元旅行会社社員が旅行会社の選び方を解説!倒産しない旅行会社の選び方

4 min 122 views
hiro6956

hiro6956

<![CDATA[

「今度旅行に行くから旅行会社の選び方を知りたい」

「海外旅行初心者だから旅行会社を使いたいけど、てるみくらぶのような事件がないか不安」

この記事は、そんな方に向けて書いています。

筆者のリュウジは3年間旅行会社で働き、受付・営業・手配などさまざまな業務に携わってきました。

今回はそんな筆者が、安心できる旅行会社の選び方を伝授。

どんな旅行会社を選んだらいいのか悩んでいる人は、ぜひ参考にしてみてください。

現在の旅行会社の状況(てるみくらぶ破産以降)

2017年3月海外旅行大手のてるみくらぶが破産した事件は、みなさんの記憶にも新しいと思います。

てるみくらぶの破産によって、旅行に行けない人・旅行から帰ってこれない人が続出し、社会的な問題にもなりました。

時が経つにつれ、てるみくらぶの件の報道は減りましたが、旅行会社は変わらず相次いで倒産していっています。

旅行会社が倒産する原因の多くはキャッシュフロー問題

それではなぜ旅行会社は倒産をするのでしょうか。

その大きな原因は、キャッシュフロー問題です。

 

旅行会社は航空会社とホテルの商品を組み合わせて、ツアーとして販売します。

もちろん航空会社とホテルには料金を支払うのですが、総客数に応じてキャッシュバックが発生し、そのキャッシュバックは最大で半年後に入金されます。

 

このようにキャッシュフローのズレが、利益率が低い旅行会社にとって死活問題になるということですね。

そのため多くキャッシュを蓄えていない旅行会社は、自転車操業になって、倒産していくという流れになってしまいます。

信頼できる旅行会社の選び方の3つのポイント

それではそれを踏まえた上で、信頼できる旅行会社を、どのように選べばいいのかを解説していきます。

①旅行業協会(JATA、ANTA)に登録している会社を選ぶ

旅行会社を選ぶうえで、はじめに注目するポイントは、旅行業協会(JATAもしくはANTA)に登録をしている会社を選ぶことです。

旅行業協会とは、旅行業者によって組織される団体のことで、旅行者の安全・権利を守るための団体です。

そのため、万が一申し込みをした旅行会社が倒産した時には、旅行業協会を通じて補償が受けられます。

 

 

旅行業協会に加入している旅行会社は、保険がついているようなものなので、利用する時の安心度が増すというわけですね。

ちなみに旅行会社が旅行業協会に加入するかどうかは自由となっています。

そのため加入している旅行会社を選ぶことを、おすすめしています。

加入会社を調べる方法は下記サイトで検索していただくことで分かります。

②経営基盤が安定している旅行会社を見分ける方法

旅行会社は、業務の範囲により下記の4つに区分されています。

  • 第1種旅行業者
  • 第2種旅行業者
  • 第3種旅行業者
  • 旅行業者代理業者

 

第1種旅行業者ができる業務範囲がもっとも広く、JTB・近畿日本ツーリスト・H.I.Sなど有名な大手旅行会社は、全て第1種旅行業者です。

第1種旅行業者は自社で仕入れた航空券やホテルを自由に組み合わせられます。しかし、資金を豊富に持っておかないとこのようなことはできません。

 

もちろん第2種旅行業者、第3種旅行業者、旅行業者代理業者の中にも、資金に余裕があり堅実な経営をしている会社はありますが、第1種旅行業者の方がプランの自由度が高く、経営が安定していることが多いです。

そのため信頼できる旅行会社は第1種旅行業者です。

③クレジットカード支払いができる旅行会社を選ぶ

3つ目のポイントとしては、クレジットカード支払いができる旅行会社を選ぶことです。

クレジットカードは利用者にとって、支払いが後払いになる、ポイントがついたりマイルが貯まるなど、メリットがたくさんあります。

 

そのため、クレジットカード払いができる旅行会社の方が選ばれやすいため、どの旅行会社も導入したいのですが、クレジットカード決済の場合は、クレジットカード決済代理店に手数料を支払わなければなりません。

ただ、旅行業は利益率が低い商売なので、この手数料を支払うのが非常に厳しいのです。

 

そのため、クレジットカード決済を導入している旅行会社は、それだけ経営に余裕があることの表れでもあります。

アナタはクレジットカード支払いをしない場合でも、クレジットカードが利用できるかどうかは確認しておきましょう。

旅行会社を使わないという選択肢もある

ここまで旅行会社の選び方について解説してきましたが、旅行会社を使わなければ旅行会社の倒産を気にする必要がありません。

ちなみに最近では、宿泊サイトやLCCなど新しい旅行の予約方法が台頭してきていて、旅行会社よりも安くなる場合もあります。

それでは、ここから旅行会社を経由しない予約方法を紹介していきます。

航空会社と宿泊予約サイトを活用する

航空会社や宿泊予約サイトを経由すると料金比較などが用意にできるようになります。当然、予約も簡単にできます。

航空券を安く予約できるサイト

■国内・海外両方の航空券

■国内格安航空券

■海外航空券

ホテルや旅館を安く予約できるサイト

■国内・海外両方のホテル

■国内のホテル

■海外のホテル

セール情報を活用する

サービス面を削って、安い価格で航空券を提供するLCC。

LCCは定期的にセールをしているので、それを活用するという手もあります。

LCCのセールを利用すると、航空券が100円以下で購入できることも。

LCCのセール情報は下記サイトで入手できます。

用途別旅行会社の選び方

これまでの解説を踏まえた上で、用途別旅行会社の選び方を紹介していきます。

一人旅の場合

まず一人旅の場合ですが、正直旅行会社を使わずに、自分で予約することをおすすめします。

何を目的で一人旅をするかにもよりますが、一人の場合自分で旅程を決めたいという人が多いのではないでしょうか。

他の人の意見を聞かず自分の好みでホテルも予約できるので、予約サイトをじっくり眺めながら予約する方がいいと思います。

旅行会社を経由すると、旅行会社の契約しているホテルを予約しなければならないので、自分の好みに合わない可能性があります。

自由な一人旅は、予約から自分の意思を入れていった方が面白いと思いますよ。

 

一人旅で活用するべきサイト

ファミリーで旅行する場合

ファミリーで旅行する場合は、専門的な旅行会社の利用をおすすめします。

特に子供連れファミリーの場合、1番困るのがホテルの対応。

子供への対応やベッドなどは、ホテルによって対応が異なるため、頭を悩ませる人が多いのではないでしょうか。

そのためあらゆる地域を総合的に扱っている総合旅行会社よりも、特定の地域を専門に扱っている専門旅行会社の方がおすすめ。

 

専門旅行会社は、その地域に対して深い知識を持っていて、ホテルに対しての知識も豊富。

細かなサービスが求められる家族旅行の場合は、その地域のスペシャリストに依頼するのがいいでしょう。

 

ファミリー旅行で活用すべきサイト

友達と旅行する場合

友達と旅行する場合は、比較サイトを活用して旅行会社を選ぶといいでしょう。

先ほど紹介したトラベルコでは、旅行会社のツアーを比較検討できます。

比較サイトは旅行会社の比較がしやすいので、好みの違う友達同士で色々意見を出しながら選ぶときにぴったり。

友達同士集まって、比較サイトを見ながら旅行会社を探すことをおすすめします。

 

友達旅行で活用すべきサイト

旅行会社は信頼できる会社を選ぼう

ここまで旅行会社の選び方について解説をしてきました。

てるみくらぶの破産以降、旅行会社の選び方には慎重になっていると思います。

みなさんも旅行会社を選ぶ時には、こちらの記事を参考にして、信頼できる会社を選んでください。

]]>

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です