最安がわかるWiMAXプロバイダの徹底比較

WX06はおすすめできない!Wシリーズとの比較でわかるおすすめできない理由

WX06緑色クレードル付き

WiMAXの新端末であるWX06が1月下旬より発売されるため、1月15日に発表されました。

新端末なので、以前よりスペックが上がっているのでは?と期待している方も多いと思いますが、結論から申し上げるとWX06はおすすめできないです。

その理由は下記の通りです。

  • W06の通信速度1Gbps超え
  • WX06はバッテリーが少し長いだけ
  • 2.4GHzと5GHzの同時利用は恩恵が少ない
  • WXシリーズは接続・バッテリー不具合が多い印象

→ WiMAXのハイスペック端末「W06」の詳細情報へ

ここから詳しくご紹介します。

WX06は「通信速度よりバッテリー持ちを選ぶ人向けの端末」である

WX06を簡単に評価するなら「Wシリーズより通信速度が遅く、Wシリーズよりバッテリーが長くなっている端末」です。

またそのほかにWX06より追加された機能やその他特徴もありますが、利用場面におけるメリットがあまりないため、メリットと言えるのか怪しいです。

よって、実利用場面において違いを感じる「通信速度」の面で評価すると、どうしてもWシリーズより通信速度面で劣るということになってしまいます。

W06の基本スペック(性能)表

WX06イメージ

端末名 Speed Wi-Fi NEXT WX06
製造元 NECプラットフォームズ株式会社
サイズ 約W111×H62×D13.3mm
重量 約127g
連続通信
時間

■ハイスピードモード(WiMAX2+のみ)
ハイパフォーマンスモード:約8時間20分
エコモード :約14時間

■ハイスピードプラスエリアモード(WiMAX2+&au4GLTE)
ハイパフォーマンスモード:約8時間10分
エコモード :約13時間20分

連続待機
時間
休止待受:約700時間
ウェイティング状態:約45時間
通信速度

■ハイスピードモード(WiMAX2+のみ)
下り最大:440Mbps
上り最大:30Mbps

■ハイスピードプラスエリアモード(WiMAX2+&au4GLTE)
下り最大:440Mbps
上り最大:75Mbps

Wi-Fi
規格
IEEE802.11a/n/ac(5GHz)
IEEE802.11b/g/n(2.4Ghz)
USBポート USB3.0コネクタ(Type-C)
同梱物

・WX06本体
・USB 2.0 TypeC-A変換ケーブル(試供品)
・ご利用にあたっての注意事項(保証書)
・つなぎかたガイド

カラバリ

ライムグリーン
クラウドホワイト

クレードル
性能

・Wウィングアンテナ搭載
・アンテナ4本搭載
(電波が弱い時の通信速度が60%向上が期待できる

ハイスピードモードとハイスピードプラスエリアモードについて

  • ハイスピードモード(デフォルト設定)
    → WiMAX2+回線のみしか利用できないモード
  • ハイスピードプラスエリア
    → au4GLTE回線とWiMAX2+回線が利用できるモード
    ハイスピードよりも利用できるエリアが広く、地下などでも安定する。(スマホ同等レベル)

このモード変更は、端末側で簡単に切替できますが、ハイスピードプラスエリアモードはギガ放題プランを選んでいても、1ヶ月7GBの制限があるので注意が必要です。

au4GLTEの使えるハイスピードプラスエリアモードで7GBを超えた場合、ハイスピードモードに切り替えても速度制限は解除されません。

※ただ7GBを超えないように、ハイスピードプラスエリアモードは電波の悪い場所だけで利用するようにして、基本はハイスピードモードのみの利用にしておけば、速度制限にかかるリスクはなくなります。

Speed Wi-Fi NEXT WX06の優れている6つの特徴

おすすめできる人

  • Wi-Fi通信規格の2.4GHz&5GHzの同時利用
  • QRコードでかんたん接続設定
  • WiMAXハイパワー対応
  • クレードルのWウィングアンテナが2本から4本に増強
  • バッテリーが最長クラス
  • 一目で利用データ量がわかる

上記5つは、W06の性能が優れていることが分かる特徴です。

選ぶ基準にもなるので、それぞれ詳しくご紹介させていただきます。

【WX06の特徴1】(初)Wi-Fi通信規格の2.4GHz&5GHzの同時利用

Wi-Fi通信規格の2.4GHz&5GHzの同時利用

WX06はWiMAXで初めて『Wi-Fi通信規格の2.4GHz&5GHzの同時利用』ができるようになりました。

この機能により、2.4GHz帯域でWiFi接続していた際に、電波干渉などで接続が不安定になった場合、5GHzで自動接続し直してくれるので、接続切れが起こりにくくなり通信が安定するというメリットを受けます。

ただ、2.4GHzと5GHzでは決定的な特徴の差があるので、適宜変わるようではかえって不安定になる可能性もあります。

その理由は、下記に記載したそれぞれのメリットとデメリットが関係しています。

  2.4GHz 5GHz
メリット ・電波が遠くまで届く ・通信速度が速い
・電波干渉を受けにくい
デメリット ・電波干渉を受けやすい ・電波が遠くまで届きにくい

WiMAXは原則手元においているため、電波を遠くまで飛ばせる必要がないので、通信速度が早く電波干渉を受けにくい5GHzでWiFi接続するのが一般的です。

こんな理由で5GHzを利用しているにも関わらず、2.4GHzで接続されてしまうと通信速度が遅くなる可能性もあるなど、あえて変わらないで欲しいときに変わってしまう可能性も考えられます。

ただ、周波数帯を気せずWiFi利用している方にとっては、より通信が安定するようになるメリットがあるとも言えるので、使える機能であるとも言えます。

ただそこまで大きな差を感じない機能であるのも間違いありません。

※Wi-Fi通信規格の2.4GHz&5GHzの同時利用する場合、出荷時の設定はOFFになっているので、初期設定ウィザードで本機能を利用するを選択する必要があります。
※また、Wi-Fi接続機器は2.4GHz/5GHz対応かつ802.11vの対応が必要です。(最近の端末ならほとんど対応しています。)

【WX06の特徴2】(初)QRコードでかんたんWiFi接続設定ができる

QRコードでWiFi接続設定

WX06は、QRコードをスマホなどのWiFi端末で読むだけで、カンタンにWiFi接続設定が完了できます。

通常、WiFi接続設定をする場合、WX06の液晶にSSIDとパスワードを表示させて、WiFiに繋ぎたい端末で記載されているSSIDを探し、パスワードを入力しますが、QRコードカンタン接続なら、入力する手間が省けるというわけです。

【WX06の特徴3】WiMAXハイパワー対応

WiMAXハイパワーイメージ

旧機種のWX05にも搭載されていた機能。

WX06はWiMAX2+回線をメインに利用して通信を行いますが、電波の特性上室内だと弱い場合があり、そんな時にWiMAXハイパワーによって電波の出力を強化してくれます。

このおかげで、電波の悪い環境における通信速度が約20%向上しています。

ただ、W06とWX05で比較してみた経験から言うと、端末側のアンテナ性能の方が重要で、W06の方が安定していました。

【WX06の特徴4】 クレードルのWウィングアンテナが2本から4本に増強

旧機種のWX05にも搭載されていたWウィングアンテナが強化されました。

 

クレードルとは

LANケーブル接続端子があり、充電器にもなるので室内利用する際にあると便利なものです。

 

クレードルにWX06を設置した場所が、電波の弱い場所の場合、増強したアンテナのおかげで通信速度が約60%向上しています。

ただ、電波環境が向上するわけではないので、そもそも電波の良い場所で利用に移動させる方が通信速度が向上します。

ちなみにクレードルは別途購入が必要(3,000円ほど)です。

【WX06の特徴5】バッテリーが最長クラス

これがWX06の最大のメリットです。

WX06はバッテリーが強くなっているため、W06と比較すると約3時間ほど、連続使用時間が長いです。

そのため、こまめに充電しなくても良くなる方もいるかもしれません。

【WX06の特徴6】(初)一目で利用データ量がわかる

データ利用料が2つ同時に見える

この機能もWX06最大のメリットです。

この機能により、WX06で利用した『3日間の合計データ通信量』と『1ヶ月間で利用したハイスピードプラスエリアモード(HS+A)での利用データ通信量』を同時に知ることができます。

ハイスピードプラスエリアモードで1ヶ月に7GB利用すると速度制限にかかるので、ハイスピードモード(WiMAX2+のみ)で電波が悪いときにハイスピードプラスエリアモードにした際に7GBを超えないように使いやすくなります。

ハイスピードプラスエリアモードをたまに利用する人に喜ばれる機能と言えるでしょう。

WX06のデメリット

デメリット&おすすめできないイメージ

WXシリーズは不具合が多い(個人的体験)

個人的に、WiMAX端末はWX02シリーズから全て使ってきましたが、WX02~WX03のときはそうでもなかったのですが、WX04〜WX05の時から不具合が多いと感じています。

体験した不具合はこの3つです。

  • 「端末がいきなり再起動して安定した通信ができない」
  • 「再起動を繰り返して満足に通信できない」
  • 「バッテリーが急に熱くなる」

端末を交換すれば直るといった口コミもよくみましたが、そもそも手続きが面倒だったので解約したのを覚えています。

通信速度がWシリーズより遅い

  W06 WX06
  w06ブラック WX06緑色クレードル付き
ハイスピードプラスエリア
最大通信速度
※WiMAX2+&au4GLTE
下り 1,237Mbps
(867Mbps)
440Mbps
上り 75Mbps 75Mbps
ハイスピード
最大通信速度
※WiMAX2+のみ
下り 558Mbps 440Mbps
上り 30Mbps 30Mbps

WiMAXは通信の安定性と通信速度が重要です。

ただ通信の安定性はあまり差がないので、通信速度を比べるのが重要です。

WX06はW06と比較して、ハイスピードモードで118Mbps、ハイスピードプラスエリアで427Mbps〜797Mbps(約2倍以上)も遅いです。

あくまで規格上の数値ですが、これだけ差があれば実際の通信体験において違いを感じる方も少なくはないはずです。

WX06は選ぶべき?けっきょくWiMAX端末はどれを選べばいいのか?

W06かWX06はどっちがオススメか

WiMAX端末は、今はW06がオススメです。

その理由は、WiMAXを利用するうえで最も大切な通信速度が一番早いからです。

また他にも下記のような理由があります。

  • 通信速度1,237Mbps(通常558Mbps)で最速
  • Wシリーズの方がアンテナ感度が高い
  • 端末が薄いから持ち運びしやすい
  • W06はモード自動切替機能がある

上記ポイントを踏まえながら詳しくご説明します。

WiMAX端末を3つのポイントで比較

WiMAX端末の比較表

この比較表では、実際にWiMAXでネットに繋ぐときに重要となるスペックだけに絞っています。

特に注目すべきは赤字にしていますが、重要なところから順に説明します。

①高性能ハイモードアンテナの方が繋がりやすい

WiMAXの通信規格による違い

室内でも野外でもネット通信する際の安定性はW06の方が良好です。

ここで見るべきポイントは、通信技術に記載している下記2点です。

  • W06の高性能ハイモードアンテナ
  • WX06のWiMAXハイパワーモード

この2つの通信技術はどちらも、通信環境が悪い場所で通信品質がパワーアップする機能です。

ただ、どちらも厳密には少し違った特性を持っています。

「W06の高性能ハイモードアンテナ」と「WX06のWiMAXハイパワーモード」の違い

簡単に解説すると、下記のような違いがあります。

  • 高性能ハイモードアンテナ(W06)
    →通信時に受け取る電波のを増やす通信技術

  • WiMAXハイパワーモード(WX06)
    →通信時に受け取る電波のを増やす通信技術

WiMAXの端末の中にはアンテナが4つ搭載されており、同時に4つのアンテナで電波を受けていますが、電波の弱い場所だと1つのアンテナでしか電波を受け取れなかったりします。

1つのアンテナでも受信できていれば少し遅くはなるが通信はできるので、その一つのアンテナで通信できる量を増やして通信速度を少し上げようという技術がWiMAXハイパワーモード

複数のアンテナで受信できる方が電波環境が良くなり速度が安定するので、そもそもの受信できるアンテナの数を増やして電波環境と通信速度を改善しようという技術が、高性能ハイモードアンテナです。

それぞれの違いをわかりやすく表にすると下記のようになります。

WiMAX通信規格による違い
  • WX06は通信速度が少し向上する
  •  W06は電波が良くなり通信速度が少し向上する

どちらも似たようなもののように思いますが、通信技術を向上させるアプローチが全然違うため、より通信品質が向上するのはW06なのです。

ワイワイ博士

ワイワイ博士

WiMAX2+回線の特徴として、通信速度は早いですが、室内で利用する際や窓から離れた場所で利用すると、電波の入りが少し弱くなる特徴があります。

WiMAXハイパワーや高性能ハイモードアンテナは、こういった時に力を発揮してくれる機能なので、カフェや自宅でインターネットを利用するなら非常に心強い機能です。

よって電波の強い端末が良い方は、高性能ハイモードアンテナを搭載しているW06がオススとなります。

②バッテリー持ちの長さはWX06が一番

WiMAX端末バッテリーの長さ比較

WiMAX端末にはバッテリー設定が、『ハイパフォーマンス・スタンダード・エコ』の三段階あり、ハイパフォーマンスはバッテリー消費が多くなる代わりにアンテナ感度&処理速度を上げて通信速度を向上してくれます。

その反面、エコモードはバッテリー消費を抑える代わりに、アンテナ感度を下げて処理速度も下げるため、通信速度は30%~40程低下(※個人的な所感)します。

そのエコモードで比較した場合、2時間20分もWX06の方がバッテリーが長持ちします。

ただ、これはあくまでもスペック上の数字であり、実際に使ってみると14時間も持ちません。なんなら利用環境次第で、バッテリーが熱を持ち、もっと消費が早くなる場合もあるため、ほとんど参考程度に考えておくのが望ましいです。

WiMAX2+回線の特徴として、通信速度は早いですが、室内で利用する際や窓から離れた場所で利用すると、電波の入りが少し弱くなる特徴があります。

ワイワイ博士

ワイワイ博士

ちなみに、超高画質(4K)の動画視聴をする場合は、エコモードだと速度が足りないことも多く、ハイパフォーマンスモードにするのがオススメです。

③通信速度はW06が圧倒的に早い

WiMAX端末の速度比較表

※W06の1,237Mbpsは、ハイスピードプラスエリアモードかつ特定のエリアでのみとなります。

通信速度は、WX06とW06を比較してみると桁違いの差があります。

表には記載していませんが、WX06とW06で全く同じ環境化で利用する場合、最高下り速度は「W06:558Mbps」「WX06:440Mbps」となり、118Mbpsも差があります。

ワイワイ博士

ワイワイ博士

W06はWX06よりも25%程速いと言うことです

通信速度は、利用するエリアや環境により速度が大きく変わります。
W06もWX06も実際は30~40Mbps程が平均となっています。
ちなみに実測値もW06の方が若干速いかなという程度です。

WiMAX端末の実測値はスペック表とは違うので注意

w05-wx04 speed
W05WX04
8.70Mbps7.124Mbps

WiMAXは、使うエリアの電波状況とタイミング、ネットを利用する端末次第で通信速度が変わるので、WiMAX端末のスペック表に記載している速度は全くあてになりません。

もちろん、速度が出るときは、20Mbps~50Mbpsほど出る場合もありますが、最大で80Mbps程度の通信速度までしか見たことがありません。

※この通信速度がこの日に出た最高速度でした。

au4GLTEを利用した際の708Mbpsといった通信速度は100%出ないので、あくまでも理論上の数値だとお考えください。

ちなみに10Mbpsもでていれば、高画質の動画配信サービスでも止まることは無いのでご安心ください。

W06とW05のau4GLTE利用時は通信速度が速くなるが注意もある

比較表のW06とW05の通信速度を見ると、au4GLTE利用時の通信速度が異様に速くなっていますが、それはau4GLTEとWiMAX2+回線の同時利用することになり、一度に処理できる通信量が増えるためです。

しかし、au4GLTE回線を利用するのは注意が必要です。

まずau4GLTEを利用するには、端末の通信モード設定を「ハイスピードプラスエリアモード」に変更するだけで、au4GLTEを利用することができるようになります。

しかし2つの注意が必要です。

  • ギガ放題プランの3年契約以外のプランだと1,005円が別途かかる
  • ハイスピードプラスエリアモードで7GB超過すると速度制限(128Kbps)にかかる

WiMAXを利用している8割以上の方が1ヶ月の通信容量制限のないギガ放題を利用していますが、3年契約のギガ放題を利用していない方がau4GLTEを利用するためにハイスピードプラスエリアモードを利用すると、利用した月だけ1,005が別途請求されます。

ただ3年契約のギガ放題プランを利用している方は、au4GLTE利用料が無料となっています。

ただ無料とは言っても、au4GLTEを利用できるハイスピードプラスエリアモードで7GB使うと速度制限がかかるようになるので注意が必要です。

ただW06は少し安心して利用できるようになっています。

W06には通信モードの自動切り替え機能がある
通信モードの自動切り替え機能

ハイスピードプラスエリアモードで月7GB利用すると速度制限が掛かるとお伝えしましたが、7GBを超える前にハイスピードモードに自動で切り替えてくれる機能がW06には備わっています。

そのため、WiMAX電波が入りづらい地下などで使うために、au4GLTEを回線を使って、設定の切り替えを忘れてたとしても、通信速度制限がかかる前に、自動でハイスピードモードに切り替えてくれるので、通信速度制限を気にすることなく利用することが可能です。

そのため、W06は通信速度が速いモードを最大限に利用できます。

クレードルやUSBケーブルは購入する必要があるか?

基本的にどちらも購入する必要はありません。

なぜなら、クレードルはあまり必要になることが無く、USBケーブルは端末の中にセットでついています。

しかし、付属のUSBケーブルにアダプターは付いていないので、アダプターをお持ちでない方は、コンセントから充電できません。

ただ、スマホのアダプターが余っているならそれを使っていただけるので、持っていない方のみ購入してください。

◇クレードルの利用価値

  • 有線LANにつなげられるようになること。
  • WXシリーズの場合はWINGアンテナ搭載していることによって、回線の安定性が強化されること。

有線LANで繋ぎたい場合を除き、回線の状況が良いところで使う必要はないので、初めは購入しなくても大丈夫です。

※W06にクレードルはありません。

WiMAXの機種(ルーター)はW06を選ぶのが間違いない

  • バッテリーの持ちが長く寿命が長いのはWX05
  • 実際に出る通信速度はW06が若干速い
  • 通信の安定性はW06の方が若干いい
  • au4GLTEを使った際の安心感はW06
  • 端末が薄めなので持ち運びしやすい

簡単にまとめると、この5つのことが言えます。

WiMAXの機種選びで迷ったら、W06を選べば間違いありません。

端末を決めた後はお得なWiMAXプロバイダを選ぶのが重要

スペックや安全面、実際の利用価値など様々な面で分析を行い、WX06について細かくお伝えし、選ぶべき端末をお伝えしましたが、端末を選んだ後はプロバイダ選びです。

WiMAXでお得なプロバイダはGMOとくとくBB

GMOとくとくBB月額割引
転載:GMOとくとくBB

ランキングでも常にTOPクラスに位置するGMOとくとくBBには2つのキャンペーンがあります。

  • キャッシュバックキャンペーン
  • 月額割引キャンペーン

この2つのキャンペーンは下記のようになります。

キャッシュバック 最大30000~40000キャッシュバックがあるものの、
受け取りまでの期間が長く受け取れないリスクもある。
月額割引 毎月しっかり安く利用でき、誰でも確実に安くなる。

キャッシュバックキャンペーンの方が実質月額は安いですが、「月額割引キャンペーン」をおすすめする理由は、確実に安く利用できることです。

一度キャンペーンページをご覧ください。

■関連記事

【ネット使い放題】WiMAXギガ放題を徹底比較!最安値とコスパ最高がわかる

GMOとくとくBBのWiMAXを1年半使った口コミ|WEB上の評判はホントなのか

seto

seto

私は、合計10年以上ブロードバンド回線に携わってきたプロとして、最新のWiFiやネット回線の知識、キャンペーン情報、最適な選び方、おすすめのポケットWiFiやWiMAXの情報をお伝えし、アナタにマッチしたお得でコスパの高いWiFi・回線をご紹介します。

■私のブロードバンド経歴

・7年間、大手家電量販店(ビックカメラ・エディオン・Joshin等)で光回線やポケットWiFi・WiMAX等の販売員

・5年間、auひかり・フレッツ光・YahooBB等の営業

カテゴリー:
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA