利用したい端末を決める

GMOWiMAX端末選び

まず最初に端末を選びましょう。

W06かWX06はどっちがオススメか

WiMAX端末は、今はW06がオススメです。

その理由は、WiMAXを利用するうえで最も大切な通信速度が一番早いからです。

また他にも下記のような理由があります。

  • 通信速度1,237Mbps(通常558Mbps)で最速
  • Wシリーズの方がアンテナ感度が高い
  • 端末が薄いから持ち運びしやすい
  • W06はモード自動切替機能がある

上記ポイントを踏まえながら詳しくご説明します。

WiMAX端末を3つのポイントで比較

WiMAX端末の比較表

この比較表では、実際にWiMAXでネットに繋ぐときに重要となるスペックだけに絞っています。

特に注目すべきは赤字にしていますが、重要なところから順に説明します。

①高性能ハイモードアンテナの方が繋がりやすい

WiMAXの通信規格による違い

室内でも野外でもネット通信する際の安定性はW06の方が良好です。

ここで見るべきポイントは、通信技術に記載している下記2点です。

  • W06の高性能ハイモードアンテナ
  • WX06のWiMAXハイパワーモード

この2つの通信技術はどちらも、通信環境が悪い場所で通信品質がパワーアップする機能です。

ただ、どちらも厳密には少し違った特性を持っています。

「W06の高性能ハイモードアンテナ」と「WX06のWiMAXハイパワーモード」の違い

簡単に解説すると、下記のような違いがあります。

  • 高性能ハイモードアンテナ(W06)
    →通信時に受け取る電波のを増やす通信技術

  • WiMAXハイパワーモード(WX06)
    →通信時に受け取る電波のを増やす通信技術

WiMAXの端末の中にはアンテナが4つ搭載されており、同時に4つのアンテナで電波を受けていますが、電波の弱い場所だと1つのアンテナでしか電波を受け取れなかったりします。

1つのアンテナでも受信できていれば少し遅くはなるが通信はできるので、その一つのアンテナで通信できる量を増やして通信速度を少し上げようという技術がWiMAXハイパワーモード

複数のアンテナで受信できる方が電波環境が良くなり速度が安定するので、そもそもの受信できるアンテナの数を増やして電波環境と通信速度を改善しようという技術が、高性能ハイモードアンテナです。

それぞれの違いをわかりやすく表にすると下記のようになります。

WiMAX通信規格による違い
  • WX06は通信速度が少し向上する
  •  W06は電波が良くなり通信速度が少し向上する

どちらも似たようなもののように思いますが、通信技術を向上させるアプローチが全然違うため、より通信品質が向上するのはW06なのです。

ワイワイ博士

ワイワイ博士

WiMAX2+回線の特徴として、通信速度は早いですが、室内で利用する際や窓から離れた場所で利用すると、電波の入りが少し弱くなる特徴があります。

WiMAXハイパワーや高性能ハイモードアンテナは、こういった時に力を発揮してくれる機能なので、カフェや自宅でインターネットを利用するなら非常に心強い機能です。

よって電波の強い端末が良い方は、高性能ハイモードアンテナを搭載しているW06がオススとなります。

②バッテリー持ちの長さはWX06が一番

WiMAX端末バッテリーの長さ比較

WiMAX端末にはバッテリー設定が、『ハイパフォーマンス・スタンダード・エコ』の三段階あり、ハイパフォーマンスはバッテリー消費が多くなる代わりにアンテナ感度&処理速度を上げて通信速度を向上してくれます。

その反面、エコモードはバッテリー消費を抑える代わりに、アンテナ感度を下げて処理速度も下げるため、通信速度は30%~40程低下(※個人的な所感)します。

そのエコモードで比較した場合、2時間20分もWX06の方がバッテリーが長持ちします。

ただ、これはあくまでもスペック上の数字であり、実際に使ってみると14時間も持ちません。なんなら利用環境次第で、バッテリーが熱を持ち、もっと消費が早くなる場合もあるため、ほとんど参考程度に考えておくのが望ましいです。

WiMAX2+回線の特徴として、通信速度は早いですが、室内で利用する際や窓から離れた場所で利用すると、電波の入りが少し弱くなる特徴があります。

ワイワイ博士

ワイワイ博士

ちなみに、超高画質(4K)の動画視聴をする場合は、エコモードだと速度が足りないことも多く、ハイパフォーマンスモードにするのがオススメです。

③通信速度はW06が圧倒的に早い

WiMAX端末の速度比較表

※W06の1,237Mbpsは、ハイスピードプラスエリアモードかつ特定のエリアでのみとなります。

通信速度は、WX06とW06を比較してみると桁違いの差があります。

表には記載していませんが、WX06とW06で全く同じ環境化で利用する場合、最高下り速度は「W06:558Mbps」「WX06:440Mbps」となり、118Mbpsも差があります。

ワイワイ博士

ワイワイ博士

W06はWX06よりも25%程速いと言うことです

通信速度は、利用するエリアや環境により速度が大きく変わります。
W06もWX06も実際は30~40Mbps程が平均となっています。
ちなみに実測値もW06の方が若干速いかなという程度です。

WiMAX端末の実測値はスペック表とは違うので注意

w05-wx04 speed
W05WX04
8.70Mbps7.124Mbps

WiMAXは、使うエリアの電波状況とタイミング、ネットを利用する端末次第で通信速度が変わるので、WiMAX端末のスペック表に記載している速度は全くあてになりません。

もちろん、速度が出るときは、20Mbps~50Mbpsほど出る場合もありますが、最大で80Mbps程度の通信速度までしか見たことがありません。

※この通信速度がこの日に出た最高速度でした。

au4GLTEを利用した際の708Mbpsといった通信速度は100%出ないので、あくまでも理論上の数値だとお考えください。

ちなみに10Mbpsもでていれば、高画質の動画配信サービスでも止まることは無いのでご安心ください。

W06とW05のau4GLTE利用時は通信速度が速くなるが注意もある

比較表のW06とW05の通信速度を見ると、au4GLTE利用時の通信速度が異様に速くなっていますが、それはau4GLTEとWiMAX2+回線の同時利用することになり、一度に処理できる通信量が増えるためです。

しかし、au4GLTE回線を利用するのは注意が必要です。

まずau4GLTEを利用するには、端末の通信モード設定を「ハイスピードプラスエリアモード」に変更するだけで、au4GLTEを利用することができるようになります。

しかし2つの注意が必要です。

  • ギガ放題プランの3年契約以外のプランだと1,005円が別途かかる
  • ハイスピードプラスエリアモードで7GB超過すると速度制限(128Kbps)にかかる

WiMAXを利用している8割以上の方が1ヶ月の通信容量制限のないギガ放題を利用していますが、3年契約のギガ放題を利用していない方がau4GLTEを利用するためにハイスピードプラスエリアモードを利用すると、利用した月だけ1,005が別途請求されます。

ただ3年契約のギガ放題プランを利用している方は、au4GLTE利用料が無料となっています。

ただ無料とは言っても、au4GLTEを利用できるハイスピードプラスエリアモードで7GB使うと速度制限がかかるようになるので注意が必要です。

ただW06は少し安心して利用できるようになっています。

W06には通信モードの自動切り替え機能がある
通信モードの自動切り替え機能

ハイスピードプラスエリアモードで月7GB利用すると速度制限が掛かるとお伝えしましたが、7GBを超える前にハイスピードモードに自動で切り替えてくれる機能がW06には備わっています。

そのため、WiMAX電波が入りづらい地下などで使うために、au4GLTEを回線を使って、設定の切り替えを忘れてたとしても、通信速度制限がかかる前に、自動でハイスピードモードに切り替えてくれるので、通信速度制限を気にすることなく利用することが可能です。

そのため、W06は通信速度が速いモードを最大限に利用できます。

クレードルやUSBケーブルは購入する必要があるか?

基本的にどちらも購入する必要はありません。

なぜなら、クレードルはあまり必要になることが無く、USBケーブルは端末の中にセットでついています。

しかし、付属のUSBケーブルにアダプターは付いていないので、アダプターをお持ちでない方は、コンセントから充電できません。

ただ、スマホのアダプターが余っているならそれを使っていただけるので、持っていない方のみ購入してください。

◇クレードルの利用価値

  • 有線LANにつなげられるようになること。
  • WXシリーズの場合はWINGアンテナ搭載していることによって、回線の安定性が強化されること。

有線LANで繋ぎたい場合を除き、回線の状況が良いところで使う必要はないので、初めは購入しなくても大丈夫です。

※W06にクレードルはありません。

WiMAXの機種(ルーター)はW06を選ぶのが間違いない

  • バッテリーの持ちが長く寿命が長いのはWX05
  • 実際に出る通信速度はW06が若干速い
  • 通信の安定性はW06の方が若干いい
  • au4GLTEを使った際の安心感はW06
  • 端末が薄めなので持ち運びしやすい

簡単にまとめると、この5つのことが言えます。

WiMAXの機種選びで迷ったら、W06を選べば間違いありません。

 

4、サービス提供条件の概要。注意事項に同意にチェック

GMOとくとくBBWiMAXの申込み画面3
ここでチェックをいれないと次へ進めません。

5、GMOとくとくBB WiMAXで利用するプランを選択する

GMOとくとくBBWiMAXの申込み画面4

「ギガ放題プラン」か「7GBプラン」のどちらかを選択してください。

基本的には、ギガ放題プランを利用される方が8~9割です。

6、

GMOWiMAX端末の色選び

ここで端末の色を選びます。

お好きな色を選びましょう。

7、オプションサービスの選択画面

GMOとくとくBBWiMAXの申込み画面6

GMOとくとくBB WiMAXのオプション2つ、「安心サポート or 安心サポートワイド」と「Wi-Fiスポットサービス」は、必須となっているのでチェックを外すことができません。

ただ、次の「スマホ安心パック」オプションのチェックを外すことはできるので、利用しない方は「不要」にチェック持っていきましょう。

GMOとくとくBBWiMAXの申込み画面7

必須オプション2つは、最大2ヶ月無料なので、端末到着後にWEBから解除すれば費用はかかりません。

そして次へ進みましょう。

8、GMO ID・お名前IDの登録をする

GMOとくとくBBWiMAXの申込み画面8

GMO IDかお名前IDを持っている方は、ここでIDを入力してください。

持っていない方、また過去に契約していたけど既に解約した方などは、新規発行が必要なので、「GMO IDをもっていません」にチェックをつけてください。

9、GMOとくとくBBで新規発行するメールアドレスの作成

GMOとくとくBBWiMAXの申込み画面9

GMO ID等を持っていない方は、GMOとくとくBBで新規発行されるメールアドレスの作成をすることになります。お好きな英数字の組み合わせを入力しましょう。

ここで作成するメールアドレスは入力後、必ずスクショかメモをしてください。
※キャッシュバック手続きメールが届くメールアドレスです。
※オプション解除時に必要です。

10、GMOとくとくBB会員サイトで使うパスワードの作成

GMOとくとくBBWiMAXの申込み画面10

ここで作成する会員パスワードは、BBnavi(GMOとくとくBBの会員サイト)で利用するパスワードです。

オプション解除をする際や、更新月にWEBで解約する場合などに利用します。

ここで作成するパスワードは入力後、必ずスクショかメモをしてください。
※キャッシュバック手続きメールが届くメールアドレスです。
※オプション解除時に必要です。

11、お知らせメールは念の為チェックをつけておく

GMOとくとくBBWiMAXの申込み画面11

チェックを外すことで、キャッシュバック手続きメールが来ないということを聞いたことはないですが、確実に届くようにするためにチェックをつけておくのを推奨します。

メルマガが毎日届くことになりますが、キャッシュバックを受け取るまでの我慢です。

12、個人報等を入力後の発送方法について

個人情報等を入力すると、最後に下記のようなチェックがでてきますが、基本そのままでOKです。

GMOとくとくBBWiMAXの申込み画面12

あとは確認等を進めていただき、申込み完了まで進めてください。

申込み完了メールが届いたら、GMOとくとくBBを最もお得に使う申込みは完了です。

GMOとくとくBBから端末が届いたらすること

WiFi設定を行ってすぐにネットが使えるようになる

simカード

繁忙期や天災などで配送センターが混乱していない限り、即日発送してくれるので翌日か翌々日には届くかと思います。3月の繁忙期となると、2〜3日ほど時間がかかる場合があります。

ちなみに、端末は小さなダンボールで送られてきます。

箱を開けて頂くと、SIMカードとバッテリーや端末が入っていますが、このSIMカードを端末に入れて電源をいれるだけで、WiFiが使えるようになります

SIMカードの入れ方は詳しい説明書が入っているので分かると思いますが、「反対方向に挿したり、金属の部分に指紋をつけたり、電源が入っている状態でSIMカードを入れると不具合の要因」となるのでお気をつけくださいね!

SIMカードを入れて電源を入れた後は、WiFiを利用したい端末にWiFi設定をするだけです。

GMOとくとくBB申込時のオプションを解除する

GMOとくとくBBWiMAXの申込み画面6

これら2つのオプションを利用しない場合、毎月662円も加算されてしまうので、しっかりとオプションは解除しましょう。

オプションの解除方法は2つ

過去に無料期間中は、BBnaviから外せないようになっていました。今は外せるようですが、もし解除ボタンなどが表示されていない場合は、確実に電話で外すのをおすすめします。

GMOとくとくBBのキャッシュバック受取り後に最速で解約する方法

GMOとくとくBBを1年ぐらいで解約する場合、下記の手順を取ることで最短で解約することが可能です。

  1. 端末到着月含む11ヶ月目に、毎週2回キャッシュバックメールを確認する。
  2. キャッシュバックメールが届いたら、その日のうちに手続きをする。
  3. 12ヶ月目にキャッシュバックが到着したら、14ヶ月目の5~20日以内に解約手続きをする。

GMOとくとくBBのキャッシュバックをもらって最速で解約するにしても、3つの問題があります。

それは「キャッシュバック手続きメールがいつ届くかわからない」と「キャッシュバックされる日がいつかわからない」と「端末発送月は0ヶ月目カウントになること」です。

そのため、最速でキャッシュバックの手続きメールを見つけて、出来る限り速くキャッシュバックされる環境をつくり、解約金が安くなったタイミングで解約することが重要です。

GMOとくとくBB WiMAXの解約金が安くなるタイミング

結論からいうと、端末到着月を含む13ヶ月目を過ぎると解約金が5,000円安くなるので、端末発送月含む14ヶ月目が解約金が安くなったタイミングです。

GMOとくとくBBの解約金
  • 期間:発送月0ヶ月目+1〜12ヶ月以内
    解約金:19,000円
  • 期間:13〜24ヶ月以内 ← 狙い目
    解約金:14,000円
  • 期間:25〜36ヶ月以内
    解約金:9,000円

契約した月からカウントする場合、初月はカウント外なので+1ヶ月でみてください。

GMOとくとくBB WiMAXをキャッシュバック受取り後に解約する場合の注意点

  • 必ず電話で解約手続きを取る
  • 契約月を含む14ヶ月目以降に解約する

GMOとくとくBBはBBnaviという会員サイトで解約できますが、これは更新月のみです。

そのため、問合せ窓口から解約を伝える必要があります。しかし、メール問合せ等だと返答が遅い場合があるので、コールセンターに電話をして解約するほうが確実です。

また、キャッシュバックを受け取ったからといって12~13ヶ月目に解約すると無駄に高い解約金を払うことになってしまいます。

かならず、端末発送月を含む14ヶ月目の5~20日以内に解約するようにしてください。

GMOとくとくBBの解約窓口

■TEL
0570-045-109
■お問い合わせフォーム
https://help.gmobb.jp/app/ask/

まとめ!GMOとくとくBB WiMAXを選ぶなら確実に得しよう

さて、ここまでGMOとくとくBBを契約する際に注意すること、キャッシュバックを確実に受け取る方法など説明してきました。

念の為、もう一度振り返りをしておきましょう。

  • 最もお得な公式特別キャンペーンサイトへ行く
  • GMO IDとパスワードはスクショかメモに残しておく
  • 契約後に必ず不必要なオプションを外す
  • キャッシュバックの受け取り手続き忘れの対策をする

簡単にまとめるとたった4つのことをするだけですね!

GMOとくとくBB WiMAXは、他のWiMAXプロバイダの中でも圧倒的に安くお得なプロバイダの一つです。

しっかりと対策をすれば、確実に得ができるので、ぜひお試しください。

▶︎キャッシュバックが欲しい方はこちら

GMOとくとくBBキャッシュバック
転載:GMOとくとくBB
公式特別キャンペーン公式キャンペーン
キャンペーン31,000円
キャッシュバック
30,000円
キャッシュバック
月額料金1~2ヶ月目:3,609円
3~36ヶ月目:4,263円
1~2ヶ月目:2,170円
3~36ヶ月目:3,480円
実質月額3,365円3,393円

ほんの少しでも、キャッシュバックがお得に申込みできる「公式特別キャンペーン」をご利用ください。

▶︎毎月の月額を安く抑えたい方はこちら

GMOとくとくBB月額割引
転載:GMOとくとくBB
公式特別キャンペーン公式キャンペーン
(取扱なし)
キャンペーン月額大幅割引

5,000円
キャッシュバック
月額料金1~2ヶ月目:2,170円
3~36ヶ月目:3,480円
実質月額3,268円
seto

seto

私は、合計10年以上ブロードバンド回線に携わってきたプロとして、最新のWiFiやネット回線の知識、キャンペーン情報、最適な選び方、おすすめのポケットWiFiやWiMAXの情報をお伝えし、アナタにマッチしたお得でコスパの高いWiFi・回線をご紹介します。

■私のブロードバンド経歴

・7年間、大手家電量販店(ビックカメラ・エディオン・Joshin等)で光回線やポケットWiFi・WiMAX等の販売員

・5年間、auひかり・フレッツ光・YahooBB等の営業

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA